生野区で英語(絵本・歌)の親子サークル apple を応援しています

こんにちは、はしづめだいすけです。

ぼくは大阪市の生野区に住んでいます。そして、生野区を盛り上げる活動をしています。先日、こんなメッセージを頂きました。

こんにちは。はじめまして。私は生野区生まれ、生野区育ちの2児のママです。私も、生野区がより活気のある子育てしやすい街になってほしいと思っております。

私はアメリカ人の夫と結婚し、6年ほどアメリカに暮らし、7ヶ月ほど前に、実家のある生野区に、夫と息子2人(7歳と2歳)を連れて戻ってきたところです。地域で何かしたいと、0歳から3歳ぐらいまでの親子と一緒に英語の絵本と歌を楽しむサークル活動のようなものをしたいと漠然と考えておりましたが、生野区内には、気軽に通える英語教室がなく、オープンな英語サークルが近所にあればぜひ参加したいという声が多く、本格的サークルを立ち上げようと準備中です。

橋爪さん、もしもご興味がありましたら、サークルの立ち上げの相談にのっていただけないでしょうか?

(2016/02/09)

もちろん、手伝います!

というわけで、さっそく、ぼくのおすすめのcafe tea time(勝山北2) でお話をしました。

12705566_496722530452895_4233748283717043218_n

お話をお伺いした後は、その場でFacebookページで情報発信です!家に帰ると結局やらなくなるので、その場で発信を心掛けています。

こんにちは、橋爪大輔です。

今、生野区で『親子で英語サークル』を立ち上げようとされている、活発的な女性・ひとみさんがいらっしゃいます。ひとみさんは生野区生まれ・生野区育ち。二人のお子さんを持つお母さんです。国際結婚をされて、アメリカのニューヨークに約6年間住んでいらっしゃいました。

2015年の5月に生野区に戻ってこられて、そして、『お金をかけず』に『親子』で『楽しみ』ながら『英語好きな子どもを育てる』、そんなサークル活動を、ここ、生野区でされようとしています。すごいですよね。

ひとみさんは言います。「親子で一緒に英語を楽しむことを大切にしたい」。まだ、(もちろん生野区ですが)どこでするかなど、詳細はこれからです。ご興味ある御方、サークルに入りたい!という御方はお気軽にコメントやメッセージを下さいね(*^^*)

ひとみさん、応援しています!

(2016/02/12)

すると、こんなコメントを頂きました。

ひとみさん、とても素敵な方です(*^^*)私もずっと英語教室さがしていたので嬉しいです~♪

反応があるってうれしいですね。他にもこんなコメントも。

興味あります!何歳くらいの子どもから教えていただけるのかな??

Facebookで想いが形になっていきます。そして、昨日初めての活動が始まりました(2016/03/16)。様子はこんな感じです。

img_20160316_162410.jpg
笑顔が素敵なひとみ先生
1458173824196.jpg
親子で参加します
dsc_0110.jpg
終わった後、子ども達の交流に感動
1458173809571.jpg
お兄ちゃん&弟が出来そうですね!

次は03/18(金)10時から無料でやるそうです。生野区社会福祉協議会(おかちやま)の2階です。ご興味のある御方はお気軽にどうぞ(*^_^*)

親子英語サークル Apple Facebookページ

Periscopeは人柄が伝わる

Periscopeというアプリをご存知ですか?

perpsssse.jpg

特別な機材を使うことなく、スマートフォンだけで世界中の人にライブ配信することができ、世界中のライブ配信を視聴してショートメッセージやハートマークを送って交流できる、新感覚のライブ配信アプリが「Periscope」です。(GIGAZINより引用)

ぼくはプロブロガーのイケダハヤトさんが3/1に使っているところをたまたま偶然見かけたので、マネして使い始めました。16日間使い続けて感じた一つのことを書きます。

人柄がより正しく伝わりやすい

現在、情報発信のツールで主要なものはブログ・Facebook・twitterです。もちろんブログなどを見ているだけでも、その方の人柄は伝わってきます。一方で、ブログなどになくて、Periscopeにあるものは「声」と「表情」「リアルタイムのコミュニケーション」です。

声と表情によって、発信者の方の雰囲気はとってもよく伝わります。

わいざん(横山文洋さん・マーケティングパートナー)って、意外と声高いんだな。そして、やっぱり、他人に「喜んでもらえる」ような発信を心掛けてるんだな(浜辺でダッシュ)、とか。

マイさん(白谷麻衣さん・エレガントビューティーコンサルタント)って、ブログではビシッと書いてる雰囲気だけど、実際にPeriscopeでみて見ると、包み込むような感じがあるなあ。普段から多様な方と付き合ってるし、やっぱりコミュニケーションする力が半端ないな、とか。

こういう非言語情報って、ブログなどではなかなか感じにくい。

さらに、Periscopeには、タイムラグなくコメントを送れます。これによって、双方向でやりとりができる。だから、とっても人柄が伝わりやすいツールだな、と思います。

良かったら、ぜひペリって下さい。何かわからないことがあればお気軽にペリスコー部へ。わいざん局長が、丁寧に答えてくれますよ(*^_^*)

不安を煽られるのはしんどいなあ

質問を頂きました、ありがとうございます。

好きなことを仕事にするということは、仕事が嫌いになったときに、好きなことも嫌いになるのでは?という怖さがあります

そうなってから考えよう

この【不安や恐れ】は意外とみなさん、抱えてるなあ、というのが最近の実感です。

食べられなくなったらどうしよう。
やっていけなくなったらどうしよう。
嫌になったらどうしよう。

でも、それ、まだ現実にはなってないですよね?実際にそうなってから考えたらどうでしょうか。

不安を煽られる

思うんですけど、世の中にはぼくたちの「不安」を煽ってくることで消費を喚起させるような情報商材が溢れています。

そんなやり方で大丈夫?」「そのままでは危険ですよ?」みたいなキャッチフレーズ。

もちろん、提供されている側は本気でそう思って心配されて書かれていると思うので、否定はしません。

どうせたどり着く

そんな中で、ぼくはジャージカウンセリング・コバの在り方を尊敬しています。

去年の7月にコバの起業支援セミナーを受けました。結構値段の高いセミナーだったので、「何が学べるんだろう、ドキドキ」と思いながら行きました。

確かに色々な知識は学んだ(そのノウハウを参考に電子書籍にもまとめています)。

ただ、半年経って、ぼくがコバから学んだたった一つのことは「どうせたどり着く」。この一言だと思います。

最初は行動を起こしても初心者だから色々失敗するでしょう。でも、その行動自体がナイストライ!大丈夫、きっとうまくいくから。この考え方を、ぼくはコバから学びました。

コバのメッセージを贈ります(初公開)

【はしづめも】

みんな、成功する、幸せになることは決まっている。どうせ幸せになっちゃうんだったら、自分は今、何をしたい?

「稼げない」「人気がない」から始めるんじゃなくて、どうせ上手くいくから、上手くいった自分は何をしたいか。

上手くいかない自分だから読者を増やすとか、上手くいかない自分だから集客する、んじゃなくて、上手くいっているから何をやりたいか。

とにかく行動

不安を抱えたままで、ガンガンガンガン行動しよう!で、その行動は自分のためだけでなく、世の中の人の役に立つためにしよう(昨日のはしづめもをご覧ください)。

今のぼくの考えはこんな感じです。

dsc_0037.jpg
自宅兼オフィスで、今日ものんびりやってます

【関連】

p.s.

1915070_480270278848607_6726196547475698049_n
4冊目はこんな感じです。

【はしづめも】『君たちにしか出来ないことをやれ』(茂木健一郎 2016/03/02)

最も大きな変化が起こる

これから5~10年で、人類が生きてきた中で最も大きな変化が訪れる時代になる。5年後、10年後、君たちの労働環境がどうなるかは、正直わからない。

賢いことに意味がなくなる

例えば君たちの中で賢いことを自負してるやつがいるだろう。でも、人工知能が発達するということは、賢いことに価値がなくなる、ということなんだ。そのことをよく考えたことがある?

お医者さんより人工知能の方が知識があるようになる。おそらく今まで見逃されていた疾病はたくさんある。

他人のために何が出来るか

これからの世の中どうなるんだろうって、不安だと思う。自分は生きていけるのか。ちゃんと暮らしていけるのかぼくの所にこんな若者が来る。

「茂木さん、オレ、そのうちビッグになるんで見といてください」

そういうやつでビッグになったやつ、見たことないんだよね。なんでかっていうと、君たちぐらいの時って、自分がやっぱり一番精一杯なんよ。なんとかして自分が生きていきたいと思うわけじゃん。ね。

ところが、人間って面白くて、発想を変えないと生きていけないんすよ、この世の中って。

自分は他の人のために何が出来るんだろう、って発想を変えた時に、初めて道が開ける。自分って世の中に1人しかいないだろう。だったら、自分のために、って一人分のエネルギーしか出ないじゃん。みんなのために、って言ったら、みんなは世の中にたくさんいるじゃん。だから沢山のエネルギーが出る。

みんなのためにやる時、他人が見えないといけない。

自分の好きなものは知ってるでしょ?世の中には君たちとは違う思考性を持って、悩みを持っている人がいます。そういう困った人たちがいるときに、君たちはその人達に何が出来るんだろう、って発想を変えて、他人のためにがんばると、世の中は「ありがとう」と言って、君たちの所にものをかえしてくれる。

君たちにしか出来ないことをやれ

人工知能と他人のために何かをする、の間には深い相関がある。それが、君たちが働く中で見つけていく、一番おもしろいことさ。経済の中で生きる、ってこと。経済は面白いぞ。マーケットって面白いぞ。

沢山供給されたら、物の価格って下がるよね。じゃあ、君たちが、世の中の人に役立つ人になるためにはどうなればいいんだ。コモディティ化しちゃいけないんだろう。

君たちにしか出来ないことをやればいい。これは誰でも出来る、のであれば、君たちのもらう賃金は下がる。これはこの人にしかできません、っていうと、じゃあ少しでもお金出すからやってください、ってことになる。

ここからが一番のポイントなんすけど、人工知能の発展によって、何が市場の中で希少なもので、何が有り触れたコモディティであるか、ということが、変わるということです。これから。ここにこれから君たちが働く世の中を理解する最も大きな鍵がある。

勉強が苦手だったやつは安心しろ

ぼくは日本の偏差値入試にずっと批判的です。君たちの中には京大も福岡大もいるけど、俺の中ではそれぞれの大学の偏差値なんて、まったく興味がないし、そんなことで人間は評価しません。そのような能力はこれからまちがいなくコモディティ化していく。

センター試験のような学力検査をこなすことが出来る人工知能がこれから出てきている。東大入試に受かる人工知能が出てきている。人工知能が受かる能力に価値があるのか、っていったらないだろう、もう。

っていうことはさ、安心しろ。君たちの中で勉強が苦手だったやつ。大逆転だよ。京大の奴、お前らのアドバンテージはこれから減っていく、ってことだよ。どうする?

あのさ、マーケットっていうのはそういうもんなんだぞ。昔は大学卒は希少財だからチヤホヤされた。今は大学行くだけでは保障にはならない。それは厳しいようだけど、こんなおもしろいことはない。

ブルーオーシャン

人工知能が幅を利かす時代に、人間はどういう付加価値を作れるのかな?

これってブルーオーシャンの話なんだよね。ブルーオーシャンっていうのは競争相手がいない。例えばiphone。この便利なiphoneは出た時ボタン一個だったんだよ。ジョブズがボタン一個にした時の驚き。これが当時はブルーオーシャンだった。今はスマホがたくさんあるけど。

じゃあさ、君たちはどうしたらコモディティティ化できないのか。

世の中の動きをほんとによく見てないとだめだぜ。「俺の~」ってなんなの?「いきなりステーキ」あれってなんなの?経済の中で斬新な影響を与えているわけじゃん。ブルーオーシャンなわけさ。経済っていうのはそうやっていつも動いてるんだよ。面白くない?

世の中で困ってることは何?

君たちによく考えてもらいたいのは、世の中で困っていることとか、必要なことってなんなのかを考えてほしいんだよね。

人工知能を使って君たちがどういうソリューションを提供できるのか。こんな面白い事ないじゃん。いろんなオポチュニティがあって、そこで君たちがやるべきことは、どうしたら他人のためになれるのか、ということ。

わかるよ、君たち。恋人が欲しいし、デートがしたい。気持ちはわかる。不安だよね。私食べていけるのかな、とか。人間ってさ、自分が食べる、恋人が欲しい。その不安から守りに入る。わかりますよ。

全方位な人になってほしい

だけど、騙されたと思って、他人のために何ができるのか、をやったら、すごく楽しい人生が間違いなく待っています。その時に、一つはグーグルみたいな先端企業の動向、もう一つは、まちを歩いて、まちの雰囲気、あとは世の中の人が何に困っているのか、それに目を配れるような、全方位な人になってほしいな、と思います。

実践的なアドバイス

  • 会社に入ったら、先輩に可愛がられるような人になったほうがいいよ。君たちまだ何もしらないじゃん。戦力にすぐにはならない。コバンザメになる。先輩についていって、素直に教えてもらう。可愛がってもらえる、というのは色んな意味で得。「この人」と思える先輩についていって、その人と時間を共にすること。
  • フローを覚えてほしい。働くって辛いんだろうな、っておもっちゃいがちなんだけど。実は、集中して最もパフォーマンスがあがる状態というのが、脳にとっては一番楽な状態なんすよ。それをフローと言います。フローというのは楽な状態。フローに入ると、集中してリラックスして時間が経つのを忘れて、仕事自体が報酬になる。仕事自体が目的になる。フローになるためには、自分のスキルと課題が一致すること。ということは、君たちは社会人なり立ての頃はスキルが足りないから、フローにすぐには入れない。じゃあ、どうしたらフローに入れるのか、というと、スキルをあげていくしかない。でもね、楽しいもんだよ、フローに入って仕事をするのって。
  • 自分を見つめてほしい。人間の脳で一番素晴らしいのは個性。個性と言うのは欠点と長所が表裏一体になったものです。その個性を見つけるというのが、君たちの最大のテーマ。そして、君たちの個性を写してくれるのは他人です。見かけは鏡を見ればわかるけど、自分の個性は他人と言う鏡をとおしてでしかわからない。なので、これから君たちがこれから出会う様々方に移る自分の姿を、他人によってうつる姿が違うからね、そういう自分の姿を見ながら、自分の個性と言うものを、欠点・長所を含めて、まるごと受け入れていけるような、そういう人になってください。

興味 ・ 得意なこと ・ 将来の夢

心理カウンセラー・心屋仁之助さんが、今から8年前の2008年に書かれたご自身の記事を取り上げていました。

その記事で3つの課題が書かれていました。

  • 今、興味のあるモノはなんですか
  • あなたの得意なことはなんですか
  • あなたの、将来の夢はなんですか

心屋さん曰く「この三つだけでも即答できるようにしておけば、怖いものは減りますよ。そして、人生が動き出」すそうです。そういえば、サムネイル画像=はれ君が頭に乗ってる画像も思い描いていた夢の1つです・・・(笑)

みなさんも良かったらご自身のブログやツイッターで書いてみてください。

20160314_093547.jpg
気を付けしながらサインをもらう様子

ぼくもこの課題をブログに残します。

あなたが今、興味のあるモノはなんですか

  • 「生野区で合唱団を作ろう」のドキュメンタリー
  • 子どもを持つ男性フリーランスの働き方
  • PeriscopeやFacebook LiveでSNSがどう変化していくか
  • 誰もが持つ何かしらの「才能」の引き出し方

あなたの得意なことはなんですか

  • 初対面の人とも壁が無くすぐ馴染む(teatimeのママより)
  • 話の要点を文字化すること(はしづめも
  • 思いついたアイデアはすぐ行動
  • 合唱の指揮(笑)
  • 響く声を出すこと(笑)
  • 掃除して部屋を整えること
  • 嫌なことがあってもすぐ忘れること

あなたの、将来の夢はなんですか

  • 合唱の力で性別・国籍・年齢・上下関係の壁を超える取り組みを仕事としてすること
  • 生徒さんの未来を応援すること
  • 仲間と海外公演に行ってみたい
  • はれ君の応援
  • 家族でストレスなく暮らすこと

そういえば、これを書いていて、自分は地元で獅子舞をしていたことを思いだした。小学校2年生の時に子役をやり、高校2年生の時にお頭(獅子役)をやった。むっちゃ楽しくて、その原体験が、今も舞台をやり続けているエネルギーなんだろうな、と思う。

大阪・桃谷で楽しく表現力の訓練

昨日は桃谷でげきトレ】を開催しました。3人の御方に参加して頂きました。ありがとうございました。

20160312_165055.jpg
水着見てサボってないよ、youtubeを音源代わりにしてます

げきトレは演劇のトレーニングを行うことで、【発声・滑舌・身体の使い方・集中力・聴く力・想像力・創造力・感情の解放・遊び心・協調性・テキスト(脚本)を分析する力】を鍛えます。

生徒さんのご感想を紹介します。

今日、参加させてもらって、自分は演じることが好きなんだと改めて思いました。

台本を使った練習で、セリフを言って入り込んでいくのが楽しくてワクワクしました!どういう気持ちで言ってるのか…とか、正直、去年舞台に立ったときは深く考えられなかったけど、今回はそれを考えてみたいと自然と思えました。
他、自分て普段は目つき悪いんやーとか、小さなことを面白いと思えなくなってたんやー等、細かいことにも気づくことができました。貴重な機会をありがとうございました。

昨日、生徒さんを見て思ったこと。

まず、少人数だと一人ひとりがしっかりトレーニング出来るな、という実感です。今後、げきトレは3人程を定員にしようと思います。

つぎに、「何かのため(オーディション・キャリア・スキル)にトレーニングする」のではなく、楽しんで演劇をした結果、「スキルが身についた」「オーディションで役を勝ち取れるようになった」。げきトレはそんな価値観で進めたいな、と思いました(状態⇒結果)。

細かく詰めて訓練するけど、その詰める行為がそもそも楽しい。げきトレはこんな空間を目指します。

今後、げきトレは、より表現者のための訓練の場にしていこう、と思っています。脚本を丁寧に読み込み、それを身体で表現できるようになる。舞台での発表もコンスタントにしていこうと思います。

プレゼンテーション力を高めたい方、表現者としてパフォーマンス力を磨きたい方におすすめします。参加者の方々が舞台・職場などそれぞれの分野で輝かれることを、げきトレは応援します。

design (15)
次回は4/9(土)に単発開催。一名のみ募集します。

自分の周りに圧倒的に優れた人がいて、自分の非力さを感じた時はどうすればいいか

質問を頂きました(SHOWROOMでここトレ)。ありがとうございます。

自分の周りに圧倒的に優れた人(そう自分では思っている)がいて、自分の非力さを感じた時はどうすればいいか?

弱い自分を受け入れよう

周りにいるその人も圧倒的に優れているけど、そんな相談者さんも圧倒的に優れた「何か」がある。誰もが何かしらの才能を持っている。ぼくはそう思います。

だから、周りと自分を比べる必要はないです。

「他人と比べて自分を非力に感じている」ということは、相手に〇をつけていて、自分にバツをつけている、ということです。まずは、自分にも〇をつけてみてください。

ぼくの思う〇の付け方は、自分の「かっこいいところ」「すぐれているところ」「強いところ」だけを〇にするのではなくて、「ださいところ」「劣っているところ」「弱いところ」もOKだと認めてあげることです。

「弱さ」は武器になります。

「飽き性」ということは、裏返すと「好奇心が旺盛」ということ。「頑固」ということは、「芯が強い」ということ。「いきあたりばったり」ということは「柔軟」ということ。

だから、自分のダメだな、と思っているところを大切にしてあげて下さい。応援しています。

夢を叶えたいけど一人で踏み込むのが怖い

できるようになったら、やる、ではなくて、やるからできるようになる

ぼくの名前はだいすけです。

だいすけの「すけ」は、「輔」という感じです。意味は「助ける」。人様にとって「大きな助け」になるように、という意味が込められているのかもしれません。

確かに、相談者の方からの質問に応えるときは、自分の恥ずかしいエピソードもへっちゃらで喋れてしまいます。

screenshot_2016-03-10-11-30-11.png
前回は161人の方に来ていただけました。ありがとうございました。

SHOWROOMでここトレを続けています。昨日はこんな質問を頂きました。

コミュニケーションのとり方がわからない。今までしてきたコミュニケーションのやり方が良いのか悪いのかわからなくなってきた。

相手の気持ちを考えたら自分がおかしくなるし、かといって自分の考えをを押し付けるのは嫌。自分を犠牲にしたらいいのかとは思うけど、、

その後、相談して下さった方は、音楽のバンドをされているということを教えてくださいました。そして、お悩みの核心が出たように、ぼくは思いました。

ソロの話もあったんだけど、まだそこまで自信がない。夢を叶えるのはソロの方がいいと思うけど、今、一人で踏み込むのが怖い。

相談者さんには聴覚障害を持ったお子さんがいらっしゃるようです。

聴覚障害を持った子どもがいて、それから手話で音楽を伝えたいと思うようになった。聴覚障害の人にも音楽を知る権利があると思う。

素敵な夢です。

ぼくが相談者さんに伝えたことは、自信が無くて踏み込むのが怖いかもしれないけど、「できるようになったら、やる、ではなくて、やるからできるようになる」ということです。

バンドの仲間とはこれまで通り、音楽を一緒に楽しもう。そして、自分一人でソロ活動も始めてみよう。最初は怖いかもしれないけど、舞台に立ったらそれが経験となって自信にもつながる。才能は経験。

そんなことを伝えました。

色々やり方ってあるんですね、メンバーといながらやるなんて思い浮かばなかった。気持ちが楽になった

応援しています!

そもそも「音痴じゃなかった」

129 人は誰でも驚くほどの輝く力を持っている

人を一瞬で判断するものではない。

ボイトレの生徒さんを見ていて心からそう思う。その人にキラリと光る良いものを見つけてしまったら、途中で諦めずに、ずっと伴走してあげると、生徒さんに必ず変化が訪れる。ボイトレをしていてそんなことを心から思った。

Mさんは10代の女性。

第一印象は大人しくて、他人のいうことをよく聞く素直で真面目な女の子。歌声を聞かせてもらった。自分の魅力を抑えているようにぼくは感じた。もったいないな、と思った。音程も正確だし、歌心もある。彼女は高音に苦手意識があるらしく、男性の曲を選んでいた。

CdARnTfVIAA4dFw
当時書いていたメモ

ぼくは彼女に「大丈夫だから、本当はやりたかったあの曲をやってね」と伝えた。彼女は少しずつ少しずつ自分を出すようになっていった。

合計約10回のボイトレを終えた。

ぼくは沢山の人に彼女の歌声を聞いてほしいと心の底から思う。それはもちろんMさんの音楽が素晴らしいから。そして、人は誰でも驚くほどの輝く力を持っている、と再認識したからだ。

きっとMさんは近い将来、ファンに沢山の幸せを届けるアーティストになっているだろう。ずっと応援しています、またライブ呼んでね(*^^*)


design (2)

design-8
03/12(土)14:00 – 16:00 大阪・桃谷で開催します
design (4)
【一席増やしました】(03/10 15:57 現在) 新しくお申し込みを頂いたので、葉菜茶のママと相談して、もう2席増やしました。一席はキャンセル待ちの御方にご案内しましたので、残り一席です。よろしくお願いいたします。