スコップ、芋煮会を取材!

急遽、予定が変更になり、昨日は一日時間が空いたので、生野区で開催された『芋煮会』に行ってきました。山形では秋になると、皆で芋煮会を行うそうです。まるでバーベキューのように、里芋を煮た鍋を囲むことで交流を深めます。

主催の伊藤千春(略してイトチハ)さんは山形県出身。

縁があって生野区で暮らしています。山形と生野区が交流する機会が増えれば良いな、という想いで芋煮会を開催して今年で2年目です。

去年も行きましたが、その時は初開催だということもあって参加者も少なく、大量の芋煮を持ち帰りした思い出があります。それでも今年も「やる」と決めて、開催しているのは凄いなと感じました。

これはぼくの想像ですが、おそらく、実行委員の皆さんは『目標(何人集める、とか、いくら売上げる)』とかは特に定めていないのでは、と思います。「これしたら楽しそう」とか「こういうのがセンスあって良いよね」みたいなノリで、みんなでキャッキャ言いながら話を進めたのではないでしょうか。

そういう空気感のようなものが芋煮会全体にあって、とても居心地が良かったです。気がついたらオープンから4時間ぐらい、会場でボーっとしていました。芋煮を食べたり、山形のお酒を飲んだり、花笠音頭を踊ったり。

素敵なイベントがこうして生野区で2年目を迎えられていることに、尊敬します。これまでの生野区にはない空気感を持った芋煮会。3年目も楽しみにしています!皆さんも良かったら、来年はボーっとしに遊びに来てくださいね。

家族で穏やかに過ごすために

なぜか、一番身近な妻に対してはコントロールしたい、という欲が強いのでしょうか。ちょっとイラッとすることがあると、わざと妻の食器だけ洗わずに机の上に放置して、喧嘩の元を作ってしまう橋爪家です。

こうやって、文章に書いている今では「アホやなあ、それぐらい一緒にまとめて洗ったらいいのに」と思うのですが、その瞬間はどうもそうはいかない。意固地になって自分のだけ片づけようとします。

人を変えようと思わないこと。何の要求もせず、何の期待もしない。心穏やかに過ごすためには全てを受け入れること」と、エクスマの藤村正宏先生がFacebookに投稿されていて、その通りだな、と思いました。

『自分の分もお皿を洗ってくれるかも』と期待しているから、そうじゃなかった時に「なんだよ、もう」となってしまう。『お皿洗ってよ』と要求して、洗ってくれないから「なんだよ、もう!」となってしまう。

そもそも最初からぼくがお皿を全部洗っていたら、こんなしょうもない気持ちにはならなかったはずです。食器を全部片づけたとしても、かかる時間は10分ぐらいです。あっという間!なのに、相手に押し付けようとしたがために、その後も雰囲気が悪くなってしまう。

穏やかに過ごすために期待しない、要求しない。というわけで、皿洗いはつべこべ言わずに進んでやります。やりましょう!皆さま、穏やかな日曜日が過ごせますように。

藤村正宏先生のブログ

『待つこと』を楽しむ

以前、子育て世代を対象にした地域の勉強会に参加しました。その時、先生が「皆さんは子ども達に一日に何回『はやく~しなさい』と言っていますか」と投げかけていて、なるほど、と思いました。

朝は「はやく起きなさい」「はやく服を着替えなさい」「はやく顔を洗いなさい」「はやくご飯を食べなさい」「はやく学校に行きなさい」。学校から帰ってきたら、「はやく手を洗いなさい」「はやく宿題をしなさい」夜は「はやくお風呂に入りなさい」「はやく寝なさい」。

講師の先生のその言葉を聞いてから、自分の子どもに対して「はやく」という言葉をなるべく使わないよう、意識するようになりました。例えば「はやく行くよ~」と言うのではなく、「行くよ~」と言うようにする。それだけでも、ほんのり、ニュアンスが違うように感じています。

そして、それは子どもだけでなく、全体に対してもそうで、「はやく~」という気持ちを抑えることができれば、自然と「待つ姿勢」を築くことが出来るのではないでしょうか。

「こうなっていけば嬉しい」という想いを持ちながら、その道中は急かずに『待つ』ことも楽しむ。相手のペースに『任せる』。そんなことを講師の先生の話から学びました。