電子書籍の出版を、今、おすすめする2つの理由

昨日の記事の通り、ぼくは元旦の1月1日に電子書籍をAmazonダイレクト・パブリッシングから出版しました。実際にやってみて、こんなに簡単に出来るのか、という衝撃を受けました(出来上がった本はこちらです)。

そして、約2日間で6冊売れました。買ってくださったみなさん、本当にありがとうございます。まだ、買われていない方は、ぜひよろしくです。電子書籍をおすすめする2つの理由を書きます。

1 いきなり3位を獲得

その結果、Amazon kindle 本 > 絵本・児童書(なぜかここにカテゴライズされている)> ノンフィクション・伝記の売れ筋ランキングで、いきなり3位を獲得しました(2016/01/03 18:20 現在)。まだ、出版されている母数が少ないので、6冊で上位にランキングされます。

1

「今から新規で情報発信をするなら、ブログやfacebookより電子書籍やpodcast」という長倉顕太さんの教えも、この数字で納得できます。ブログなんて、やっている人はもう5年も前から毎日書き続けています。

もちろん、電子書籍だけやっていても、広まりにくいので、電子書籍+facebookとか、電子書籍+twitterとか、組み合わせによって情報発信をするのでしょう。

2 すぐ売り上げにつながる

6冊買って下さったおかげで、はしづめ家に収入があります。自営業をしているぼくにとって、これは本当にありがたいです。kindleの著者に対するロイヤリティは、なんと70%です。ぼくは、一冊500円に設定したので、2日間で合計1938円の利益です。

2

しかも、経費はほとんど何もかかっていません。売り上げは、こちらが指定した通帳にAmazonが振り込んでくれるそうです(いつ入るかは、まだ体験していないのでわかりません)。

出来たら買いますよ!

これが、たった、2日間の出来事です。「本を書こう!」「出版できた!」「売れた!」。これが、たった、2日間の出来事です(もう一度書いた)。だから、本当におすすめなんです。ぜひ、興味のある御方は、実際にやってみてください!

そして、このブログを読んで、実際にやってみた御方は、ぼくに「出版したよ!」と教えてくださいね。とても嬉しいので。嬉しいので、一冊買いますよ!(でも、1冊数千円とかはやめてくださいね(笑))ほんと、売れる、って嬉しいので。

ぜひ、行動してみてください(^_^)

お知らせ

【募集中】
01/16(土)15:00 –
はしづめお茶会

【募集中】
02/06(土)14:00  –
演劇トレーニング・大阪

p.s.

毎日19時に合わせて、
twitterとfacebookに
記事をシェアしています。

twitterのフォロー
facebookの友達申請
大歓迎です。
お気軽にどうぞ(*^_^*)

はしづめだいすけのしごと

★ はしづめだいすけの本
★ こころのトレーニング

★ ボイストレーニング

ご縁がありますように(*^_^*)

「電子書籍の出版を、今、おすすめする2つの理由」への8件のフィードバック

  1. ランキング3位!おめでとうございます!
    すごいですね~~。「すぐやる」という姿勢が素晴らしいです。
    やはり「行動」ですね!
    (はれ君もかわいい~~(*^▽^)

    電子書籍ということで、私が出版したわけではないのですが
    こちらの本にエッセイを掲載してもらってます。
    http://books.rakuten.co.jp/rk/87e8dd59b2b63169b6246ee37528eeed/
    掲載料はもうもらっているので、買ってもらわなくてもいいですよ(笑)

  2. 買いました゚+.゚(´▽`人)゚+.゚

    電子書籍は絵本も出版できますか?
    絵本も出版出来るなら童話を沢山書いてる母に勧めたいです∩^ω^∩
    昔、1冊だけ出版したことがあるのですが、本当にお金がかかりました…。
    便利な世の中になりましたね(^-^*)

  3. サッキー、コメントありがとう(^-^)どこかの本で読んだけど、「勝ち組・負け組」というのはなくて「やり続けた組・途中でやめた組」が成功の本質らしい。だから、とにかく、やる!です(^-^)
    今度は、サッキーの名前で電子出版してね\(^_^)(^_^)/

  4. ソナコ、買ってくれてありがとう(^-^)v
    写真を添付することが出来たから、おそらく絵もいけると思うよ(^-^)お母さんにぜひすすめてみてね。何か作業でわからないことがあったらいつでも相談にのるので。ほんと、凄い時代。

  5. 電子書籍なので、ぼくからは買えないです(^_^;)amazonからダウンロードしてみてくださいね(^^)/

コメントを残す