3月に向けておんがくげきの稽古も進んでいます

design

おんがくげきをつくろうは、昨日で3回目の練習でした。生野区子育てプラザをお借りして稽古をしています。

全6回のうちの今回で3回目。自分の頭の中に計画はあります。一回目は【出会い】。台本を読むのも、知らない大人に会うのも、子どもたちにとっては新鮮で緊張を伴う体験です。ですので、初回は時間をかけてゆっくり進めます。

2回目は【身体を動かす】。セリフを読むのに慣れてきた子ども達に立ち稽古をさせることで、少し負荷をかけます。そして、今回は3回目ということで、【場所を変える】ことをしました。

いつもは、和室の狭い空間の中で練習していますが、本番は区役所の広い大会議室です。身体の動きも、声の大きさも、和室とは変わってきます。それを意識してもらうために、子育てプラザの一階の体育館を無理言ってお借りしました。

さらに、ナレーション担当の子どもにマイクを渡すことで、本番と同じ環境を味わってもらいました。4回目、5回目で細かい演技をブラッシュアップしていきます。

大人達も活躍しています。合唱団のメンバーのソナコがかぶ役として参加。子ども達も慣れてきたので、世話役もしてもらって助かっています。生野区のママ・カイリンさんとそのお子さんも、子ども達と交流を深めています。子どもたちにとっても、赤ちゃんが稽古場にいるといつもと雰囲気が違って楽しそうです。

本番は3月26日(日)13:00~ 生野区役所にて。子ども達の取り組みをぜひ応援しにお越しくださいね。