【衝撃】 今の時代、たった一日で誰でも本を出版することができる。結局、やりたいと思ったときに、一歩を踏み出せるかどうか。

お正月はいかがお過ごしでしょうか。

ぼくは4時間かけて、電子書籍を出版しました。まじで、この衝撃を伝えたいです。だって「出版したいな」と思ったら、今すぐ、全くコストもかからず出版できる時代なんだ、と昨日、知ってしまったからです。凄いと思いませんか?

ほんと、誰でも出来ます。そして、一番思ったことは、結局「やりたい→やる」の一歩を踏み出すかどうか、それだけなんだ、ということ。まじで、この衝撃を、伝えたい。

1
誰でも一日で本を出版できる衝撃

なぜ電子書籍を推すか

大晦日は紅白をちらっと見た後、長倉顕太さんの最新の電子書籍『電子書籍のセクシーな稼ぎ方』を読みました。音声も聴きました。そこでは、むちゃくちゃ面白いことが言われていました。要約します。

なぜオレが電子書籍を推しているか。今、最大のチャンスがきているから。

数年前から『情報発信が人生を大きく変える』と言い続けてきた。でも、今からブログやfacebookやyoutubeで勝とうとしてもきつい。新しいメディアは圧倒的に先行者が有利になるから。先行者利益を取らなければ、良いポジションを取ることは出来ない。

電子書籍の良さは『無料』で出版出来て、『無料』でお金を生むことが出来ること。『無料(というかお金を貰いながら)』でアマゾンがマーケティングしてくれる。こんなのあり得ない状況。今なら、ランキングの上位を狙える。だから、今やるべき。

とりあえずやってみる

そして、本を読み終えた後「これは面白いと思う!やってみたい!」と思ったのです。ぼくはこのブログでもセミナーでも「とにかくやろう」という言葉を伝えています。

だから、ぼく自身が「やりたい」と思ったことを「やってみる」。というわけで、とりあえず、一冊作ってみたわけです。

それがこちら

一瞬で出来る

やり終えて今思うことは、「こんなに簡単に出来てしまうのか!?」という衝撃です。ブログを書いている人であれば、アクセス数が多かった記事や、自分のお気に入りの記事を再編集すれば、原稿は出来ます。Wordで出来ます。

それをkindleのファイルに変換して、amazonに登録すれば完成です。ぼくの場合、一時間程で出版が完了しました。ぼくはこのブログを参考にしたので、詳しい手順はそちらをご覧ください。

やったら景色が変わる

とりあえず、一つ、やってみる。役者になりたかったら、スマホで自分のパフォーマンスを撮り、とりあえず、一本あげてみる。雑誌を作ってみたかったら、とりあえずフリーペーパーを一冊作ってみる。歌手になりたかったら、とりあえず、一曲歌を作ってみる。

「できてから、やる」じゃなくて、「やる、からできるようになる」。そして、一回やってみたら景色が変わります。「あ、ここはこうしたいな」とか「ここはこうすればいいのか」とか、次へのアイデアが浮かんできます。

新年です!「やりたい」を、とりあえず、一回、「やってみましょう」!

お知らせ

【募集中】
01/16(土)15:00 –
はしづめお茶会

【募集中】
02/06(土)14:00  –
演劇トレーニング・大阪

p.s.

毎日19時に合わせて、
twitterとfacebookに
記事をシェアしています。

twitterのフォロー
facebookの友達申請
大歓迎です。
お気軽にどうぞ(*^_^*)

はしづめだいすけのしごと

★ はしづめだいすけの本
★ こころのトレーニング

★ ボイストレーニング

ご縁がありますように(*^_^*)

もういい大人なんだから、「凄くなろう」というよりは、「俺」っていう人間がいて、このままでも何処か活かせる所はないかな、という視点を持った方が良いよ。

1451607983608.jpg
はい、はれ君ですよ
1451607979537.jpg
ママ、電話ですよ~

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。実家で過ごしています。新年、一日目。何を書こうか考えていましたが、今日は、昨日読んだ本を紹介します。

長倉顕太さんの『超一流の二流をめざせ!』です。本自体はまだ最後まで読んでいませんが、電子書籍版限定の『セミナー動画』の内容がむちゃくちゃ面白かったので、それを伝えたいな、と思いました。

その動画で「なるほどな」と思った言葉はこれです。

『選択』『配置』を意識して生きてきた。それは、何かというと「これをこっちに持っていったら売れんじゃね」という話。これの何が凄いか、というと、その「もの」自体は変わっていないこと。「もの」自体は変わってないけど、場所を移すことによって、その価値が上がる。

かなり、クールで、かつ、熱いメッセージだと思いませんか。

多くの人が「成長させよう」とか「変えよう」と思う。「自分自身」を変えよう、と思っちゃう。はっきり言って、自分はあんまり変わらない。それよりも、「俺」っていう人間がいて、このままでも何処か活かせる所はないかな、という視点を持った方が絶対良い。一流だったら自分の技術を磨くことを考えた方がいいかもしれない。二流が磨いたってたかがしれている。

例えば、ぼくは自分自身を「合唱指揮者」となのっていますが、能力的にはどう考えても、学生指揮者に毛が生えた程度でしょう。しかし、そんなぼくでも、選択と配置を意識すれば、能力以上の結果を出せる、ということです。

自分が「凄くなろう」というよりは、自分を「どこで活かそうか」を考えた方が良いよ。いい大人になったら。そうしたら、能力としては二流でも、超一流の結果を出せる。

熱いですよね。ぜひ『超一流の二流をめざせ!』を読んでみてくださいね(^_^)

お知らせ

【募集中】
01/16(土)15:00 –
はしづめお茶会

【募集中】
02/06(土)14:00  –
演劇トレーニング・大阪

p.s.

毎日19時に合わせて、
twitterとfacebookに
記事をシェアしています。

twitterのフォロー
facebookの友達申請
大歓迎です。
お気軽にどうぞ(*^_^*)

はしづめだいすけのしごと

★ こころのトレーニング
★ ボイストレーニング

ご縁がありますように(*^_^*)