生野区に住むインドネシアの留学生・アンリ―を応援します!【まちカフェ】11月を開催しました

昨日は生野区の未来を想う交流会【まちカフェ】でした。まちづくりをしたい」「生野区のエネルギーある方と交流したいという人であれば、誰でも参加出来る【まちカフェ】も今回で7回目です。

_51A0075.jpg

昨日は、生野区にあるコミュニティファーム・松野農園に集まりました。

_51A0087.jpg

_51A0086.jpg

_51A0089.jpg

中でも皆さんに知ってもらいたいのが、生野区に住む留学生アンリ―(Andika Diapari)です。インドネシア出身のアンリ―(26)は2014年に留学して日本へ。現在、同志社大学で『生野区における多文化社会』の研究をしています。生野区は外国人が増えている、と感じているアンリ―。どうすれば、外国の方が地域に入って行けるか、外国の人が持つ文化を地域の人が理解できるか、が彼の課題です。

_51A0067.jpg
留学生のアンリ―

その実践として、彼は12/4(日)18:00~にWorkshopを開催します。対象は生野区内外に住む外国人の方。参加費は500円でインドネシア料理・ナシゴレンを食べながら、多文化社会のコミュニティ・チーム作りについて考えます(来週、アンリ―と一緒にイベントページを作ります)。

参加された方の「生野区で〇〇をやりたい!」を全力で応援する!それが【まちカフェ】です。写真はカメラマンの佐藤豊浩君。いつも良い写真をありがとう!