パートナーと健やかな関係を築くためには?

green drinks@大阪というイベントに初めて参加しました。

『近畿をソーシャルデザインする』というテーマが面白そうだな、と思ったことと、登壇者の西川亮さんを今度、生野区の情報発信勉強会にお呼びするので、事前に話をお聞きしておこう、という理由です。

14124338_546559902219644_4361860939244526582_o.jpg
登壇者の方々(右上が西川亮さん)

トークセッションの中で聞いていて面白いな、と感じたのは『ソーシャルデザインのドーナツ化現象(結婚・夫婦生活)』についてです。

社会起業に一生懸命取り組みすぎると、妻から『私は社会に含まれていないの?』と言われ、子どもから『パパ、また来てね』と言われる。まずは家庭からソーシャルデザインすることが大事だよね、という内容でした。

面白いです。

登壇されていて社会的に活躍されているトップランナーの方であったとしても、自分の家庭における悩みは尽きないのか、と思いました。登壇者の中には「昨日は深夜12時からパートナーと喧嘩が勃発して、3時間続いた」と話す人もいました。・・激しい。

ぼくのブログでも、反応が良いのは『夫婦』について書いたときです。いつもの15倍ぐらいのアクセスを生み出した記事もありました。

要するに、ここで書きたいこと、感じたことはこうです。それは、日々の家庭生活・パートナーと良好な関係を作ること、それって、意外と多くの人にとって重要なことなのだな、と。今後も「書く」「深める」のに値するテーマなのか、と。

そんなことに気づいたgreen drinksでした。主催者の皆さん、登壇者の皆さん、ありがとうございました。

 9冊目が完成

橋爪家の場合、妻がフルタイム・ぼくが自営業で働いています。保育園の送り迎えはぼくが担当。9時までに送り、18時までに迎えに行きます。なので、その間の約8時間ぐらいが、ぼくの自営業タイムです。

そんな暮らし方の中で、どういう風に『子育て』について考えているか、『自営業』や『夫婦』『主婦』について考えているかを、一冊の電子書籍にまとめました。合計9冊目の電子書籍です(Amazonからどうぞ)。

design.png