合唱の練習で新曲に取り組む時にぼくが意識していること

昨日は合唱団の練習でした。山科中学校合唱部との本番も終わり、次は12月にある児童館でのコンサート&ワークショップ、2月にある混声合唱フェスティバルに向けて、再び新しい曲に取り掛かります。曲の決め方は「歌いたい曲」をメンバーに持ってきてもらい、音源などを頼りに全員で選んでいきます。

一時間ほどかけて音取りをします(ちなみに、昨日は信長貴富さんの『リフレイン』を練習しました)。ぼくたちの合唱団は特にパートリーダーを定めておらず、その日来ているメンバーの中で、自然に「音取りする人」が流れで決まっていく、というスタイルでここ最近は落ち着いています。

音取りの後は全体で練習します。昨日の場合、音取りの様子を見ていて、男声よりも女声のほうが仕上がっていくスピードが速かったので、まず、男声の合わせをしました。その後、全員で歌うと、男声も幾分かは落ち着いて歌える、という考えです。

全員での最初の通しは、途中でハーモニーやリズムが良くない箇所があっても、一旦は最後まで通すようにしています。その際、頭の中で良くない箇所を覚えておきます。そして、最後まで歌い終わった後、『一番最初に手をつけたほうが良い個所』から改善していきます。昨日の場合はラストの段落でした。

『最初に手をつけたほうが良い個所』がひと段落した後は、もう一度最初から通します。今回は、良くない箇所に再び巡り合った時点で合唱を止めて、個別に改善します。改善の目途が立てばその段落から再び全体で再開して、最後まで進んでいきます。昨日はこれらの点を意識して練習を進行しました。

昨日は大学の後輩達が見学に来てくれたり、久しぶりに遠くからメンバーが来てくれたり、でとっても嬉しかったです。また良かったらいつでも遊びに来てください!


dsc_0033-1

10~12月の練習日程をお知らせします。

☆10月9日(日)
10~14時
京都市伏見青少年活動センター

☆10月23日(日)
13~17時
東山いきいき市民活動センター
会議室103

☆11月20日(日)
13~17時
東山いきいき市民活動センター
会議室104

☆12月3~4日
合宿

☆12月18日(日)
13~17時
北鶴橋振興会館 1階

★ 見学大歓迎です ★
お問い合わせはこちら