【話し方】人前で話すときに役立つ2つのテクニック

昨日は、人前に立つ前までにどんな準備をすればいいかについて書きました。今回は、話しているときに取り入れると効果的な2つのテクニックについて書きます。

その1 出だしは大きな声でゆっくりと

音楽の演奏もそうですが、お客さんは出だしの5秒ぐらいで「あ、この演奏は聴きたいな」「この演奏は流し聞きしよう」と直感で感じるものです。最初の数秒の出だしが、その後のパフォーマンスの行方を決める、といっても過言ではないです。

どういう始まり方をするかは、色々な方法があります。でも、ぼくが思う最もシンプルで効果的なのは、大きな声でゆっくりと話すことです。

お客さんは言葉が聞き取りにくいと、徐々に聞こうとするモチベーションは低下していきます。ですので、特に最初はしっかりと大きな声で情報を届けていきたいです。

さらに、だいたいにおいて、スピーチの冒頭は、まだ会場が落ち着いていません。ですので、ザワザワを整えていくという意味でも、最初は「やや遅いかな」ぐらいのスピードで、ゆっくり時間をかけて話すことをおすすめします。

その2 足踏みをしてはいけない

これはとっても大切なことです。ぼくはここで『この人が緊張しているかどうか』を観察しています。

人間、どうしても緊張すると、身体がふらついてきます。腰が左右に揺れて、足が地面から離れる頻度が多くなる。下半身の支えがなくなってくると、声にも力がなくなり、エネルギーが散ります。

なので、話す立ち位置を決めたら(バミったら)、慣れないうちはそこから一歩足りとも足を動かさないほうが良いです。もちろん、身振り手振りは取り入れても良い。でも、足だけは動かさないほうが良い。

この2つを意識するだけでも、スピーチのクオリティはあがります。ぜひ取り入れてみてくださいね。

【生野区】いくのの日に参加しているお店が力を合わせて街と経済を活性化!

こんにちは!いくのの日の担当の橋爪大輔です。

おかげさまで、いくのの日に参加して下さるお店が増えてきました。毎月19日に旗を掲げて下さっていること、本当に嬉しく思っています。

さて、せっかく、繋がりが出始めてきたいくのの日で、これから【いくのバル】を開催したいな、って思っています。バルの語源はBAR(バー)という意味だそうです。詳しくはわかりません。

ぼくの認識しているバルはこんなイメージです。

(1)いくのの日に参加して下さっているお店で参加店を募り、実行委員会を作ります。お店の方、一人ひとりが主催です(2)実行委員会で開催日やどういうルールでバルをするか話し合います(3)各お店はバルメニューを準備、事務局はチラシや広報(4)そして開催!

まずは、実行委員会を作るために、動いていきたいと思います(杉本佐希子さん・サッキーよろしくね♡)。

生野区の街と経済をバルで活性化していきましょう。よろしくお願いします!

【話し方】人前で話す前に準備しておきたい3つの練習方法

人前で話すのは緊張します。誰でも緊張します。ぼくも緊張します。

でも、人前で上手に話す力は才能ではありません。技術です。

もちろん、中にはのように天才的に話の上手い人もいます。なんの練習をしなくても、頭の中に言葉が流れて、スムーズに口に出来る人がいる。

もちろん、大抵の人はそうではない。だからといって「自分は向いていない」と捉えるのは間違いだと、ぼくは思います。

人前で話す力は技術です。今日は、そのトレーニング方法をお伝えします。

その1 原稿を作る

テレビのアナウンサーは1分間に約300字のペースで原稿を読んでいると言われています。例えば、話す時間が10分与えられていたとしたら、約3000字の原稿を用意します。

原稿の書き方は本題からずれますが、話にストーリー(物語・流れ)があると、覚えやすいと思います。

その2 稽古をする

翌日が本番だと仮定します。

まずは、原稿を手にしながら、最初から最後まで話します。その際、ストップウォッチで時間をはかりながらすることをおすすめします。

その後は、何も持たずに練習します。手に原稿を持っていると、いつまで立っても次の段階に進むことが出来ません。ですので、一回持って喋ったら、あとは潔く、原稿は離しましょう。

最初は言葉が出てこずに詰まる場面も多いと思いますが、練習なので、気にせず最後まで話し切ります。それを最低2回は繰り返しましょう。そして、その日はもう寝ます。

翌朝、起きたら、移動の電車の中でも構いませんし、お風呂の中でも構わないので、今度は口に出さずに、あるいはボソボソと小声で話します。プレッシャーをかけるために、なるべく速いスピードで話すと良いでしょう。

その3 リハーサルをする

そして、本番の舞台会場に着いたら、一度ぐらいは実際に話す位置に立ってリハーサルをしておくことが重要です。あとは、本番の時間が来るまで、一回は壁に向かって練習します。

というわけで、合計6回ぐらい繰り返し声に出して練習しておくと、相当落ち着いて話すことが出来ます。

まとめ

練習すればするほど、本番では余裕を持って話すことが出来ます。6回ぐらいは繰り返し練習してみて下さい。