【フリーランス】男は稼がなくてはいけないと思うか、まあ主夫でもいいか、と思って過ごすかによって心の平安は変わってくる

昨日は後輩の披露宴2次会で京都に。

DSC_0072
ジッパー、おめでとう

翌朝、ぼくのブログを読んでくださっている方がメッセージを下さっていたので、時間を合わせて、四条烏丸のスタバで一時間ほどお話をしました。

DSC_0078.JPG
はれ君も近くの席でモーニング

聞かれた質問をブログのネタにしようと思っていましたが、話していたらすっかりメモするのを忘れました。

なので、大雑把に話をまとめまると、一寸先は闇でもOKと思えることが、日々を楽しく過ごせるコツなんじゃないかな、と思いました。

例えば、ぼくの場合で言うと、合唱団の活動をしているけど、このまま順調に行くかもわからないし、いかないかもしれない。

フリーランスとして仕事をしているけど、依頼がくるかもしれないし、来ないかもしれない。

闇は誰でも不安です。だからといって、その不安に駆られて将来の心配ばかりしていたら、「いま」がもったいないと思います。

境遇的にはほとんど皆一緒だと思うんですよ。でも「男は稼がなくてはいけない」と思って過ごすか、「まあ、主夫でもいっか」と思って過ごすかによって、心の平安は変わってきます。

なので、もちろん適度に将来設計することは大切ですが、過剰に心配をすることはやめて、今、楽しいな、面白いな、と直感で感じることをする。

そのエネルギーはやがて周囲に伝わるでしょうし、再び自分に還ってくる。そうなれば、未来も明るいんじゃないか。そう思いました。

一寸先は闇を一緒に楽しみましょう!