橋爪家の空き家探しは来年の3月末までに完成させたい

生野区は5件に1件が空き家と言われています。老朽化した空き家を放置しておくと、放火の危険性や、不法投棄・不審者の侵入、景観の悪化などにつながります。今、生野区のあらゆる場で「空き家をどうしていくか」という話が議題にあがります。『橋爪家空き家を探す』も、とある会議の場で生まれました。

dsc_0041.jpg
昨夜は【いたや・リビングデザイン】(東桃谷)で会議

空き家について話をしても、実際に事例を作らずには前には進まない。そこで、生野区を良くしていきたい、住みやすいまちにしていきたい、面白いエリアにしていきたい、という想いを持った建築家・行政・不動産コンサルタントが共に空き家問題に取り組む。それが【生野区空き家活用プロジェクト】です。

空きPのメンバー内からの紹介で、大工の春本匡澄(はるもとまさずみ)さんも力をお貸し下さいます。プロジェクトはいよいよ『不動産のステップ(建物の売り買い)』から『建築のステップ』に入ろうとしています。おそらく10月中に家を買うので、その時にどういう契約手順を踏んだかは公開します。

dsc_0039.jpg
大工の春本さん

10月中に契約を終わらせて、11月1日に空き家を所有します。それまでに建築家チーム&大工の春本さんと建築面に関して打ち合わせを重ねて、11月下旬から着工開始。4カ月かけて、来年の3月末までにリフォームを終了。来年度の4月にお披露目、というスケジュールで行きます。

今回は全体的な内容でした。これから具体的な記事(たとえば『不動産登記をした!』とか『家はいくらで買った・その内訳はこんな感じ』など)を書いていこうと思っています。橋爪家は空き家改修に関して全くの素人です。プロジェクトを一歩一歩進める中で取り組んだことを全て記録に残します。

橋爪家の空き家探しを公開することで「それなら自分も生野区で空き家を探してみたい」と思われる方(借りたい・買いたい側)や、「空き家活用プロジェクトが扱ってくれるのであれば、うちの空き家を提供したい」と思われる方(貸したい・売りたい側)が一人でもいらっしゃったら、という気持ちです。

生野区空き家活用プロジェクトに関するお問い合わせなどは、ぼくまでお気軽にご連絡下さい(090-8233-1985)。よろしくお願いします!