ブログが続かない。どうしよう

先日、大阪でトークショーを行いました。その後、参加者の方が感想を書いてくださっています。感謝。

熱く語るわいざんさんに対して、穏やかな雰囲気で核心を突くような話し方をするだいちゃん。2人が作り出す独特の空気感がしっかり会場を包んでいました。2人に共通してるのは「愛を持って語る」って事かな。(あっつー・田舎の温泉屋のブログより)

今日は、感謝の気持ちをこめて、トークショー中に出た質問を改めて文字にしたいと思います。

質問はこちら。

Q ブログが続かない。私の性格は飽き性で、めんどくさがり、気にしいで、すぐ疲れる。即効性を求める。どうしましょ?

ブログは仕事と捉えている

ぼくは去年の11月からブログを毎日更新しています。

なぜ続けるか。それは、ブログを自分の仕事に活かしたいと思っているからです。だから、ブログはもはや仕事。ルーチンワークだと捉えています。

仕事なので、一日の中で「ブログを書く時間」を必ず設けます。基本的には、朝6:00過ぎ~息子が起きる7時頃までの時間帯に書く。

もしも、寝坊した時は、保育園に送った後、いつも利用するカフェでモーニングを食べた後、書きます。

CfZbSz_UkAAJo9H.jpg

ですので、午前中には、その日のブログはほぼほぼ公開できる状態にしています。

もちろん、何も書くことがない!あるいは、書いては消し書いては消し・・・という日もあります。そんな時は、息子の写真を3枚ぐらい載せて、こちょこちょっと文を書きます。しかも、そんな投稿の方が喜ばれることも多いので、不思議です。

とにかく、そんなこんなで、現在163日連続でブログを更新し続けています。要するに、ブログを書く時間を確保する、ということです。

では、メンタル面。

飽き性について。

これは、何に飽きるのかをもう少し深堀するといいかなとは思いますが、例えば、ぼくも、ブログを書き続ける中で、飽きて辞めたことは沢山あります。

例えば、以前は改行を多くしていましたが辞めました。あるいは、以前はブログを5,6本ストックして毎日のブログの最後に『明日のブログは、、』みたいな次回予告をしていましたが辞めました。

そんな感じで、ブログは書き続けているものの、その中で飽きて辞めたことは結構あります。何に飽きるのでしょうか?ブログを書くことに飽きるのかな?

でも、ブログを書くこと=仕事と捉えたら、とりあえず、大前提としてブログは書きますよね。じゃあ、ブログを書く中で、その何に飽きるのか、ですよね。考えてみて下さい。

めんどくさがり

これは、ブログを書く時間を確保することによって、クリアーできるかな。例えば、ぼくみたいに、カフェに行ったら、そこではブログを書くことしかやることがない。そんな空間を自分で設定されてはいかがでしょうか。

気にしい

これは簡単です。自分のブログなんて意外と誰も見ていません。

あとは、「誰か一人のことを想って書く」につきます。自分の発信したブログや投稿が、その「想った相手」に届いたのであれば、もう目的は達成したも同然。あとは、いいねの数がどうとか、コメントが入ったかどうか、なんていうのは、自分ではコントロール出来ないことです。

一人を想って書くと楽です。

すぐ疲れる

寝ましょう!早く寝るのが一番。深夜に起きていても、妄想が膨らんで悶々とするだけです。寝ましょう。

即効性を求める

「ブログは記事数が1000ぐらいになってきてから結果が出始める」と藤村正宏先生はおっしゃっていました。だから、こつこつこつこつこつこつこつこつ継続することが大切だとぼくも思っています。

あとは、イベントを企画して、ブログで告知されると、いいリフレッシュになるかもしれません。興味を持って、申し込んでくださる御方がいると、つまり、反応があると、嬉しいので。

応援しています。

p.s.

というわけで、さっそく新しい企画です。

design