【電子書籍】何冊ぐらい売れるの?作るのに費用はいくらかかるの?という質問に改めてお答えします

電子書籍を作るのに10万円ぐらい費用がかかる、ってとあるサイトで読みましたが、それは嘘です。つくるだけなら、無料で誰でも出来ます。

もちろん、第三者に入って、原稿のチェックをしたり、表紙のデザインを制作してもらったり、というのであれば、人件費として費用はかかるかもしれません。

でも、原稿のチェックって、例えば自分のパートナーでも、友達でもいいわけです。

dsc_0053.jpg
妻の厳しいチェックが入る

表紙も、なんなら、Wordで作って、それをスクリーンショットしてjpeg変換すれば、自作出来ます。

電子書籍の良さは、コストをかけずに量産出来る点にあると思います。だから、最初からハードルをあげずに、自分の出来る範囲で最善を尽くした作品を、一冊一冊積み重ねていけば良い、とぼくは思います。

電子書籍って何冊売れるの?

そして、複数出版していると、中にはヒットする作品が生まれます。

ぼくの場合で言うと『好きなことをお金に変える力』。これがロングテールで、こつこつこつこつ売れ続けています。

design (2)

だいたい、2日に一冊程度の頻度で購入されています。ありがとうございます。

Screenshot 2016-06-22 at 08.47.50.png

ロイヤリティはどれぐらい?

ぼくは一冊500円で販売しています。

Kindle ダイレクト・パブリッシング (KDP) の印税率は約70%(紙の本は最大でも10%)。一冊売れると、だいたい、約323円の利益です。2日に一冊ということはだいたい一日あたり150円の不労所得です。

個人事業主にとって、複数から収入源があることは大切ですよね。だから、フリーで活動されている方に電子書籍はおすすめなんですよ。

もちろん、これを書くだけなら、ただのぼくの自慢話になるので、ぼくはボランティアで電子書籍代行出版もしています。

一緒に作りましょう。