普段、カラオケで歌うことが多い人はアカペラで歌うとトレーニングになります

今日はボイトレでした。ぼくも生徒さんも生野区に住んでいるので、桃谷駅近くのピアノサロンをお借りして練習しました。

歌声をお聞きしていて、普段は「カラオケ」+「歌詞」で歌うことが多い(まあ、当たり前ですよね)ということでしたので、あまりやらないこと、つまり、「アカペラ」で「nei(これはraとかでもいいのですが)」で歌ってもらいました。しかも、普通のテンポよりゆっくりです。

※ neiと発音すると、最初のnで響きを掴みやすくなります。

アカペラで、ゆっくり、かつ、発音を統一して歌うと、普段は何気なく歌っていた箇所が、妙に歌いにくくなったりします(例えば、ドからソの五度跳躍の時など)。それが自分で気がつけるようになるので、カラオケで歌うことが多い方は、伴奏なしで歌って見る事をおすすめします!

トレーニングメニュー

  • ブレスコントロール
  • リップロール
  • 音階練習(2度・5度)
  • アカペラで歌唱

ボイトレの案内はこちら