【最高の謝り方】口癖を変えよう

今日は口癖について書きます。

ぼくはこころのトレーニング、略して『ここトレ』の仕事を大阪の桃谷でしています。

『ここトレ』に集まる生徒さんと話していて、質問をもらいます。それに対して「じゃあ、〇〇したら」という提案をするとします。すると、「え、でも~」とか、「そんなことない」とか、「絶対、無理~」と返す、実に可愛らしい子がいます(笑)

せっかく、お金を払って、恥ずかしい思いをして、自分の抱えているものを吐き出して、変わろうと思って来ているのに、ぼくのアドバイスを聞くと、「え、でも~」と反射的に返してしまう。

何しにきとんじゃ~(笑)

そんな生徒さんにお伝えしているのは、まずは、自分が日常的に使っている言葉を変えよう、ということです。なぜなら、言葉が自分の思考を創り、思考によって、自分の行動が変わっていくからです。

例えば、SNS活用塾の同期のなっちゃんが、『最高の謝り方』を教えてくれました。

それは、何か失敗をした時に、「すみません」ではなく、「ありがとうございました」ということです。「成長出来るきっかけを与えてくださり、ありがとうございました」「大きな気づきを与えて下さり、ありがとうございました」。こう言われたら、確かに言われた方も嬉しい気持ちになるな、と思います。なんなら、もっと教えてあげようか、みたいな気持ちになりそうです。

自分が使う言葉を意識すること。

さいとうひとりさんの「天国言葉」「地獄言葉」が有名ですよね。次が天国言葉です。

ついてる・愛しています・うれしい・楽しい・感謝してます・しあわせ・ありがとう・ゆるします

これらの言葉を使っていると、自分にこれらの現象が返ってくる。次が地獄言葉です。

ついてない・不平不満・グチ・泣きごと・悪口・文句・心配事・ゆるせない

同じように、地獄言葉を使うと、これらの現象が返ってくる。そう考えると、下の現象より、上の現象が訪れてほしいですよね。ね?だったら、後は言葉を変えるだけです。

普段から「でも」とか「むり」とかが口癖の方は、ぜひ、言葉を意識して使ってみてください。応援してます。

you can do it!

p.s.

『ここトレ』をテーマにした3冊目の電子書籍を出版予定です。遅くとも2月以内には出せそうです。今回はプロのイラストレーターの方に表紙のデザインをお願いしました。どんなものが送られてくるか、楽しみです。

はしづめだいすけのしごと
★ 03/12(土) げきトレ
★ ボイトレ 個人セッション
★ ここトレ 個人セッション

イライラが優しさに変わる方法

腹が立った時にどうしたらいいか書きます。

誰かから何かを言われてイライラした時、あるいは、批判的なメッセージを受け取った(と感じた)時、悲しくなったり、腹が立ったりします。

そんな時、じゃあその状況に対して自分がどうすればいいか、という選択肢は色々あると思います。ここでは、「イライラ」した気持ちを、「優しさ」に変換する考え方を書いてみます。

あくまで、ぼくの考え方ですよ。いいでしょうか。それは、ズバリ、「その批判は自分だけに向けられたものではない」と捉えることです。

あなたをAとして、相手をBとしますね。例えば、Bに「出来損ない」とか「〜しなさい」みたいな言葉を言われたとする。

その時、BはAに対して言っているようにみえて、実は、Bの過去の体験の中でCから「〜しなさい」と言われて躾けられてきた。だから、Aを見た時、Cの影を思い出して、「〜しなさい」とBに言ってしまう。

ややこしいですか。

あるいは、BはDとかEとかに対して、ずっと「〜しなさい」と言い続けてきた。だから、Aを見た時も反射的に「〜しなさい」と言ってしまう。要するに、相手も相手の価値観の中で生きている。相手も相手の体験に囚われている、ということです。

みんな、何かを背負って生きている

そう考えると、Bから「★♪△※◎」と、突拍子もなく言われたとしても、「ああ、この人も悩みながら生きているんだなあ」と優しい気持ちになれる、、かもしれません(*^^*)

日々を、心穏やかに過ごせますように。
It’s up to you.

p.s.

↓この動画は思わず笑いますよ(笑)

★ 03/12(土) げきトレ
★ ボイトレ 個人セッション
★ ここトレ 個人セッション

自分のアイデアと仲間を信じること

昨日は『演劇トレーニング』、略して『げきトレ』を大阪・桃谷で開催しました。楽しかったですね。参加してくださりありがとうございました!

人によっては「なんで演劇?」と思うかもしれませんね。ぼくは大学を卒業してから4年間、芸術鑑賞会などで劇を見せる職業劇団に勤めていました。当時は年間約100ステージほど舞台に立っていました。その後、講師経験もあります。

kisaragi
劇団に勤めていた頃の写真です

ぼくの生徒さんから、こんなメッセージをもらって、始めようと思ったのがげきトレです。

screenshot_2015-12-23-11-25-16.png

screenshot_2015-12-23-11-25-26.png

これも流れの一つだろう、、、。

ということで、どこに行き着くか、深くは考えず、自分の出来ることを、出会った方々と一緒に楽しく、思いやりを持って、しっかりやろう、というのがぼくの今のスタンスです。ね、いきあたりばったりでしょ。The いきあたりばったり。

dsc_0235.jpg
スタジオはこんな場所でした

さて、2時間で行ったプログラムは以下のとおりです。

  • 自己紹介
  • ジェスチャーしりとり
  • インプロ・・・ナイフとフォーク
  • 脚本

この中で、インプロ(即興)をしていて考えたことを書きます。

インプロでは「オファー」という考え方があります。詳しくは本を読んだり、検索して欲しいのですが、オファーとはアイデアのことです。

参考に・・・例えば、昨日行った「ナイフとフォーク」は2人組で行います。ナイフとフォークは、相談なしに、相手の動きを感じ合いながら、2人で一つのモノを作ります。進行役が「ナイフとフォーク」とコールします。すると、どちらかがナイフの格好をするとします。これが「オファー」です。オファーした人をAと設定します。そのAのオファーに対して、Bがフォークの形をすれば、OKです。文字で書くとややこしいですが、伝わっていますでしょうか。ポイントは、オファー(アイデア)には間違いはない、ということです。そのアイデアに周りのメンバーがどうのっかっていくか、そこがこのワークの醍醐味です。

それで、ここからがげきトレの風景を見ていて、ぼくの考えたことです。

もし、アイデアを思いついたら、そのアイデアを躊躇わずに出してほしいな、と思います。もちろん、相手の出方を伺うことも楽しいですが、一方で、常に「相手が優先」になると、せっかくの自分のアイデアがもったいないからです。

重要なのは、相方や周りのメンバーのフォロー(アイデアにのっかること)を信じることです。

アイデアは周りのリアクションによって、面白くもなれば、つまらなくもなります。ということは、自分が思いついたアイデア自体は、良くも悪くも「素材」ということです。チームワークが出来てくると、どんなアイデアでも面白く調理することが出来ます。

アイデア自体に間違いはない。自分の直感を信じて、素早くオファーを出してみよう。そして、相手をよく見ること。これは演劇に限らず、日常生活においても活用できる行動原則なんじゃないかな、と思います。

感想を頂きました。感謝です。

思い浮かんだことをすぐに表現していいと言われたので、自分の制限を外してみて自由にふるまう楽しさを味わいました。 反応が早いと言われて嬉しかったです。
台本を読みながら登場人物への想像が膨らんで、演じることの楽しみも味わえるという楽しいワークショップでした(^^)

少人数で落ち着いた中、とてもリラックスしてできました。私にとってとても大きかったことは台本を使った内容だったことです。
BGMがなり、セリフを使って、タイミングや言い方のアドバイスを、もらえたことは、とても、充実感を得られました。短い時間でしたがとても内容の濃い時間でした。次回も必ず参加します!

次回の開催も決まりました。4人定員で、ありがたいことにすでに残り2席です。ご興味のある御方はご連絡下さいね。詳細は→こちらで御覧ください。

p.s.

生徒さんからボイトレの感想を頂きました(こちら)。本当にありがたいです。それで、メールの返信をしながら、改めて思いました。ぼくは自分の生徒さんを無条件に愛しています。大好きです。こんな自分を選んで下さっていることに感謝の日々です。みなさんが幸せに暮らされることを願っています。ありがとうございます。これからもよろしくね。応援してます。

【ボイトレ動画】高音が苦しい方へ

昨日はお二人の方のボイトレでした。今日の記事では、お二人の方がそれぞれ復習出来るように、思い切って動画を掲載しています。

一人目の御方は、いつも前向きに明るく歌われています。歌うだけで、聴衆に元気を与えるだろうな、という印象です。

トレーニング中に「ソ♯から上の音を地声で歌うと、喉があがって歌いにくくなるだろうな」と判断しました。「ド→ミ→ソ→ド→ソ→ミ→ド」の音階で、一番高いドの音だけ、裏声で発声してもらいました。

すると、やはり『地声→裏声』や『裏声→地声』の移行が慣れていないようでした。ですので、「Wi」の発音で裏声を出してもらったあと、ポルタメントで高音→低音に発声してもらいました。

その後、慣れてこられたようでしたので、今度は「Wi」の発声で、地声→裏声→地声(低音→高音→低音)をしました。地声→裏声のほうが難しいです。

結果的に「レ」の音までスムーズに出るようになりました。これがフィジカルな面でお伝えした事です。

メンタルな面では、人前で歌う時に関する話になりました。

例えば福山雅治がファンの前で、「俺、今日、自信なくてさ」みたいなことを言ったら、ファンはがっかりしますよね。調子の悪い時の自分も100点だし、調子のいい時の自分も100点だと思って、舞台に立たれて欲しいな、ということをお伝えしました。

dsc_0351.jpg

二人目の御方は、もう、初めてお会いしたときとは別人のように感じます。

発声することを楽しまれていて、堂々と歌うお姿は、こちらから見ていてほんと気持ちがいいです。ボイトレって、初回は緊張するんですが、何度か一緒にするうちに、もうだんだん快楽に変わって行く気がします。

二人目の方は、シから上の音がまだ開発出来そうでした。地声からのアプローチで順次進行のまま、「nei」あるいは「wi」の発声でオクターブが出せるようになると、さらにしっかりした発声で出せるだろうな、という印象でした。

楽しい時間をありがとうございました!またお会いする日まで。昨日は、あのんさんともお茶出来て、ほんとに楽しい一日でした。

★ ボイトレ 個人セッション

良いところを伸ばすには

こんな質問を頂きました。

良いところを伸ばす、とは、具体的にどうすれば良いのでしょうか?良いところは見つかるのですが、そこをどうしていけば「伸ばす」に繋がるのか分かりません…今のままでは「仕事できない部下」で終わってしまう人がいて何とかしたいです

ありがとー!

これについて、ぼくの考えを書きます。

伸びていく方が楽しい

「伸ばす」じゃなくて「伸びる」と捉えたらどうかな。「伸ばす」は外的動機づけ。「伸びる」は主体的。伸びる本人も、見守る周囲も、後者のほうが楽しいと思わない?

ボイトレの生徒さんで、今、オリジナル曲のレコーディングに取り組んでいる男の子がいます。彼は、ほんとに勝手に伸びていったな、という印象です。練習するのが好きなようで、トレーニングが始まる30分も前から自主練をしている。「練習しなさい」とは言っていないのに。

ぼくがしていることは、彼のパフォーマンスの良いところを「良いね、良いね」と伝えてるぐらいです。そうすると、一年ぐらいでだいぶ変わった。そんな感じっす。

相手はコントロールできない

それと、「今のままでは仕事のできない部下」についてですが、「仕事のできない部下」っていう視点で見てるから、「仕事のできない証拠探し」をしてしまう、という考え方はどうでしょう。

例えば、ぼくが勤めてた時は先輩から「はしづめは、歯向かう奴だ」みたいなレッテルを貼られた(まあ、実際に歯向かってたから仕方がないんやけどw)。でもさ、ぼくとしては「素直に自分の感情を出し」てたんやけどね。それを上司は「なまいき」と受け取ったんだろうね。

で、仕事やめて、フリーになって他の人と付き合うようになったら、「はしづめさんは、自分の気持ちを正直に表に表せて素晴らしい」みたいなことを言ってくれる御方と出会えた(笑)

環境が変わると、その人の見方って変わるんやなあ、と思った。だから、今、気にしているその人は環境が変わると、見え方は変わるよ〜、多分。そして、最後にズバリ一言。

相手はコントロール出来ない

自分が変わると、相手が変わる。応援してます。

 ★ げきトレ 明日開催です
★ ボイトレ 個人セッション
★ ここトレ 個人セッション

誰でも出来る電子出版 原稿を書こう

毎日、ブログを楽しく書いている人であれば、あっという間に電子出版出来ますよ!ぼくは今年の正月に一週間で2冊出版しました。

電子書籍は、ページ数や価格を著者自身が決められるので、ミニコンテンツとして出版することが可能です。目安の文字数は、だいたい1万5千字程度でしょう(紙の本はおよそ10万字は必要ですよね)。

そこで、今回は「あ、それぐらいだったら私でも出来そう」というやり方を紹介します。はしづめだいすけ流『いきあたりばったり・原稿執筆法』です(笑)

まず、紙を一枚用意します(元ネタは荒井さん)。

dsc_0316.jpg

dsc_0317.jpg
縦と横に線をひきます
dsc_0318.jpg
さらに線をひき、16分割が完成です

左上に本のテーマやタイトルを書きます。

dsc_0319.jpg
例えば「合唱団を作ろう」にします

ぼくは仲間と一緒に合唱団を作った経験があります。その経験の中で、「これを人に伝えたいな」「こういう考え方があるのを知ってもらいたいな」と、ふと思ったことを15個マスの中に書いていきます。

dsc_0320.jpg
思いついたアイデアやキーワードを、思いついた順でいいので、ザーッと書き出します

はい。後はこの一マスにつき、1000字書けばいいだけです。一マスにつき、A4一枚分ぐらいの量を書いてください。Wordで書いてくださって大丈夫です。縦書きでも横書きでもOKです。一日1000字ずつ書いていけば、半月ぐらいで原稿は完成します。ね、いけそうに思いません?

もし「1000字も書けない。書き方がわからない」という方は、エクスマの藤村正宏先生が教えて下さった、このやり方で書いてみてください。

dsc_0216.jpg

例えば、このテンプレートを忠実に守って書いたぼくの記事はこちらです(これでだいたい1300字ぐらい)。こんな感じで、1000字を毎日書けば、一ヶ月以内に電子で出版できます。

出来そうでしょうか。応援します!

dsc_0322.jpg
ぼくの三冊目の電子書籍は8マス(8000字)まで来ました

最後は宣伝

土曜日( 02/06 14:00 – )にげきトレやります。演劇的手法を取りいたワークをすることで、身体表現する楽しさや他者と協同して一つのものを創る楽しさを味わいます。興味のある御方はぜひ桃谷にお越し下さい → 詳細はこちら

★ ボイトレ 個人セッション
★ ここトレ 個人セッション

p.s.

イケダハヤトさんのブログを読んで、とりあえず今日からnoteを始めてみました。これも一つのSNSですね。何事も、とりあえず試しに使ってみる、という感覚です。

見る人が変われば、評価は変わる

昨日はボイトレの仕事でした。

見る人が変われば、対象の評価は変化すると思います。だからこそ、マイナスを指摘するよりかは、その人の『良さ』に焦点をあてて、その人の良さを引き出したい、と思いながらトレーニングしています。

例えば、他のトレーナーから「棒立ち」と言われている生徒さんがいました。確かに、彼女には前のめりに自分をアピールするような雰囲気はない。でも、歌声を聴いていると、音程は正確だし、声質が良いな、と感じました。

試しに、カラオケ音源を流すのをやめてみました。カラオケ音源は、こちら側のその時々の感情に関係なく、一定したテンションを求めて来るからです。それに装飾が多い。音源をやめて、シンプルにマイク+アコースティックギターの生伴奏で歌ってもらいました。

すると、やはり、彼女の素材そのものの良さが際立ったと思います。必ず、一人一人、その人の良さがあり、その個性を引き出すことに、ぼくは集中しています。

最後は宣伝

土曜日( 02/06 14:00 – )にげきトレやります。現在3人の方が申し込んで下さっています。感謝!今日書いたような視点+演劇の切り口でトレーニングするので、興味のある御方はぜひ桃谷にお越し下さい → 詳細はこちら

★ ボイトレ 個人セッション
★ ここトレ 個人セッション

妻はやはり凄い その2

昨夜、「朝会(K3)」の夜会(ややこしいですね)に参加しました。

1
カードゲームを使ったワークショップの様子

朝会には本当にお世話になっていて、朝会がきっかけで研修講師のオファーを頂いたり、仕事のパートナーになって下さったりと、ご縁を頂いています。

それで、ここからが本題

親睦会で「だいちゃんはいまいちわからない」みたいな言葉を頂いた。翌朝、案の定、起きると少し気が落ちていたので、さっそく妻にその話題を話かけた。すると、バッサリ、一言。

「え、今さら?わかりきってることやん。ブレてるよ、それも常に。

あんたは(作曲家の)朴さんとか、(和ヌードルの)鈴七さんみたいな、直線型のタイプじゃないでしょ。あっち行ったりこっち行ったり、方向性なんてまるでない。」※ 和ヌードル 鈴七さん 美味しいので、桃谷に来られた際はぜひ

うむ、おっしゃるとおり。いきあたりばったり冥利につきるお言葉だ。

去年まで、電子書籍のことなんて、まったく考えたことすらなかった。でも、今は電子出版が面白いから取り組んでいる(昨日も3冊ご購入頂けた。本当に感謝)。

それはもう、むちゃくちゃ面白い。だって、誰だって原稿があれば一日で本を出版できる、それもコスト0で。

dsc_0297.jpg
3冊目、原稿は1/3まで進みました。

ボイトレもここトレも、合唱も、それぞれに面白さが違うから、楽しくやっている。そこに、一対一がどうの、とか、一対他がどうの、みたいなカテゴリーはない。マンツーマンはマンツーマンの楽しさがあるし、集団には集団の楽しさがあるし、少人数には少人数の楽しさがある。

・・・そんなこんなで、やはり、妻は凄いなあ、と思った今朝。

半歩でも一歩でも

そんなぼくでも、ずっとやりたいと思い続けているのが「イギリスのギャレスマローンのような、合唱と社会課題」の分野だ。

これはBBCのドキュメンタリーを一度でも観たことがある人とは話が通じやすい。しかし、ほとんどの人はピンときていない。だから、形にしていくことで、わかりやすいように伝えていきたい。

今年はギャレスに向かって、半歩でも一歩でも進みたいと思っています。

★ げきトレ 02/06 大阪
★ ボイトレ 個人セッション
★ ここトレ 個人セッション

「承認」は覚悟がいる コバの器の大きさ

ぼくは去年の7月にコバの起業支援セミナーを受けました。

ぼくの2冊目の電子書籍『好きなことをお金にかえる力』は、コバの起業支援で聞いたことを下敷きにしています。この本を書く前に、コバに事前に許可をうかがいました。

screenshot_2016-02-01-09-53-36.png

器が大きい人ですよね。

結局、時間の都合上、インタビューは掲載できませんでしたが、それでも、コバのエッセンスを詰め込んだので、おかげさまで、こんなAmazonレビューも頂きました。

これからフリーランスを目指す人が、一番最初に読むべき本

最幸のフリーランスの見つけ方の入門書です

書店に行けば様々な、フリーランスの入門書が並んでいる。私も何冊か買って読んだ。今まで読んだ中でこの「好きなことをお金に変える力」は、これからフリーランスを目指す人が、一番最初に読むべき本だと思った。書かれていることはどれも難しいことではない。すぐできることばかり。この本を読んでほんとうのフリーランス生活を楽しむ人が、増えるのではないかと実感しました。必読です。

わざわざレビューを書いて下さったことに感謝いたします。昨夜、このレビューを読んだときは、妻と二人でウルウルきました。それもこれも、コバの「承認」の力だと思います。

「承認する」って、「厳しく指導する」ぐらい、覚悟がいることだと、ぼくは思います。先生の立場で、「今のままでいいよ~、あなたの選択で大丈夫だよ」って言い切れる、って、凄い事です。

そんな、「許可」「承認」の中で、ぼくは妻と一緒にこの本を書きました。コバ、本当にありがとう。

ジャージカウンセリング コバのブログ
エクスマ 藤村正宏先生のブログ

 ★ げきトレ 02/06 大阪
★ ボイトレ 個人セッション
★ ここトレ 個人セッション