個人の時代 発信しよう 継続しよう

昨日は女優のさっちゃんでおなじみの、愛澤咲月(あいざわ さつき)さんのボイストレーニングをさせて頂きました。

さっちゃんは自分のことを音痴だと思われていたので、初回は声を出すことすら抵抗があったのですが、昨日は音階練習もスムーズに進み、歌詞で歌うことも出来ていました。確実に前進されています。

個人の時代

昨日、さっちゃんと話していて「個人の時代に出来ること」について考えました。

もちろん、スキルをあげるトレーニングも大切ですが、それと同じぐらい、情報発信をすることも大切だと、ぼくは学びましたし、そう思います。

今は個人の時代、と言われています。数年前だったら一台何百万円もするだろうスマホが、わずか数万円で誰もが持てるようになった。しかも24時間、インターネットに繋がっている。

もはや、誰もがコスト0で自分の本を『自分の力だけ』で電子出版することが出来る。今、手にしているスマホ一台で、映像を撮り、youtubeにアップすることによって、ドキュメンタリーだってフィクションだって、『自分一人』で製作出来る。

もちろん、メインストリームに躍り出るためには、自分の力ではどうしようもない「大きな流れ」が必要かもしれない。しかし、自分一人だけで出ることは結構あります。

ブログに毎日記事をアップし続ける。インスタに作品をアップし続ける。youtubeに動画をアップし続ける。自分で劇場をレンタルして、協力者や共演者を集めて、芝居を打つことだって出来る。最初はクオリティが低いかもしれないけれど、1冊、2冊、1本、2本と続けていけば、自然とコツは掴めてきます。

だから「芸能事務所に所属していないし」とか「年齢はそんなに若くはないし」とか嘆いている時間があったら、「どんな発信をしようか」というネタを考える時間に当てたら、あるいは発信する作業にあてたらどうかな、とぼくは思います。

ずっと応援してます(^-^)

【募集中】大阪・02/06(土)
演劇のトレーニング(げきトレ)