【113 個人の時代に大切なこと】

この記事は、アーティスト・役者・ダンサー・フリーランスなど、≪これから個人で活動したいと思っている方≫に向けて書きます。

ぼくは個人事業主としてもうすぐ3年目なので、独立して2年以下の方にとって参考になれば幸いです。

プロ志望の生徒さんに質問

昨日はボイトレでした。

アーティストのyU-yA(ゆーや)は、トレーニングを一緒に初めて一年ぐらい。オリジナル曲の製作やジャケット撮影・ネットで生放送の配信など、行動し続けている生徒さんです。

彼に昔、こんなことを聞きました。

dsc_0832.jpg
右側がyU-yA

「yU-yA、
ぱっと思いつくファンって
何人いる?」

「・・・いないですね」

(^_^;)

でも彼に限らず、これはアーティストを目指す多くの人に言えることだと思います。

技術が最優先か

プロを目指す新人がとる行動の1つは、事務所のオーディション後、所属候補生としてレッスンを受けることです。

その時、多くの人の頭の中は、ボイトレに通って技術を高めることが最優先。実力がつけば自然と評価される、と思っている。

あながち間違いではないです。

ファン作りという視点

もちろん、クオリティが高いにこしたことはない。しかし、それと並行して、ぜひ意識してほしいことが「ファン作り・ファンとの交流」です。そして、その点において、yU-yAが今取り組んでいるSHOWROOMは、すごく良い道具だと思いました。

706897_thum630
人気アイドルやアーティスト、声優、スポーツ等の配信が無料で視聴できるアプリ!更に、誰でもすぐに生配信が可能!SHOWROOMは、夢を叶えたい人とそれを応援する人が集まる、新時代の『双方向コミュニケーション』『仮想ライブ空間』です。(iTunesより引用)

ユーザーとしてSHOWROOMを昨日から利用しました。使ってみて一番の利点と感じたのは「プロ意識」を育めることです。

SHOWROOMはアカウントさえ取得すれば、誰もがミュージシャンやアイドル・声優として、自分のルームを持つことができます。

screenshot_2016-02-24-03-41-40.png
下にいるのがアバター

アーティストのルームに誰かがアクセスすると、目の前にアバターが登場します。アーティストは、そのアバターに話しかけます。

「○○さん、こんにちは!」
「ゆっくりしていってください」
みたいに。

ユーザーはコメントでアーティストにメッセージすることが出来ます。

「こんにちは(*^_^*)」
「頑張って下さい!」
「歌を歌って♪」

それに対して、アーティストが応えていく。

この【双方向性のコミュニケーション(繋がりの関係性)】 + 【個人(アーティスト)と集団(ファン)で出来たコミュニティ】という仕組みをインターネット上で誰でも持つことが出来る。これがSHOWROOMの魅力だと思いました。

必要なのは覚悟のみ

今、覚悟さえ持てば、誰でも個人として活躍できます。

インターネットやスマホの発達で環境は整っています。その際、自分の技術を高めるとともに、ファン作り・ファンとの交流をSNS上で行う、という視点を持ってもらいたいな、と思います。

yU-yA てっぺんとろう!

* yU-yAのルーム ⇒ ✩yU-yA The WORLD✩