葉菜茶まま子(和カフェ葉菜茶)

いくのの日の橋爪大輔です。今回は葉菜茶まま子さん(52)を紹介します。

12898260_552502078253212_5676290317178956911_o.jpg

葉菜茶まま子

1964年大阪生まれ。27歳の時に生野区に引っ越す。保育士などを経験したあと2011年5月9日に和カフェ葉菜茶(はなちゃ)をオープン。

22件も空き家を探した

現在(2016年7月)6年目になる葉菜茶さん。きっかけは2009年頃に堺をまち歩きしていた時、たまたま見つけたカフェ(ろおじ)の前に『1日店長募集』の張り紙を見つけたとか。そのまますぐにお店の方に交渉して、一年間カフェの運営を実際の現場で体験します。

その後『自分の店を持ちたい』という想いで空き家を探し始めます。驚きなのは、まったく事前情報もなく、下町と呼ばれるような福島区・大正区・東成区・中央区などを実際に歩いて探されたそうです。その数なんと22件。

そして、桃谷をチャリブラ(自転車でブラブラ)していた時に、お地蔵さんをたまたま見つけます。「ああ、下町だなあ」と思って、その横をふっと見ると『売家』の張り紙が。そこが現在の葉菜茶の場所です。

dsc_0038.jpg

改築を行ったのは生野区のいたや・リビングデザインさん。

木に対する想いを語ったり、どういうお店にしていきたいかをしっかりヒアリング。半年ほどかけてリノベーションをした結果、「落ち着いてリラックスしたり、頑張ろうという気持ちになってもらえるような空間になった」と葉菜茶さんは語ります。

葉菜茶はカフェですが、同時に『いくのな人達』が集まり、コミュニケーションの場にもなっています。

毎月19日に【はなちゃんち】を開催。「孤食をなくして皆で楽しく晩御飯」をテーマに取り組んでいます。詳しくは06-6777-5722まで。

  ★ おすすめメニュー

ホットコーヒー 400円

fb_img_1467862889711.jpg

アラブ珈琲のブレンドを使用。飲みやすくスッキリとしているのが特徴です。葉菜茶オリジナルの土の食器で飲むと、まろやかで口あたりが良いです。

いくのの日見ました」で、ホットコーヒーのおかわりを一回のみサービス。

  ★ お店情報

葉菜茶

営業 午前8時~午後5時
定休日 毎週 日・月曜日
〒544-0034 生野区桃谷1-6-16
電話 06-6777-5722
wifiあり

  ★ いくのの日とは

dsc_0040.jpg

こちらをご覧ください

【生野区】もし、生野区で空き家を持つオーナーさんがいらっしゃたら、誠心誠意を持ってご対応いたしますので、ご連絡をよろしくお願いします

橋爪家空き家を探すは、図面が出来上がり、見積の段階に入っています。

生野区の空き家を改築して、生野暮らし(職と住が近接した生活スタイル)や住み開きをしたいという想いのある人がいれば、生野区は建築士・行政・不動産・生野暮らし実践者などがチームになって、御宅の空き家探しと改築を手伝う。

それが、生野区空き家を活用したまちづくりプロジェクト(仮)です。

dsc_0094.jpg
生野な方々が立場や職種を越えて協力

実際にチームで活動をするとき、話し合いだけで終われば、具体的な課題やそれぞれがどう動くかが見えてこない。だから、来年度以降チームが機能していくために、橋爪家が実験台として空き家探しをする。これが橋爪家の立ち位置です。

今、チームでは橋爪家を進めると同時進行で『どうすれば生野区の空き家のリストを把握することが出来るか』という課題と向き合っています。

DSC_0032.JPG
地図の前に佇む建築士の木村貴一さん

「生野区の空き家に住みたい」「生野区の空き家を利用してまちに貢献したい」という方々が現れたとしても、チームに空き家のリストが無ければ、当然紹介も改築も出来ません。

DSC_0033.JPG
アイデアを考える行政の方々

空き家はそのままにしておくと、老朽化による倒壊や放火など、さまざまなリスクやトラブルが発生する恐れがあります。

チームで『空き家リスト』を作り、想いのある利用者住宅提供者を繋げていく。そして、生野暮らしがしやすいように、ハード(建築)とソフト(コミュニティ)の両方から、仲間としてフォローしていく。それが、生野区空き家を利用したまちづくりプロジェクトなんじゃないかな、とぼくは思っています。

「改築っていくらぐらいかかるの?」。そんな具体的な数字もこれからお伝えしていきます。もし、生野区で空き家を持つオーナーさんがいらっしゃたら、誠心誠意を持ってご対応いたしますので、ご連絡をよろしくお願いします。

090-8233-1985(橋爪)

【雑感】謝ること

滋賀県のおごと温泉で開催されたエクスマ塾の75期。

参加者の10数人は、きっと「これからどんな2日間になるのだろう」と期待と不安が入り混じった中で開始を待っていたと思う。ぼくも、ドキドキしながら、やや恐れの感情も持ちながら席に座っていた。

しかし、藤村正宏先生の最初の話で、その不安は一瞬にして吹き飛んだ。先生が最初に何を話されたか。ご自身の至らなさについて塾生の前で謝罪されたのだ(内容は省略)。

藤村先生は「ぼくの人徳のなさだ、すみません」と言われた。それを聞いて、わかりきっていることだけど、藤村先生は素晴らしいな、と心から思った。

前に立つ人って、力強さやプライドを見せることは得意だけど、弱さを見せることは苦手な人が多い。弱みや弱点は短所や隙になる、と考えているのだろう。

でも、弱さや至らなさをさらけ出すことは、逆に、その場の雰囲気が柔らかくなる。一方で、力強さは恐れにも繋がる。塾中にそんなことも感じた。

素直に謝ること。

ぼくも、全然まだまだだけど、もし、他人から何かを言われた時は、自分の言い訳はとりあえず置いておいて、まずは、相手の気持ちを傷つけてしまったことに対して、素直に謝ることが出来る、そんな日常を過ごしたいな、と思う。

だいたい妻とのケースが多いのだけれども。

【生野区】「夏休みに暇をしている子ども達に生野区で良質な体験をさせてあげたい」

こんにちは、生野区まちづくりセンターの橋爪大輔です。

2016年の4月から生野区のまちづくりに関する仕事に関わるようになりました。まちづくりセンターの業務の一つは「若い世代など幅広い市民参画の促進」です。

そこで、まちづくりセンターが始めた取り組みが【まちカフェ】(生野区の未来を想う交流会)です。

design
 イラストをクリックすると詳細ページにいきます

まちカフェには「生野区のまちづくりに関わりたい」という想いを持った方々が集まっています。

13240031_10206582783790077_384432765834042129_n
まちカフェ5月の様子
13415649_10206768525633507_6023491757383168099_o
まちカフェ6月の様子

今回のブログでは、そんな【まちカフェ】から生まれた子育てチームが取り組む夏のイベントを紹介します。お子さんのいらっしゃるご家庭は、ぜひコンサートにお越しくださいね!

 生野区の子ども達へ

夏休みに暇をしている子ども達に生野区で良質な体験をさせてあげたい」。このイベントは、そんな想いで生野区のママたちがチームを組んで作っています。

design

集まれ!生野区のこども達!
夏休みこどもおたのしみDAY

 日程

2016年8月25日(木)
10:00 開場 10:30 開演 12:00 終了

 場所

生野区民センター ホール
生野区勝山北3丁目13−30

 内容

マリンバの調べとアフリカンダンス
※ 楽器も体験出来るよ!

 主催

生野区まちカフェ子育てチーム
協力:生野区まちづくりセンター

 参加費

無料

 メッセージ

生野区を良くしたい、子育てしやすい街にしたいという思いのある方、子ども向けイベントを一緒にしていただける方を随時募集しています!お問い合わせは090-8233-1985(橋爪)までお気軽にご連絡ください。

 ご注意

※未就学児は保護者同伴でお願いします。※当イベントにおいて発生した一切の事故や怪我病気などの責任を負いかねますことをあらかじめご了承ください。

【雑感】情報を沢山共有すると関係性が近くなる。好意を持つようになる。情報が少ないと人は信頼してくれない

今日は面白いことが2つありました。

一つは午前中。生野区まちづくりセンターで働いていると、数年前に演劇のイベントで知り合った方が、ぼくのデスクまで来て声をかけてくださいました。

DSC_0007 (4).JPG
職場はこんな感じ ※ 後ろの人は話と関係ありません

そして、Facebookなどの発信を見て下さっていて、今、ぼくがどこで何をしているかについて、だいたい理解をして下さっている雰囲気でした。状況をわかって下さっているので、再会した時にとっても話がしやすかった。

もう一件は午後。

Facebookのメッセンジャーにこんなメッセージが届きました。

息子が建築士になることを考えています。【生野空き家プロジェクト】の投稿を思い出し、こうしてメッセージさせていただきました。もし可能であれば、ご紹介いただけないでしょうか?

さっそく、仲良くしている生野区の建築士さんを紹介しました。この建築士さんは素晴らしい御方なので、とっても熱心に話をしてくださると思います。

情報発信と信頼

ぼくが今、学んでいるエクスマの藤村正宏先生は、先日、こんな言葉をおっしゃっていました。

情報を沢山共有すると関係性が近くなる。好意を持つようになる。SNSを使って情報を発信すると友達と近くなる。情報が少ないと人は信頼してくれない。

まさに今回の2件は、日々、発信をし続けたからこその出来事だったと思います。自分が何者か、どこで何をしているか、何を考えているか。

発信する際に、べつに大きく見せたり、かっこつけたりする必要はないですよね。これからも、情報をわかりやすく、興味のある方々に向けて届けていきたいな。コミュニケーションをしていきたいな、と改めて思いました。

【電子書籍】ぼくが電子書籍の出版をすすめる3つの理由

「電子書籍の出し方を知りたい」というリクエストがありましたので、改めて電子書籍の良さについて書きます。ちなみにぼくは電子書籍の専門家ではないので、ぼくの提供する情報やサポートは無償です。

出しましょう!

今は1億総パブリッシャー時代と言われています。出そうという気持ちさえあれば、今から作って今日中にAmazonのKindleで配信できます。しかもコストは一切かかりません。無料です。

ぼくは2015年の大晦日に「出そう」と思って、翌日の正月に4時間で一冊目を出しました。その後、月に一冊のペースで配信を続けて、現在8冊を出しています。

Screenshot_20160703-083241
管理画面で何冊売れたかがわかります

ぼくの場合、ありがたいことに2日に1冊のペースで売れ続けています。

ちなみに、購入されるのはほとんどこの本です。配信したのは1月ですが、6ヶ月間ロングテールで購入され続けています。

電子書籍の良さ

電子書籍の良さをまとめると、大きくこの3つです。

1 在庫が要らない

電子書籍は名前の通り電子コンテンツなので、データをAmazonに登録しておけば、あとは商品が余ることも切れることもありません。

2 Amazonが営業してくれる

出版が完了した後は、Amazonが勝手にマーケティングをしてくれます。24時間営業です。後輩の披露宴に参加した昨日も一冊売れていました。

もちろん、出版しただけでは、おそらくほとんど売れないと思います。ブログも書いただけでは読まれないのと同じですね。なので、出版した後はSNSや自分のブログで紹介して下さい。

3 収入源が増える

2016年の1月1日に初めての電子書籍を出版して、その日のうちに2冊売れました。600円の儲けです。感動しました。

個人で活動されている方は、複数の収入源を持つことが大切ですよね。もちろん、儲けといっても、ぼくの場合、1日におおよそ150円ぐらいなので少額ですが、でも、ないよりはあるほうが嬉しい。ちなみにこの半年間の印税は約3万円ぐらいです。

Wordで書こう

ここまで読んでくださった方は、少しはモチベーションが上がったでしょうか。

ぜひ、そのテンションで一冊作ってみてください。Wordで縦書きをおすすめします。文字数は自由です。ぼくはだいたい1万5千字ぐらいです。もちろん、10万字でもオッケーです。

書けたら教えて下さい。ぼくでよければサポートします。

【子育て】はれ君の半年

2016年も半年が過ぎました。ここで、6カ月で撮った息子・はれ君の写真を厳選してまとめます。

DSC_0014 (3).JPG

1月 実家にて

DSC_0398

2月 天王寺にて母と

DSC_0586

2月 自宅にて TVを見る

DSC_0707 (1)

2月 電車を見て喜ぶ様子

DSC_0028 (5)

3月 自宅にて

image (6).jpg

3月 公園にて

clone tag: 5222854386635837269
clone tag: -2560338681283142204

4月 散歩の様子

DSC_0005 (2).JPG

5月 電車に喜ぶ様子

DSC_0147 (1)

5月 誕生日

DSC_0111 (1)

6月 電車を見て喜ぶ様子

以上です!残り半年も、カメラマンとしてがんばります。

【報告】初めて月10,000pvを達成しました

2015年11月7日からブログを毎日投稿し続けて7カ月。先月は初めてページビュー(アクセスがどれだけあったか)が10,000を超えました。

キャプチャ.JPG

この記事(PV数でわかるブロガー番付|あなたのブログはどのレベル?)の基準で行くと、ぼくは脱ビキナーからノービスになったようです。

いつもご覧くださり、ありがとうございます!以上、報告でした。

【ボイトレ】力のある声は人を惹きつける。人前でパフォーマンスをするときに、声の高低・大小を自由にコントロールすることで、豊かに表現することが出来る、そんなお手伝いを、ぼくはしています

力のある声は人を惹きつけます。

ぼくは2009年から4年間、児童青少年演劇を生業とする職業劇団に勤務していました。そこで、トラックの運転をして小学校から高校の体育館に行き、舞台設営をして、自分でメイクをして、子どもたちの前で演劇を見せる、という仕事をしていました。

kisaragi
劇団に勤めていた頃の写真です

そこで感じていたことは、本物は凄い、ということです。

力のある役者が袖から舞台に初登場した時、そのわずかな数歩の歩き方、身体の使い方、客席に対する目線などに、子どもたちは魅了されます。

そして、その役者から初めてのセリフが発声された瞬間、外でカラスがカーと鳴く声が聞こえるぐらい、体育館は静寂に包まれます。

人を惹きつける声、というものが確かにあります。

そして、その声はトレーニングによって習得することが出来る。昨日、生徒さんと一緒にボイトレをしていて、改めてそう思いました。

dsc_0017.jpg
生徒さんの歌に合わせて、ぼくはギター伴奏

毎月レッスンに通ってもう一年のお付き合いになる、ゆりこさんは、最初に声を聴かせてもらったとき、歌うことが好きで、お客さんは前向きな気持ちになるだろうな、という印象でした。

課題は、上半身だけで声を出そうとされていて、下半身が使えていない、と認識しました。

dsc_0016.jpg
バランスボールに座ることで、支えを意識
dsc_0015.jpg
風船でインナーマッスルを鍛える

当初に比べると、芯のある、身体の使えた発声が出来てきました。隣で聞いていたオーナーのすみれさんも、その変化に驚いていました。

dsc_0023.jpg
サロンは四ツ橋駅近くの北堀江
dsc_0022.jpg
すみれさんと、3ヶ月になるかすみちゃん
DSC_0002
トレーニングを終えて、筋肉痛の様子

生徒さんが人前でパフォーマンスをするときに、声の高低・大小を自由にコントロールすることで、豊かに表現することが出来る、そんなお手伝いを、ぼくはしています。

p.s.

7月のレッスン日程が決まりました。ご興味のある御方はこちらをご覧ください