子育て中のママを対象に親子で気軽に参加できる合唱サークルを大阪の鶴橋で始めました

京都で合唱団を作って7年。その間、女性メンバーの何人かは結婚と出産をしてママになりました。

合唱をしたいけど、子どもを連れて行くと騒ぐので気が引ける。そんなママも少なくないと思います(まあ、うちの合唱団は子連れ全然オッケーですが)。

そんな子育て中のママを対象に、親子で気軽に参加できる合唱サークルを大阪の鶴橋で始めました。試しに一度、よく知った仲のママ達と一緒に練習してみましたが、まあ、うるさいです(笑) そう考えると、児童合唱団ってほんと凄いですね。

4835302031593.jpg

でも、途中からは皆で集まりだして、

4835301889473.jpg

なんか遊んでいました(笑)

サークルなので歌いたい曲を持ってきて練習する、というスタイルです(次回は宇多田ヒカルの『花束を君に』を練習します)。対象は子育て中のママ。活動日は毎週月曜日の11:00〜12:00です。場所は鶴橋駅近くの地域の会館。参加費は場所代として一回300円程度を頂きます。

ご興味のあるお方は気軽にご連絡下さい。090-8233-1985(橋爪)

商店街で合唱団を作ろうの発表が終わりました!聴きに来て下さった皆さん、応援して下さった皆さん、本当にありがとうございました

おかげさまで【商店街で合唱団を作ろう】が終わりました。

14100442_933648480095334_5107619911278932025_n

台風が迫る大雨の中、ビショビショになってまで発表に立ち会って下さった皆さん、本当にありがとうございました。Facebookへの投稿も心の底から嬉しいです。感謝。

キャプチャ2.JPG

キャプチャ.JPG

キャプチャ1

14079971_933647976762051_5089655726638325213_n

生野区仲間の葉菜茶まま子さんはブログで熱く語ってくれました。まま子さん、ありがとう。全文はこちら

みんなの心を歌で一つにした成果。商店街の人達に希望や楽しみを持って貰えた成果。地域の人達に楽しみを持って貰えた成果。有言実行!凄いです。聞いていた人はもちろん、歌っていた人にも感動を与えた今日の合唱。歌い終わった商店街の方々はとても良いお顔をされていました。

14199374_933648203428695_1757427408990280106_n
ギターは生野区仲間の「おっちゃん」。今回もサポートに感謝!

『合唱には人と人とを繋げる力がある!商店街で働く方々に集まってもらって、新しい人も昔ながらの人も、さらに繋がるとともに、一緒に声を合わせることで商店街のエネルギーを発信しよう!』

ただそれだけの想いで始めたこの企画。現実は驚くぐらい不安要素ばかりでした。

dsc_0011.jpg

団員募集のチラシを配ったものの、果たして何人の商店街の方が練習会場に足を運んで下さるのか。練習を開始したものの、果たして商店街の方は自分達の歌として歌って下さるのか。平日の15:30という早い時間帯の発表で、果たしてお客さんは来てくれるのか。そして、当日はびっくりするぐらいの大雨。課題が出てくるたびに、「良い方に事が進みますように」と願いながら過ごしました。

結局、10数人の方が集まり、CDを商店街に流してまで練習してくださいました。お客さんがいなくて絶望するかと思いきや、休みを取ってきて下さった方々、いくのな方々が、雨の中駆けつけてくださいました。本当に感謝しかないです。

それらの一部始終をカメラに収めてくれた、カメラマンの佐藤豊浩君。最後まで一緒に取り組んでくれてありがとう!

14199506_933648566761992_8717371537878559002_n.jpg

商店街の方々・当日聴きに来て下さった地域の皆さん・この企画を実行してくれた生野区まちづくりセンター、、、みんなきっと喜んでくれたかな、と思います。あとは、映像作品としてまとめることで、生野銀座商店街を発信していきます!

14088599_933648363428679_324749148150599945_n

聴きに来て下さった皆さん、応援して下さった皆さん、本当にありがとうございました。

14088392_933648730095309_5822122636634976710_n
IKUNO GINZA のTシャツと共に

嫌なことがあったとしても、気にせずに淡々と行動し続けること

ブログを丁寧に書く姿勢が戻ってきました。

ちょっと前までは、合唱団のブログの過去記事をコピペして、毎日更新をなんとか途切れないようにしていましたが(現在294日連続更新)、やっぱりパソコンに向き合って、しっかり書くほうが気持ち良いですね。ここ数日は2記事程度を予めストックしておいて、毎朝、予約投稿しています。

例えば『ブログを一日一記事書いて、Facebookやtwitterにシェアする』ことを目標にするとします。思うのが、その作業は、朝起きて時間が経てばたつほど腰が重くなる。なので、最近しっくりきている方法は、記事自体は前日に準備しておいて、早朝に予約投稿する設定にしておきます。

前日に記事を予約投稿しておいて、翌朝にシェアする習慣ができると、ブログを淡々と更新し続けるペースが掴めます。朝にシェアしてから、その日の活動に入るので、一記事一記事に『これで良かったか?』などの執着が薄くなる。こんな感じで、最近はブログ更新と付き合っています(多分、またそのうち変化すると思いますが)。

毎日更新をしていると、良い時もイマイチな時もあります。あるいは、自分の発信した内容によって、ちょっと嫌なことが起こる時もあるかもしれない。でも、その嫌なこともあまり気にせずに、淡々と継続することかな、と思っています。

エクスマ塾の藤村正宏先生はこう語ります。

「3年ぐらい前から世の中は変わった。今までのビジネスのやり方を考え直した方がいい。昔は楽しく仕事をしているなんて不謹慎だった。でも、今、例えばエクスマのセミナーの募集告知をすると、あっという間に満席になる。それは『仕事を楽しもう』という機運の高まりじゃないか」

「今までは、マスメディア・広告・販促・カタログなどで、生活者に直接マーケティングをしていた。これからは、SNSやブログなどによってコミュニティが出来、そのコミュニティの中で消費が起こる。とにかく一年間、受験勉強のように、死ぬ気でブログとSNSを楽しもう。瑣末(さまつ)なことを辞めて、一日2時間はSNSをしよう。ブログを1000記事書いたら奇跡が起きるよ」

20160319_233214.jpg
エクスマ創始者・藤村正宏先生

というわけで、やることは見えているので、あとは淡々とやり続けるのみです。皆さん、死ぬ気で楽しみましょう!