合唱の講習会に参加して考えたこと

今日は合唱のことを書きます。

dsc_0134.jpg
美しい寒梅館

昨日は、同志社大学の寒梅館で京都府合唱連盟主催の「新春講習会」が開催されました。京都府の高校生・大学生・一般合唱団が200人程集まり、6人の指揮者と一緒に、初見で音取りをして、その後、コンクールという形で発表する、というイベントです。

指揮者は、三浦真理子さん、水口尚樹さん、曽田俊和さん、阪正規さん、永井英晴さん、そして、ぼくも選んでくださいました。昨日も書きましたが、ぼくがこのイベントに指揮者として参加出来たのは、合唱団のみんなのおかげです。本当に感謝しています。連盟の三船さん、一緒にBグループで演奏してくれたみなさん、音取りを手伝ってくれた合唱団のメンバーのみんな、本当にありがとうございました。

基本的に昨日のイベントに対して全肯定している、という前提で、感じたことを書きます。

dsc_0137.jpg
開場前の打ち合わせの様子

昨日のテーマは大きく2つあり、一つは「高校・大学を卒業した後も、合唱をし続けてほしい」という想いでした。それに関しては、演奏を始める前にマイクで喋る機会があったので、少しだけ想いをお伝えしました。

ぼく達は今だいたい30歳ぐらいです。合唱団自体はもうすぐ7年目。男声は仕事で忙しくなる時期だし、女声は結婚して子育てをする時期です。ぼく達の合唱団も、ここ数年で赤ちゃんが7人ぐらいは生まれたんじゃないかな。つまり、普通に考えて、仕組み的に人は集まりにくい状態です。だから、毎回6人とか、8人とか、それぐらいで練習しています。

だから、昨日みたいに大勢の中で演奏できるというのは、実はすごく貴重なことなのです。大学合唱団だと70人ぐらいの規模で活動している団もあって、でも、それは実はすごいことなんだ、ということ。

で、昨日一緒に音取りしたり、演奏した人たちには、少しは伝わったんじゃないかな、と思うけど、ぼく達はぼく達なりに、楽しく、できることを一生懸命続けています。だから、ちょっとでも「この人たち良いな」と思われた方は、良かったら練習見学に来てください。あるいは、合同演奏をしませんか。

ぼくらは真田丸みたいなもので、小さい集団です。でも、昨日のようにエネルギーはあります。だから、ぜひ、(個人の方は)練習に来てほしいし、(連盟や合唱団の方は)活躍の機会を与えて下さると嬉しいです。

dsc_0140.jpg
大学の先輩と。10歳違うそうです

二つ目のテーマは「初見とどう向き合うか」です。

【初見】というのは、初めて歌う楽譜とどう付き合うか。初めてやることというのは、慣れていないので、わからないことも多いし、失敗もよくする。でも失敗すればするほど、ああ、これは違うんだな、と学習する。だから、こそこそぼそぼそ、小さい声で歌うんじゃなくて、<間違うのは当たり前>という感覚で、しっかり声を出した方が良いだろう、と見ていて思いました。

そして、それらも含めて総合的に思ったことは「コミュニケーションをいかにとるか」です。

昨日の様な【初対面】の人達が多い場で、適切に動くことが出来るか、って、合唱においても大切なことなんじゃないかな、と思います。例えば、パートで練習する時も、初対面同士だと、なかなか一丸になりにくい。

でも、一丸になりにくい中でも、一人一人が感じたことを全体に投げかけるアクションを起こしてみる。音が取りにくいなと思ったら、もう少し固まって円になって、みんなの声が効きやすくなるような工夫をするとか、明かりが暗くて楽譜が見にくいな、と思ったら、明るい場所に移動するとか、そういう「違和感」を自発的に言えるようなコミュニケーション力が、あったらいいなと思いました。 * 昨日、一緒に練習したBグループは、投げかける力のある方が多かったです

ぼくらの練習では、ぼくが「ここ、こうしたらどう?」みたいに言うと、ソプラノぐらいから「えー、やだー」みたいなコメントが返ってきて、それはそれで指揮者はやりにくいんだけど、でも、そういう「双方向性」みたいなものが、あると、もっと楽しいのに、と思いました。

初対面の場でも、受身、お客さんにならずに、グループが前進していくように動く力。これって、歌う力と同じぐらい大切なんじゃないかな。特に、高校生。大人ばかりで引いてしまうかもしれないけど、引くことによって、集団全体が重くなる時があるんだよ。

じゃあ、どうやったら、双方向性・コミュニケーションのバランス感覚が鍛えられるか、といえば、それは演劇的手法を用いた、シアタートレーニングが効果的なので、興味のある方は2/6のワークショップに参加して下さい(笑)↓

京都府合唱連盟の三船さん、昨日は本当にありがとうございました。また、いつでもお誘いください。

【募集中】
02/06(土)14:00  –
演劇トレーニング・大阪

コメントを残す