橋爪出版第6弾!今井幸子さんの電子書籍を出版代行しました

Facebookで繋がった今井幸子(さちこ)さんの電子書籍をお手伝いしました。

幸子さんはパソコン環境が無いため、スマートフォンにテキストを入力して頂き、ぼくのパソコンメールに送信。それをぼくがWordで編集して、出版代行という流れです。ですので、幸子さんの作業としてはスマホでの原稿執筆のみです。

原稿を拝見しながら、先生との物語にドキドキしました。大人な恋愛ノンフィクションです。

design.png

これで合計6人の電子出版を代行しました。電子書籍は「書こう」という気持ちがあれば誰でも出版出来ます。そして、長期にわたって印税を得られる場合があります。詳しくはまとめページをご覧ください。幸子さん、おめでとうございます!

今井幸子さんの電子書籍はこちら

 はじめに

「何も肩書きもない 普通の専業主婦でも、出版できますか?」

Facebookでお友達になった『大ちゃん』こと橋爪大輔さんが、ブログで『電子書籍の魅力』について綴っていたのを見て思いきって聞いてみました。

「どなたでも出せますよ!書いてみますか?」

大ちゃんからの言葉で私は『書いてみよう!!』と思い、大ちゃんにお手伝いして頂けるか聞いてみました。大ちゃんは快く「いいですよ!頑張りましょう!!」と引き受けてくれました。

私は自身のブログで『耳鼻科通院記☆』と称して、2014年4月から通っている耳鼻咽喉科での様子を綴っていました。しかし、途中から更新が途絶えてしまっていて…『診察期間が終了するまでに書き終えられれば良いな~』なんて呑気に思っていたら、次回の診察で最後(となるだろう)のところまで来てしまいました。

ブログでは到底追い付かないと半ば諦めていたのですが、【最後まで書きたい!】という思いから、今回『出版』という形で今日(2016年7月)までのことを一冊の本に纏めました。私自身、この通院を通して感じたことを『形』として残しておきたかったからです。

内容として、2014年4月から診て頂いている主治医との診察時での様子や出来事を基盤に、私自身が感じたことや思ったこと、気付かされたことや学んだことなどを時系列に沿って綴っています。

また、診察日以外での出来事(私自身の出来事など)も所々入れてあります。それは私にとって『ターニングポイント』だった時期とも言えます。2014年4月から現在2016年7月までの間で、私自身大きく変わりました。その様子を、読んでもらう中で感じ取って頂けると幸いです。

実際に、今『慢性副鼻腔炎』で耳鼻咽喉科にかかっている方や『医師に恋している』方、『自己啓発』などに感心がある方は読んでみてもらうと面白いかと思います。

本編では、その時その時に感じたことを思い出しながら、出来る限りそのまま再現しました(主治医の名前のみ仮名としています)。あくまでも『私からの視点』で綴ったものなので、実際その通りであるかは定かではありません。ご了承ください。

本編に登場する方々は、了承を得てリンク等貼らせて頂いています。ご協力していただいた黒岩弘幸さん、白谷麻衣さん、藤澤美季さんに、この場をお借りしてお礼を申し上げます。そして、今回出版に先駆けて全面協力して頂いた橋爪大輔さんに、感謝と共に敬意を表します。ありがとうございます。