見る人が変われば、評価は変わる

昨日はボイトレの仕事でした。

見る人が変われば、対象の評価は変化すると思います。だからこそ、マイナスを指摘するよりかは、その人の『良さ』に焦点をあてて、その人の良さを引き出したい、と思いながらトレーニングしています。

例えば、他のトレーナーから「棒立ち」と言われている生徒さんがいました。確かに、彼女には前のめりに自分をアピールするような雰囲気はない。でも、歌声を聴いていると、音程は正確だし、声質が良いな、と感じました。

試しに、カラオケ音源を流すのをやめてみました。カラオケ音源は、こちら側のその時々の感情に関係なく、一定したテンションを求めて来るからです。それに装飾が多い。音源をやめて、シンプルにマイク+アコースティックギターの生伴奏で歌ってもらいました。

すると、やはり、彼女の素材そのものの良さが際立ったと思います。必ず、一人一人、その人の良さがあり、その個性を引き出すことに、ぼくは集中しています。

最後は宣伝

土曜日( 02/06 14:00 – )にげきトレやります。現在3人の方が申し込んで下さっています。感謝!今日書いたような視点+演劇の切り口でトレーニングするので、興味のある御方はぜひ桃谷にお越し下さい → 詳細はこちら

★ ボイトレ 個人セッション
★ ここトレ 個人セッション