128 ぼくらは誰もが『ハロルドの摩天楼』を自分の内側に持っている

生野区の友達でもあり、プロジェクトのパートナーでもあり、音楽の先生でもあり、子育ての先輩でもある、作曲家の朴守賢(ぱく・すひょん)さんが、大阪成蹊女子高等学校吹奏楽部第6回定期演奏会で指揮をする、ということで、昨夜は大東市のサーティホールに行ってきました。とっても良かったです。

朴さんを改めて尊敬します。

0324
ぼくと朴さんとの出会いはこちら

※ ここでは音楽をやってる人が読んでも何の為にもならないことを書きます

朴さんは自身の解説で『ハロルドの摩天楼』をこう表現します。

書き終えた曲から都会的なイメージを得て、超高層ビル群を指す「摩天楼」を曲名に付しました。例えば、序奏ではそびえ立つ摩天楼の空間の支配力やそれに対する畏怖の念、Allegroでは都会の人々のエネルギッシュで活発な生命活動、Lentoではそんな人々が一人の時に垣間見せる、もの悲しげな表情といったところでしょうか。(曲名もイメージも後付けなので、曲自体は決して描写音楽ではありません。)

※ 参考演奏

まず、この8分ほどの曲を、自分の内側から生み出されたことに、素直に驚きます。そして、同時に思います。

ぼくたちは誰もが朴さんのように『ハロルドの摩天楼』のような想像力・エネルギー・感情・表情を自分の内側に持っているのだと(ちょっとかっこつけてますね。それは、昨日の朴さんに刺激を受けたからです(笑)でも、ほんとにそう思う)。

ぼくたちは外側から言葉を過剰に与えられている。「こうしたら正解だよ」という価値観を与えられすぎている。そして、社会的な役割・立場・躾を全うすればするほど、自分の内側にある「何か」を感じにくくなるのではないか。

そもそも、自分の内側に沸き起こってくる感情や表情は白黒はっきりしたものではない(嬉しいのに悲しい、など)。感情は言葉のようにクリアカットに表現できるものではない。朴さんの表現活動を見ていると、そんなことに改めて気付かされる。

他人の価値観で行動するのもいい。

しかし、朴さんのように、時には自分の内側に耳を傾ける。そして、「正解」を基準に行動するのではなく、自分の「直感」や「美しいと感じる心」を信じて行動する。そんな生き方も、ぼくたちは日常生活の中で出来る。そう思いました。

朴さん、生徒のみなさん、素敵な時間をありがとうございました。

12823001_477991169076518_1121892491_o


design (4)
満席になりました。ありがとうございます。
design-8
03/12(土)14:00 – 16:00 大阪・桃谷で開催します

design

design (2)

【127 こだわりは楽しい】

なんでもいいですよー
僕、そのへん
拘(こだわ)りないんで。
by はしづめだいすけ

そう。

普段、他人から見ると、ぼくはこだわりの少ない人間のようだ。確かに、言われてみるとそう思う。

スタイリストから「髪型はどうされますか?」と美容室で聞かれたら、それはもう一言。「好きなようにしてください」に決まっている。

だってそうでしょう。

ぼくみたいな素人の感性でスタイリストさんにあれこれ口立ちするよりかは、その道のプロに好き勝手やってもらったほうが、絶対美しく仕上がると思わないか。

他人から「これをこう直して」って言われたら、もちろんすぐに修正する。

自分の考えなんてちっぽけなものだ。

相手の方が大きな視点から見えていることの方が多い。素直に相手の言うことを聞いた方が、物事は良い方向に進みやすい。

うん。確かに、こだわりは少ない。でも、そんなぼくが昨日、かなりこだわったこと。それがこれ。

design (4)
ぼくがこのデザインを作りました ↑

わいざんにここであえて言いたい(わいざん ・・・ トークショーのパートナー)。

わいざん。

いいかい。

ねえ、わいざん。

昨日、Facebookに、まるで完成かのように上がっていたけどね。

製作途中だったからーーー(泣)

スマホに「写真、もう少し上」ってメモまでしてたから(/_<) ナケルネェ

screenshot_2016-03-08-06-23-38.png

「写真を、あと2mm上にしたら、美しくなるだろうな」「『人生』と『には』の間をもうちょっと詰めようかな」「黄色線の中の黒字はもう少し右寄りだな」「ああ、楽しいなあ、楽しいなあ、橋爪家の部屋のレイアウトは妥協の産物だから、全て自分でバランスを整えるのって楽しいなあ(^ー^* )フフ♪」って嬉しく作業をしていて、中断していたら、Facebookにもうあがってた。

∑(゚□゚;)ガーン(。□。;)ガーン(;゚□゚)ガーン!!

楽しい時間終了(笑)

まあ、でもさっそく申し込んで下さる方がいらっしゃったから、どうでもいいや(笑)

わいざんのおかげで、毎日がとっても楽しいです。わいざん、ありがとうね。

わいざん写真集

20160219001031
馬に躾するわいざん
20160204010236
恵方巻きをかっこよく食べるわいざん
20160217154401
・・・もう、よくわからん(笑)

お知らせ

そんなわいざん(広島)が大阪に来ます。ぜひ、みなさんも、わいざんと交流してみてください。きっと、楽しいと思います。

4/14(木)わいざん&だいちゃん トークショー in 大阪 詳細はコチラ

楽しい人生には「笑い」と「いきあたりばったり」がいるから

こんにちは、はしづめだいすけです。

今度、初めてのトークショーを大阪(桃谷)で開催します。参加したいなって、思ったら、迷わず、ぜひ参加してください!

【トークショー in 大阪 参加表明フォーム】

【ゲスト】

横山文洋(わいざん)氏

20160217154401

広島で観光業を中心にコンサルティング活動を行うマーケティング・パートナー。

FacebookやTwitterなどのSNSを毎日楽しんで遊んでいるうちに、会ったことがない人にまで「わいざんっていう人、なんだか面白いね」と言われている、今やSNSの帝王。

そんなわいざんが、みんなから信頼されて好かれているのは「他人を想う気持ち」がハンパなくあるから。相手にかける一言・相手に送る一文字までも大切にしているわいざんから、学ぶことは多いと思う。

【対象】

  • 前向きに明るく楽しく生活したい方
  • 自分をブランドにしたい方
  • SNSを活用したい方
  • Periscopeを活用したい方
  • Facebook、ブログをやりたい方
  • 電子書籍を出版したい方
  • ビジネスや仕事を楽しみたい方
  • わいざん&橋爪と仲良しになりたい方

【内容】

2部構成を予定しています。

わいざんのトーク・橋爪のトークが前半。二人のトークが後半です。共通テーマは【個人の時代を生きる力】です。

二人とも独立して働いています。そんな二人が個人として生きる中で大切にしている『仕事の創り方』『良好な人間関係』『家庭』などを、<楽しく><柔軟(いきあたりばったり)>にお伝えします。

また、参加人数は10名程度です。参加者の方々との繋がりを大切にしたいと考えています。

※ 参考

【日時】

2016年4月14日(木)
11:00 開始 〜 16:00 終了予定

【場所】

和カフェ・葉菜茶
JR環状線・桃谷駅から徒歩2分

住所: 大阪市生野区桃谷1丁目6−16
電話: 06-6777-5722

トークショーの途中に葉菜茶ランチを食べていただく休憩&交流時間を設けます。葉菜茶ランチ&食後のコーヒーは、ぼくが本当にオススメするランチメニューですので、楽しみにして下さいね。

【料金】

参加費:10,800円(消費税込)
(葉菜茶ランチ代を含みます)

【振込先】

三菱東京UFJ銀行
生野支店
0107691
ミトミツク

お手数をおかけしますが、当日までにお振込をお願いしております。お振込手数料はご負担いただけますようお願いします。よろしくお願いいたします。

design (4)

参加したいなって、思ったら、迷わず、ぜひ参加してください!

【トークショー in 大阪 参加表明フォーム】

【125 淡々と楽しく継続】

レビューに感謝

昨日出版した三冊目の電子書籍『ここトレ 〜こころが気楽になる10のトレーニング』に、さっそくレビューを頂きました。とっても嬉しいです。ありがとうございます。

何度も何度も、読み返してみようと思います。こころのトレーニングとありますが私の中では、自然にこころが柔らかくなるような気がする本です

反応が嬉しい

1冊目・2冊目にシェアした時より、みなさんの反応が良かったです。やっぱり三冊出すと「あ、こいつ、本気でやってんな」みたいなのが伝わったのかな。それともレイコさんのイラストが良かったからかな。いずれにせよ、みなさんの反応がとっても嬉しかったです。

プロブロガーのイケダハヤトさんが数日前に熱いツイートをしていました(まあ、心屋さん的には「世の中はチョロい」そうですが、そこは置いておいて)。

三年続けよう

ぼくは継続+楽しみながらっていうのがポイントじゃないかな、と思っています。楽しく・たんたんと・継続。


【新刊出版中】

【次回のげきトレ】
03/12(土)14:00~ 残り一席

【今日のnote】 
勝手に決めつけるな~(;一_一)

【124 三冊目が今日出版】

おかげさまで、ぼくの三冊目の電子書籍『ここトレ – こころが気楽になる10のトレーニング』がAmazonのkindleから本日出版されました。こころを気楽にされたい、多くの方に届くと嬉しいです。

ここトレ
イラストとデザインはシュトウレイコさん

まえがきを掲載します

こんにちは。はしづめだいすけです。私の三冊目の電子書籍をご覧くださり、ありがとうございます。

この電子書籍のタイトルにもなった『ここトレ』は、「はしづめ君と会うと、なんだか会うだけで気持ちが前向きになるわ~」「はしづめさんは私の倍ぐらい時間を持ってる感じがする」「その秘訣を教えてほしい」こんな言葉を頂いたことがきっかけで、2015年に大阪の桃谷でスタートしました。

『ここトレ』は全五回。一カ月に一回ほど集まり、自分の抱えていることや悩みを仲間(五人程度)と共有します。

その『ここトレ』の場で、私は最初、「テキストはありませんよ~」なんて言葉を伝えていました。その場で、話を聞いて、その時、私が直感的に浮かんだことを生徒さんにお伝えする、というスタイルです。

一方で、生徒さんと何回も話したり、相談を聞いたりしているうちに、私の中にだんだんと「こうしてみたらどう?」という具体的なアドバイスが蓄積されていきました。あるいは、生徒さんの気づきや、生徒さんから頂いた感想を読んで私自身が新たに気づいた考え方もあります。

この電子書籍では、そういったアドバイスや、生徒さんの気づきを一冊の本としてまとめました。読まれた方が具体的に取り組みやすいように、項目は全て「動詞」(~してみる)で統一しています。

題して「あなたのこころが気楽になる十のトレーニング」です。

一つずつ、コンパクトにまとめています。どの項目から読んで下さっても構いません。ピンときたものがあればぜひ実際にご自身の行動に取り入れて頂けると幸いです。

この本があなたのお役に立つことが出来たらとっても嬉しいです。

最後に

表紙のデザインとイラストを描いて下さったシュトウレイコさん、そして、ここトレの生徒の皆さんに感謝を申し上げます。ありがとうございました。

『ここトレ – こころが気楽になる10のトレーニング』はこちら

【123 相手を想って発信しよう】

dsc_1028.jpg
ホッティーの塩

自分が情報を発信する。それがきっかけとなって、新しく人と人が繋がる。買う側も売る側も嬉しい。それを見ているぼくも嬉しい。

キャプチャ

 美味しいから伝える

DSC_1000
和ヌードル 鈴七

自分が食べる。ほんとに美味しいと思う。沢山の方々に知って欲しいと思う。だから、発信する。すると、その発信を見て、実際に食べに行って下さる御方が現れる。

キャプチャ.JPG

食べにいった方も嬉しい。お店の方も、ぼくも嬉しい。

相手を想って発信する

だから、伝えたいです。遠慮せずに、発信しよう。相手を想う気持ちも込めながら。そのほうが、きっと毎日が楽しくなるはずです。レッツトライ!


お知らせ

【122 仕事が忙しい】

昨日は97人の方に動画生配信でお悩み相談ここトレSHOWROOM 平日 10:30~)を見て頂きました。ありがとうございました。

sketch-1457053305953.jpg

昨日頂いた相談はこんな感じです。

暇になりたい。

やりたいと思って始めた仕事。忙しすぎて楽しいと思えなくなってしまった。プライベートな時間が全く取れないことが嫌。

今、取り組んでいる仕事を人に任せて、自分は遊びに行こう

配信が終わった後、ナイスタイミングで、注文していた心屋仁之助さんの新刊『がんばらない成長論』がAmazonから届きました。

さっそくペラペラとページをめくってみると面白いことが書かれていたので、共有します(5分)。ミッション、やってみて下さいね。

心屋仁之助 『がんばらない成長論

【121 飽き性で悩んでいる】

動画で生中継 + お悩み相談の実験を続けています。

昨日は139人の方が生中継を見て下さいました。どこの馬の骨だかわからない個人が、139人と時間を共有する。エキサイティングな時代だと思いませんか。

そんな中、頂いた質問はこんな感じ。

自分は飽き性です。

最近、イベントをしました。そのイベントに遊びに来てくれた人から「またしてほしい」と言われた。でも、自分はもうそのイベントに飽きたので、もうしない、と答えた。その方の期待を裏切ったような気がして申し訳ないな、という気持ちもあって、少し気になっている。

飽き性は弱みでもあり武器でもある

自分の思い込んでいる、その弱みこそが武器になる。

例えば、ぼくの大好きな茂木健一郎さんは、ご自身のことを「1人学級崩壊」と言っています。勉強会とか行事中とかで、落ち着かずに全体の流れをほっておいて、勝手に何かをし始めるそうです。

でも、その1人学級崩壊は裏返すと、人目を気にせず、自分のやりたいことに突き進める力とも言えます。

飽き性もそうです。

飽き性っていうことは、新しいことに着目するのが早いってことです。要はリフレーミングです。

リフレーミング(reframing)とは、ある枠組み(フレーム)で捉えられている物事を枠組みをはずして、違う枠組みで見ることを指す(Wikipediaより)

自分が短所だな、って思ってることって、枠組みを変えると、武器になります。

「期待を裏切った」について少し言及

もちろん、武器は力にもなれば凶器にもなる。

だから、使い方は学ぶ必要がある。でも、一度怪我してみないと、その痛さはわからないし、痛さがわかるから、だんだん武器の使い方もわかってくる。「自分の良さ」+「思いやり」のバランスなんじゃないかな、と思います。

一緒にがんばりましょう!

だいちゃんのSHOWROOMはこちら

【120 フリーは不安?】

SHOWROOMの実験を続けています

どんな実験か、一言で書くと【生中継の要素を含んだSNSの場で、質問に答えることで、人生が前向きになるように考えよう!】(=ここトレのネット版)です。

* これの何が凄いかって言うと、ネットがリアルにかなり近づいてきている、ということです。ほぼタイムラグなくリアクションがある。

生中継系の動画サービスの台頭(SHOWROOM、Periscope、Ameba FRESHなど)で、もはや、ネットかリアルか、みたいな二項対立からは次のステージに向かっていると思います。

20160302_131858.jpg
目の前にアバターがいるので、存在を感じやすい

本題

さて、昨日はこんな質問を頂きました。

フリーでやっていくのに不安になる事ってありますか?お金の事とか、、

それに対して、ぼくは298点の話をしました。(過去記事:稼がなくても妻が喜ぶ主夫について)。

ここでのポイントは、結局、どういう生活をしていたとしても、「なんとかなる。なるようになる」ということです。

そして、なんとかならないときは、身内に頼ろう、と伝えました。すると、こんなコメント。

なかなか人を頼れない性格なので

頼ってもいいし頼らなくてもいい

自分が「苦しいな」「大変だな」という状況に陥った時、「頼れない人」は「頼らない」という選択肢しか持っていないので、さらに自分一人の力でなんとか乗り切ろうとします。そしてさらに苦しくなる。

一方で、「頼ることが出来る人」は、苦しい状況の時、「頼ること」も選べるし、「自分一人の力で解決する」ことも選べる。

つまり、頼ってもいいし、頼らなくてもいい。どっちでもいい。と自分に許可することが出来れば、気持ちはかなり楽になります。

おすすめのエクササイズ

人を頼るのが難しい方におすすめのエクササイズをお伝えします。それは「とりあえず、小さいことを頼ってみる」です。

例えば、昨日の相談者さんには、こんなことをお伝えしました。

(1)仲間に「肩揉んで?」と言ってみる。(2)コンビニでオレンジジュースをおごってもらう

ポイントは、「肩を揉んでもらった!」「ジュースをおごってもらった!」という結果は・・・どうでもいい!ということです。自分の口で「揉んで?」「奢って?」が言えた。これが大切です。言えたら癒える

そうすると、自分の選択肢の中に「頼る力」が徐々に芽生えて来ます。

一緒にがんばりましょう(*^_^*)

* ここトレに興味のある御方はこちらをご覧ください

【119 ジュルスケ ガラガラ その後】

昨年の12月、ブログで「スケジュールがガラガラ」という記事を書きました。するとこんな反応が返ってきました。

ええええ~!あんなスケジュールで生活費稼げるんですか~?

もちろん誰もが不安はあります。

でも、その後、コバが書いてくれたコメントに、ぼくは思考をフォーカスしています。

そのうち忙しくなるから♪

じゃあ今、何をしているか

まずやるべきことは、はれ君の送り迎え洗濯物を畳む・夕食の準備です。進んでやっていることは部屋の掃除

それらをやったとしても、まだ7時間ぐらいは時間があります。基本的に毎日しているのはブログを書くこと。あとは、何をするかは特に決めていません。意識的に「余白」を作っています。

余白を作るとどうなるか

直感的に、「これ、面白そう!」という対象が現れた時に、すぐ「行動」に移すだけの時間があります。

例えば、正月に「電子書籍って面白そう!」と思いました。それで、集中して原稿を書くことが出来たのは前もって余白を作っておいたから。

あるいは、先週、SHOWROOMってすごいな、と思いました。でも、時間が無ければ実験することが出来ない。これも、スケジュールに余白があるから。

何が言いたいか

もし、今、自分のライフスタイルに迷いがある御方は、一旦「やめてみる」「あけてみる」ことをおすすめします。

本当はやりたくないのに、今、やっていることを、やめる。

ぼくは去年、その言葉を心屋さんから学びました。

もちろん、今やっていることの中には、「お付き合い」とか「気遣い」などの感情も混ざっているものもあるかもしれません。そこにあるのは「優しさ」です。だから、「やりたくない」と「気遣い」の境界線は曖昧です。

それでも、やっぱり、「やだなあ」と思うことを手放していくと、人生が前進していく、、こともあります(*^_^*)

一緒にがんばりましょう!