得意なことが合唱団で発揮できるような環境を作っていければ幸せ

昨日は合唱団の練習でした。

最近、再び見学者の方が毎回のように練習を見に来て下さり、ありがたいことだと感じています。見学者の方のほとんどは合唱団のHP経由で問い合わせて頂いています。ウェブを作ったメンバー(加藤さん)のおかげで、勧誘のチラシを作らなくても、情報が届いています。

最近入団してくれたあるメンバーは作曲することが出来ます。実はぼくの大学合唱団時代(佛教大学)の後輩なのですが、好きで大阪音大の授業にも通っていたそうです。卒業するときには記念に自作を出版までしています。突き抜けてますね。

作曲の出来る後輩が合唱団のメンバーになってくれたことで、オリジナルの曲や、良く知られた曲を編曲したものを、地域や音楽ホールで行う合唱のワークショップにも取り入れることが出来そうです。いつか、こんな状況になったら嬉しいな、と思っていたので、嬉しく思います。後輩、ありがとう。

また、あるメンバーは確か絶対音感を持っていたので、ピアノ無しで音取りをガンガンします。凄い。ぼくと同じく合唱団の指揮もしているので、昨日はさっそく前に立ってもらい、練習の進行をお願いしました。

DSC_0054.jpg

複数の人間が同じ合唱団を指揮することは、その団に多様性が生まれていくのではないか、と思います。ぼく自身も、のんきにあぐらをかきがちなので、違うメンバーが指揮を振ることは刺激になります。これも、いつかこんな状況になったら嬉しいな、と思っていたので、ありがたいです。

1人1人にはそれぞれ個性があり、得意なことや苦手なことがあります。その得意なことが合唱団のメンバー内で認められて、自由にその力を発揮できるような環境を作っていくことができたら幸せだな、とぼくは思っています。苦手なことは笑って許そう。得意なことはガンガン発揮しよう。そんな感じです。

DSC_0055.JPG

現在はミュージカル『RENT』の「Seasons of love」や、松下耕『今、ここに』などを練習しています。次回の練習は11月20日(日)13:00~17:00。場所は東山いきいき市民活動センターの104です。

★ 見学大歓迎です ★
お問い合わせはこちら