好きなことで生きていく

夢を追うか、安定した職業に就くか、という二者択一の時代は終わった。安定した職業は幻想になり、精神的報酬のために金銭的報酬を諦める時代は終わった。永遠に終わった。その両方を追いかけなければ、もはや、そのどちらも手に入らない。(それでも、夢を追うしかない。/2016年の挨拶とブログ書籍化のお知らせ

妻と息子の3人で住むアパートの目の前には私立の学校がある。

毎朝7時30分に警備員の方が門を開ける、その音を聞いて一日が始まる。学校の始業式はまだなので、朝が休日のように静かだ。

screenshot_2016-01-06-10-48-10.png

世間は仕事始まりを迎えた。ぼくはというと、去年、「スケジュール」「ガラガラ」記事を書いた通り、30歳になった今、スケジュールのガラガラな日々を暮らし始めている。

dsc_0054.jpg

仕事に行く妻を見送った後、息子のはれ君を保育園に連れて行き、いつも行くカフェ tea time でホットサンドをいただき、そのままカフェでその日のブログを書く。

妻が朝に干していった洗濯物を畳む。商店街にあるスーパーで食材を買い、夜ご飯を作る(作るといっても、カレーか鍋のような、ざっくりしたメニューがほとんど)。

はれ君を迎えにいって、夜ご飯を一緒に食べて、19時過ぎにはお風呂に入れて、そのまま妻にバトンタッチ。お乳をのませて寝かせる。

dsc_0027.jpg

そして、そんな日々のルーチンをしたとしても、あと7時間ぐらいは自由な時間を持てる。

(ちなみに、去年まではこの時間に罪悪感を感じていたが、こころをトレーニングしたことによって、今は自分にその余白を許可できるようになった)。

今年からそういう空き時間を意図的に作ろうとしたこともある。そこに、いったい何が入ってくるか楽しみだったからだ。

dsc_0045.jpg

そして、そのスペースに入り込んでくるかのように、去年の大みそかに電子書籍の存在を知った。

自分のつくったコンテンツをほぼコストゼロで世界中に発信することが出来る。衝撃だったのは、そのコンテンツを収入に変えることが出来ることだ。

電子書籍の認知度はまだ低い。調べてみると、kindleが日本に上陸したのは2012年の冬で、まだ3年ほどしか経っていない

アパートから歩いて440mにある、和カフェ・葉菜茶のママにその話をすると「電子辞書ってすごいね」と、言葉すら勘違いしている。

dsc_0048.jpg
ほんと、葉菜茶さんのように、やらないよりは、やったほうがいい

去年、初めてランチ会を開催した。

そこに参加してくれた御方が、「仕事やめたけど、あまり何も起きなかった」というようなことを話されていた。

そして、そのお話をお聞きして、ぼく自身も「情報発信する大切さ」を改めて感じた。自分のしていることを「伝える」作業だ。ヒカキンも毎日発信し続けたから、youtuberになった。

好きなことで生きていく

たとえば、ぼくは開業届けに「(合唱)指揮者」と書いた。文学部を卒業しているのに、とくにピアノも弾けるわけでもないのに、だ。なんの戦略もない。無理ゲーに近い。

「合唱指揮者です」となのっても「合奏指揮者のはしづめさんです」と紹介されるほど、こちらも世間的には認知度が低い。

でも、そんなぼくですら、ネットとリアルの両方で情報を発信し続けていることで、少なからず「合唱指揮者」としてのオファーを頂けている。どうすれば、無理ゲーをクリア出来るか、トライアンドエラーの日々だ。

ブログを書き続けているのも、今、2冊目の電子書籍に取り組んでいるのも「好きなことで生きていく方法」を伝えたいからだ。そして、そのやり方として電子書籍の可能性は大きいと思った。だから、力を入れて、今、取り組んでいる。

dsc_0053.jpg
同じく、文学部卒業の妻にダメ出しを受ける

そんな2冊目は『ゼロから始める「好きなことを仕事にする方法」』という形で、今まとめている。多分、一週間以内に出版出来そう。興味のある御方はぜひ読んで欲しい。ちなみに一冊目はこちらから購入できます

自分の思い通りにいった時間は「成功」。自分の思い通りにいかなかった時間は「成長」と捉えよう

才能とか、実力とか、お金とか、容姿とか、学歴とか、そんなものに囚われずに、自分が「いいな」「やりたいな」と直感的に思ったことを、どんどんやっていってほしい!、、し、ぼくもやり続ける。

お知らせ

【募集中】
01/16(土)15:00 –
はしづめお茶会

【募集中】
02/06(土)14:00  –
演劇トレーニング・大阪

p.s.

毎日19時に合わせて、
twitterとfacebookに
記事をシェアしています。

twitterのフォロー
facebookの友達申請
大歓迎です。
お気軽にどうぞ(*^_^*)

はしづめだいすけのしごと

★ はしづめだいすけの本
★ ボイストレーニング
★ こころのトレーニング

2 thoughts on “好きなことで生きていく”

  1. 「安定した職業は幻想になり、精神的報酬のために金銭的報酬を諦める時代は終わった。永遠に終わった。その両方を追いかけなければ、もはや、そのどちらも手に入らない。」
    この文章は、後半が特に刺激的だと感じた。

コメントを残す