情報発信を続けることについて

おかげさまで、2015年11月7日から始めたブログが、今日で一年になりました。365日更新して、合計417記事になりました。2年目も引き続き書き続けていこうと思いますので、どうぞよろしくお願いします!

きっかけ

ブログを本格的に書き始めたきっかけは、2015年の10月27日に大阪の産業創造館で、エクスマを提唱する藤村正宏先生の講演会(題して『情報があり過ぎる時代に、選んでもらうためのエクスマ・SNS活用セミナー』)を聴いたからです。

DSC_0046.JPG
藤村正宏先生

誰でも出来るようなこと(例えば、ブログを書くこと)を、誰もできないくらい続ける』。

その言葉に惹かれたぼくは、WordPressで独自ドメインを取得して個人のブログを開設。妻と握手を交わしたあと、毎日1記事更新を目標に365日書き続けてきました。

これも藤村先生ですが、『人はよく知らない人を信用しない。情報量が少ない人を信頼しない』という言葉もあります。自分の【仕事】に関する発信はもちろんのこと、【趣味】【大切にしていること】【家族】【地域活動】なども全体的に情報を出すと、そこから繋がりが生まれやすい、と感じています。

一年続けてみて

例えば、ぼくの場合でいうと、【合唱団】に関する投稿を積み重ねた結果、『京都 合唱』とGoogleで検索すると、自分の合唱団のHPが上位にヒットされるようになりました。定期的に見学者の方からお問い合わせも頂いています。

dsc_0052
合唱団の練習より

あるいは、【生野区】に関する投稿を積み重ねた結果、生野区に住んでいる方から問い合わせを頂き、自分の住んでいるまちに知り合いや友達が増えました。

【合唱指揮】に関する発信を続けた結果、音楽の先生から指揮に関する講習会のオファーを頂いたり、旅行会社の方との企画も生まれました。

13240031_10206582783790077_384432765834042129_n
生野区での繋がりも増えて来ました

何より、毎日のように書いているので、頭で考えたことを文章化する習慣がつきます。それだけでもブログを書く恩恵はあると思います。皆さんも良かったらぜひ!

読んで下さっている方に楽しんでもらえるように、2年目はますますエッジの立った、さらけ出した文章を書こうと思います。これからもよろしくお願いします。

DSC_0068
ブログを書き始めたころは、まだハイハイしていました