【118 名乗るからなれる】

昨日は、生野区で音楽ワークショップと指揮をしました。嬉しかったことがもう一つあります。それは、Facebookで友達がぼくのことを「合唱指揮者」と書いてくれたことです。

screenshot_2016-02-29-14-52-37.png
金さん、嬉しい言葉をありがとう!

今日は名乗ることについて書きます。

名乗るから紹介される

たとえば、先日、ぼくはデューク更家さんの1dayウォーキングレッスンに参加しました。

キャプチャ
写真はデュークさんのブログから拝借しました

レッスンの休憩中、朝会で出会った伊達荒人さん(デュークさんのお弟子さん)が、ぼくのことをデュークさんに「ボイストレーナー」と紹介して下さいました。

それは、ぼくが自分のことをボイストレーナーと名乗っていたからです。名乗っていたからこそ、紹介されるチャンスに恵まれた(伊達さん、ありがとうございました)。

まず名乗る

合唱指揮者の場合も同じです。まず、自分自身が覚悟を決めて、自分のことを「合唱指揮者」と名乗った。オファーがあるかないかは関係ないです。

まず名乗る。すると、昨日のイベントも開催することが出来たし、友達もぼくを「合唱指揮者」と書いて下さった。

「~になりたい」と言っていても、それはいつになったらなれるのだろう?

できるようになったら、やる、ではなくて、やる、からできるようになる。だから、堂々と今の自分のレベル・技術・経験のまま〇〇を名乗って欲しいな、とぼくは思います。一緒に名乗ろう!

【117 音楽でコミュニケーション】

今日は、大人のための音楽ワークショップ(以下、WS)子どものための歌のWS ⇒ みんなで発表 (『世界に一つだけの花』)というイベントを生野区役所で開催しました(いくのっ子広場『親子で楽しむ 手作りコンサート』内)。

写真と動画でその様子をお伝えします。

大人のための音楽WS 10:30 ~(60分)

dsc_0927.jpg

ドラムのやもちゃんは、ずっとドラムを叩き続けてこられました。結婚されて子どもが生まれてからは、ドラムは押し入れに眠っていました。今日の催しで7年ぶりにドラムを叩くことになりました。

dsc_0929.jpg

アコースティックギターのおっちゃん。

dsc_0931.jpg

トロンボーンのけんちゃん。エレキギターのかなちゃん。

dsc_0932.jpg

フルートのあゆみん。「初めまして」と、みんなで自己紹介しました。

dsc_0933.jpg

音楽があると、すぐにコミュニケーションが出来ます。

リハーサルの様子を少しだけ

dsc_0939.jpg

子どものための歌のWS 11:30~

田島童園の子ども達が到着。

dsc_0941.jpg

楽器と合わせる前に、一度歌います。

一緒にリハーサル 11:45~

dsc_0942.jpg

舞台に立って、並びを決めます。

dsc_0946.jpg

おっちゃんのギターに合わせて礼の練習。

dsc_0949.jpg

子どもと大人で一緒にリハーサル。

これで合計90分です。

休憩して、いざ本番! 14:00~

dsc_0952.jpg

演奏前に企画の趣旨を説明しました。

dsc_0954.jpg

ドラム・やもちゃんのリズムに合わせて、子ども達が入場。

dsc_0955.jpg

演奏スタートです。

dsc_0956.jpg

リハーサルの時より、大きな声で歌ってくれました!

dsc_0958.jpg

ソロの二人の子ども達もばっちり決めてくれました!

dsc_0957.jpg

あっという間の時間でした。

本番を終えて

まず、大人が純粋に楽しんでくれているのが嬉しかったです。そして、最初は緊張していた子ども達も、本番を終えた後はすごく喜んでくれていて、実現出来て良かったな、と思います。

関係者のみなさま、参加されたみなさま、聴きに来て下さったみなさま、楽しい時間をありがとうございました。またやりましょう!

p.s.

見に来てくれたさっきーが感想を書いてくれました。さっきー、ありがとう!

生野区を盛り上げてる橋爪大輔君(大ちゃん)が、指揮をするといのでその仕事ぷりを見学に。マイクを持っても、気負うことなくいつもの大ちゃんのようででも、指揮をする姿は颯爽とカッコいい。彼の夢である、生野区の、いや、日本のギャレス・マローンになる日はそう遠くないのかもしれない。

【116 心にユーモアを】

※ 写真は相変わらずお笑いの道を磨き続けるわいざんパイセン

昨日は気付きがありました

昨日、SHOWROOMで初めてここトレをしました(詳細はこちら)。

そこで初めてもらった質問が「(好きな)エロをお金に変えたい」。

ぼくは根は真面目な人間です(笑)自分の口からエロについてネット上で発信するのは初めての体験です。そして、それをブログに掲載するのも初めて。FacebookやTwitterでシェアするのも初めてでした。

そして、Facebookにシェアしてから、しばらくして、こんなコメントを頂きました。

screenshot_2016-02-27-08-46-31.png
ニックネームはヘルモさんです(ブログはこちら

あとあと、よーく読んで見たら、このコメントは『ボケ』だとわかります。

でも、その時、ぼくは、「あ、やば、やっちまったな」とドキッとしたわけです。

何にやばいと思ったんでしょうね。「エロ」という単語をタイトルに持ってくるぐらい強調したことでしょうか。それとも、昼間っから下ネタを、Facebookというパブリックなコミュニケーションの場に投入してしまった(→不快に感じる人が出てくるだろうな)、という罪悪感でしょうか。とにかく、ドキッとした。

だから、わいざんのフォローが嬉しかったです。

screenshot_2016-02-27-08-51-55.png

昨日の記事は、「SNS上で映像を生配信しながら、しかも双方向のコミュニケーションを取れる。これはすごく可能性があるな、伝えたい!」という想いで発信しました。でも、発信をし続ける、ということは、きっと自分では想定しなかった反応もある。

その時、自分にユーモア・間・遊びの心があれば、それに気の利いたリアクションができる。でも、自分に余裕が無いと『マジ』で受け取っちゃう。そういうことを、ヘルモさんと、わいざんは教えてくれたんじゃないかな、と思います。

心にユーモアを(*^^*)

p.s.

ボイトレの生徒さんからメッセージを頂きました。いつもありがとうございます。