ブログとFacebookがきっかけで、生野区に子育てママ達のチームが出来た!という話

朝起きたら、Facebookに嬉しいコメントを頂いていました。

screenshot_20160731-074510.png

ひとみさんの「橋爪さんと出会わなければ、今の私はなかったかも」という言葉には、さすがに少し胸が熱くなりました。

ブログがきっかけ

ひとみさんは、ぼくのブログを検索で見つけて、2/9にメールを送って下さいました(その時の様子は昔のブログにまとめています)。

生野区内には、気軽に通える英語教室がなく、オープンな英語サークルが近所にあればぜひ参加したいという声が多く、本格的サークルを立ち上げようと準備中です。橋爪さん、もしもご興味がありましたら、サークルの立ち上げの相談にのっていただけないでしょうか?

頼ってもらえるって嬉しいことです。さっそく連絡を取って3日後に会いました。そして、お話を聞いて、その場で英語サークルの投稿をFacebookにしました。

Screenshot_20160731-083237.png

繋がるママ達

この投稿をきっかけに『桃谷のキッズルーム』のかよちゃんこと中峯佳代子さんがメッセージを下さいました。4/19の2か月後にかよちゃんとも初めて会いました。

Screenshot_20160731-085819
右側がかよちゃん

その後、ママ達が徐々に繋がりはじめて、ひとみさんと初めて会った日から約3ヶ月後には、生野区で子育てチーム(いくすく子ネクト)が立ち上がりました。

DSC_0093

「夏休みに暇をしている子ども達が集まる場を」という想いで開催した7月の『第一回子どもお楽しみDAY』は予想を超えて大盛況に終わりました。

1469700419454.jpg

次回は8/25に第二回のイベントを開催します。

design

ぼくは合唱指揮者と名乗っています。

合唱指揮者の役割は『状況が違うバラバラな個人をチームにまとめて、声を出して主体的に歌ってもらうこと』。その仕事の定義を広げて考えると、ママ達の活動のサポートをすることは、合唱指揮者が行うことと似ているように感じます。

ママ達のチームが拡がっていってほしいので、これからもサポートしていきたいです。だから、ひとみさん、ママ達が20人ぐらい集まったら、いつか女性合唱させてください(笑)

劇団に勤めていた時に書いた4年前の文章

昨日から今年度の学校公演が始まりました。

私の勤務する劇団は、児童青少年に向けて劇を作り続けていて、30年近くロングランしている作品もあります。昨日はその長く続く作品の一つを、奈良県の小学校で上演しました。

私自身もその作品の公演班について数年が経つので、現場での一連の流れがだいぶわかるようになってきています。本番も少しずつですが、落ち着いて過ごせるようになってきました。

以前は「大きな声を出して体育館の後ろまで届ける」と指導されていましたが、今は「体育館の持つ響き」「その日の外の天候」「観客の集中力の度合い」によって、ある程度声の大きさは変わり、また、「前の台詞を受けてどう言うか」「セリフを言う前に『間』をどれぐらい取るか」など、他の役者とのコミュニケーションによっても、声の浸透する範囲が変わってくることを実感しています。

子ども達は何よりも素直な観客で、目の前の出来事が面白い、と感じるとグッと集中して、飽きてくると、ザワザワしていきます。

役者の初登場&第一声はとても大切で、力のある役者がセリフを言うと会場は気持ちの良いほど、シーンとなります。笑いが起きるポイントで度々笑いが起こり、作品がスムーズに進んでいきます。

なので、客席のだいたい反応というのはアンケートを読まなくても、リアルタイムでわかることが少なくないです。

さて、これらの経験は合唱団の活動とも通じています。

「作品をロングランすることで、見えてくるもの」「演奏する『場』の環境を掴むこと」「他の歌い手とのコミュニケーション」「演奏しながらリアルタイムで客席の様子を感じること」

私の仕事での体験をメンバーと共有出来たら、と思っていますが、合唱団の歩みはゆっくり進んでいます。まあ、焦らずに。

それにしても母親は凄い

昨日は生野区のママ達が夏休みの子ども達に向けて、イベントを開催しました。ぼくは生野区まちづくりセンターとしてサポートしました。

写真やアンケート結果はこちら

13879193_532555740286727_2615493964435416505_n

それにしても、母親って凄いな、って思います。かよちゃんの家族は男の子が3人。傍で見ているだけでもその大変さを想像しました。

男性は少しぐらい給料が少なくても、家庭や子育てにもう少し加わったほうが、地域にとっても家族にとっても良いだろうな、と思います。

システム的に難しい気もします。長時間勤務が当たり前。通勤により生活と仕事の場が違う。固定された勤務形態。

たとえば、ぼくの場合、昨日は、イベント後、まちづくりセンターのミーティングに出て、18時に息子を保育園に迎えに行き、冷蔵庫にあったナス・人参・じゃがいも・玉ねぎと肉を使ってカレーを作って、子どもに食べさせ、お風呂に入れた後、妻にバトンタッチして、20時前に再び区役所に戻り、22時頃までニュースレターの発送作業をしました。

通勤がなく、職場・保育所・自宅が隣接していて、かつ、仕事のやり方やシフトが柔軟だと、家庭と仕事の両方に貢献出来るな、なんて考えた昨日でした。