児童館で合唱のワークショップ

昨日は、京都市の醍醐児童館に伺いました。

10人で合唱の演奏とワークショップを行いました。時間は40分程度です。子ども達の人数は約40人。小学生ばかりでした。

dsc_0015.jpg

駅の改札にて、メンバーと。偶然、服装が一緒でした!

58120.jpg

控室にて。

dsc_0026.jpg

ワークショップがスタート。今回は『世界に一つだけの花』を歌おう、をテーマにしました。

dsc_0030.jpg

(1)最初に、まずはぼくたちで歌います。

dsc_0027.jpg

演奏が始まった瞬間、真剣に聴いてくれている様子が伝わってきました。

dsc_0035.jpg

(2)次に、男の子と女の子に分かれて、パート練習をします。

dsc_0041.jpg

(3)最後に円になって皆で歌います。

子ども達はとってもエネルギーがありました。歌う時は集中力もあり、ぼく達も楽しい時間になりました。児童館の子ども達・先生方、ありがとうございました。

アーティストが児童館や福祉施設に直接出向き、そこで演奏をしたり、参加型のワークショップをすることをアウトリーチと言います。

ぼく達の合唱団アンサンブルエバン京都市東部文化会館アウトリーチ協力団体に登録されており、東部文化会館からのオファーで、ワークショップや演奏会を企画・実施しています。