【ボイトレ】力のある声は人を惹きつける。人前でパフォーマンスをするときに、声の高低・大小を自由にコントロールすることで、豊かに表現することが出来る、そんなお手伝いを、ぼくはしています

力のある声は人を惹きつけます。

ぼくは2009年から4年間、児童青少年演劇を生業とする職業劇団に勤務していました。そこで、トラックの運転をして小学校から高校の体育館に行き、舞台設営をして、自分でメイクをして、子どもたちの前で演劇を見せる、という仕事をしていました。

kisaragi
劇団に勤めていた頃の写真です

そこで感じていたことは、本物は凄い、ということです。

力のある役者が袖から舞台に初登場した時、そのわずかな数歩の歩き方、身体の使い方、客席に対する目線などに、子どもたちは魅了されます。

そして、その役者から初めてのセリフが発声された瞬間、外でカラスがカーと鳴く声が聞こえるぐらい、体育館は静寂に包まれます。

人を惹きつける声、というものが確かにあります。

そして、その声はトレーニングによって習得することが出来る。昨日、生徒さんと一緒にボイトレをしていて、改めてそう思いました。

dsc_0017.jpg
生徒さんの歌に合わせて、ぼくはギター伴奏

毎月レッスンに通ってもう一年のお付き合いになる、ゆりこさんは、最初に声を聴かせてもらったとき、歌うことが好きで、お客さんは前向きな気持ちになるだろうな、という印象でした。

課題は、上半身だけで声を出そうとされていて、下半身が使えていない、と認識しました。

dsc_0016.jpg
バランスボールに座ることで、支えを意識
dsc_0015.jpg
風船でインナーマッスルを鍛える

当初に比べると、芯のある、身体の使えた発声が出来てきました。隣で聞いていたオーナーのすみれさんも、その変化に驚いていました。

dsc_0023.jpg
サロンは四ツ橋駅近くの北堀江
dsc_0022.jpg
すみれさんと、3ヶ月になるかすみちゃん
DSC_0002
トレーニングを終えて、筋肉痛の様子

生徒さんが人前でパフォーマンスをするときに、声の高低・大小を自由にコントロールすることで、豊かに表現することが出来る、そんなお手伝いを、ぼくはしています。

p.s.

7月のレッスン日程が決まりました。ご興味のある御方はこちらをご覧ください