「目標」を立てずに「直感」を信じてあえて『いきあたりばったり』に進んでも、幸せに暮らせる。

dsc_0767.jpg
昨日は、演劇ワークショップで出会ったメルシーに、じょんを紹介
dsc_0766.jpg
ワカサギの天むす
dsc_0770.jpg
そして、今日はふと思い立ってキッチンの大そうじ
dsc_0771.jpg
一旦、置いてあるものを全部どけて、
dsc_0774.jpg
ときめくものだけを残した(笑)

dsc_0688.jpg

子どもは本当にすごい

ぼくたち大人の中には、何かを教えてもらった時に、失敗すると、「すみません」と反射的に謝る人がいる。何か発表をしたり、パフォーマンスをする時、まだしていないのに、自分を下げた状態、至らない状態にしてから、やりだす人がいる。先生が集団にむけて「やりたい人?」と問いかけても、挙手する大人は少ない。失敗するのが嫌、恥ずかしいところを見られるのが嫌。

子どもは、あるがまま。自分を落とす行為なんてしない。こちらが何も教え込まなくても、こちらが何も押し付けなくても、どんどん言葉を覚えていくし、どんどん、歩き出して、まだ触ったことの無いものに手を伸ばす。

内側に許可を出すこと

この一年間、こころの勉強をし続けて、はっきりとしたことがある。それは、何か、外側にある「資格」や「実績」を自分に付け足すことで、自分に価値を見いだすのではない、ということ。もう、自分の中にある「良さ」あるいは「欠落したもの」を許してあげることで、解放してあげることで、緩めてあげることで、価値を自覚する、ということ。

もう、すでに、今、実は、そのままの自分達に、価値は「ある」。

歌が上手いヘタに関係なく、自分達の声には価値がある、ということ(ボイトレ)。今、悩みを抱えているか、いないに関係なく、自分達の生き方には価値がある、ということ(ここトレ)。実績があろうが、なかろうが、その集団の営みには価値がある、ということ(合唱団、会社)。自分の子どもに価値があるように、自分にも価値がある*。

*そして、商売をしている(特に、ぼくぐらいの駆け出しのフリーランスの)人は、しっかり、その価値に対して、値付けしてあげること。じょんの料理が今の値段の半分だったら、魅力も半減する

直感を信じる

子どものように、ほっておいても、日々、自分達はぐんぐんなりたいように成長していく。しめつけなくても、押し付けなくても、興味のあるものにどんどん近づいていく。

計画的に行動出来る人は、何の問題もない。しかし、飽き性の人は、それを弱点と捉えずに、個性を捉えよう(リフレーミング)。欠落しているものを愛そう。

「目標」を立てずに、「直感」を信じて、あえて、いきあたりばったりに進んでも、幸せに暮らせる、ということを、ぼくはこのブログで人体実験として54日目の今日もお伝えしている。子どものように夢を語るメルシーを見ながら、こんなことを思った。

お知らせ

【募集中】
01/16(土)15:00 –
はしづめお茶会

p.s.

毎日19時に合わせて、
twitterとfacebookに
記事をシェアしています。

twitterのフォロー
facebookの友達申請
大歓迎です。
お気軽にどうぞ(*^_^*)

はしづめだいすけのしごと

★ こころのトレーニング
★ ボイストレーニング

ご縁がありますように(*^_^*)

コメントを残して下さると嬉しいです(^-^)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中