自分の周りに圧倒的に優れた人がいて、自分の非力さを感じた時はどうすればいいか

質問を頂きました(SHOWROOMでここトレ)。ありがとうございます。

自分の周りに圧倒的に優れた人(そう自分では思っている)がいて、自分の非力さを感じた時はどうすればいいか?

弱い自分を受け入れよう

周りにいるその人も圧倒的に優れているけど、そんな相談者さんも圧倒的に優れた「何か」がある。誰もが何かしらの才能を持っている。ぼくはそう思います。

だから、周りと自分を比べる必要はないです。

「他人と比べて自分を非力に感じている」ということは、相手に〇をつけていて、自分にバツをつけている、ということです。まずは、自分にも〇をつけてみてください。

ぼくの思う〇の付け方は、自分の「かっこいいところ」「すぐれているところ」「強いところ」だけを〇にするのではなくて、「ださいところ」「劣っているところ」「弱いところ」もOKだと認めてあげることです。

「弱さ」は武器になります。

「飽き性」ということは、裏返すと「好奇心が旺盛」ということ。「頑固」ということは、「芯が強い」ということ。「いきあたりばったり」ということは「柔軟」ということ。

だから、自分のダメだな、と思っているところを大切にしてあげて下さい。応援しています。