個人で働くフリーランスが新しい仕事のオファーをもらうには?

今日も昼過ぎからボイトレの仕事です。

朝、息子を保育園に送って行き、アパートに戻って窓を開け、ざーっと部屋の掃除。歩いて近所のATMに行き、個人事業用の通帳記入をして、パン屋でサンドイッチを購入。

自宅に戻って、Amazon Musicを流しながら、コーヒーを淹れてモーニング。

『ワードプレスの立ち上げをしてほしい』という新しいオファーを頂いたので、お香を焚きながら2時間ほどパソコンに向かう。

お昼を過ぎたので、ボイトレをしている四ツ橋のサロンに移動。こんな時間の過ごし方でした。

仕事のオファーがあれば、日々の暮らしにもメリハリが出てくるなあ、と思います。じゃあ、どうやったらオファーをもらえるか、ですが、最近、ぼくが思うのは、

人と会うこと

これが最も重要なんじゃないでしょうか。

もちろん、ブログを書いたり、SNSで発信や交流をするのも大切です。必須だと思います。

そういう、ネット上で発信をしながらも、行動する。人と会う。話す。そうすると、「あ、この人とは感覚や好みが合いそう」と感じる人と会える瞬間があります。

そして、そこから「仕事、何してるの?」となって、依頼に繋がっていく可能性がある。

ポイントは最初から仕事の話をしないことです。関係性の薄い人から、いきなり仕事の話を聞いたとしても「ふーん、そうなの」とお互い興味を持ちにくい。

まずは相手と仲良くなる。仕事をもらうために仲良くなる、とかではなく、ただただピュアに仲良くなる。

フリーランスは一旦信頼してもらえると、紹介・紹介で、どんどんオファーが増えていきます。ぼくも2月は多くの人を紹介して頂けました。売り上げもアップしました。ありがとうございます。

人と会う。ネットでも発信する。この二本柱で取り組んでいきましょー!