白谷麻衣さんの書籍制作をする中で感じた麻衣さんの光と影

白谷麻衣『自分らしく輝く美人の作り方』がAmazonのkindleより発売されました。

design

 制作する中で感じたこと

橋爪出版は今回の電子書籍に関して全般的なサポートを行いました。

制作期間中の4日間、主に麻衣さんが書いた文章を通じて、改めて麻衣さんの過去や考え方を知りました。

そして、麻衣さんの魅力は、現在の光の部分はもちろん、過去の影があるからこそ人は勇気づけられるのだろう。そう思いました。

ぼくが最初に麻衣さんに提案した表紙案はこれです。

design

ぼくは現在の光の麻衣さんの印象が強かったので、テイストも自然とポップな感じで仕上げました。

でも、確かに、麻衣さんと付き合えば付き合うほど、

design.png

こちらがしっくりきます。

これを生み出したのは横山文洋です。

ぼくは彼のディレクションのまま、レイアウトの作業を進めました。麻衣さんの全体を見ているからこその出来上がりです。やるな、横山。

DSC_9576

左が横山文洋
右は生涯を共にする写真家・つっちー

 なりたいように、なれる

表紙の帯にある「いつからでも、今どんな状況でも、自分のなりたいように、なれる」。

この本は、まさにこの一言に尽きます。

今がどんな環境だったとしても、それは未来をどう生きるかには関係ない。むしろ、麻衣さんのように、過去の経験が、現在をより一層輝かせることもある。そんな勇気をもらえる本に仕上がっています。

でも最後に、
麻衣さん、
これだけは言わせて。

ぼくね、
合奏(がっそう)指揮者じゃなくて、

キャプチャ

合唱(がっしょう)
指揮者ですから!!

残念!!!

麻衣さんのこれからのご活躍を心よりお祈りしています。電子出版、本当におめでとうございます。

自分らしく輝く美人の作り方