人柄で仕事の依頼が来る時代

2月最後の日ですね。いつもどおり、息子を保育園に預けて、部屋の掃除をして、ブログを書いています。

今日は今から少しだけ電子書籍代行製作の作業をした後、兵庫県の尼崎市役所に向かいます。

『ためしてガッテン』にも出演されたことのある、スーパー保健師 野口緑さんからお仕事のご依頼を頂きました。緑さんは行政で働きながらも、メディア出演や大学での仕事など、とても活躍されています。

しかし、その活動がインターネット上にはほとんど反映されていません。それを残念に思っている、寿司・日本料理 うを治の土井利佳さんが「だいちゃん、よろしく~」と紹介して下さいました。

先日、うを治で初めて緑さんにお会いしまして、「じゃあ、やってみましょー!」という流れで仕事が決まりました。

とりあえず、ぼくが5回、緑さんの仕事現場(それは役所かもしれないし、大学かもしれないし、セミナー会場かもしれない)に伺って、緑さんの取り組みをブログに記録していく。そんな内容です。

『発信しないと存在しない』。せっかく世の中のためになる取り組みをされているのだから、それを出来る限りインターネット上にアーカイブしていきましょう、ということです。

人柄の時代

ぼくはブログに関する仕事を元々していたわけではないです。緑さんにお会いして、話をする中で、お困りごとをお聞きして、その結果、ブログのサポートのオファーを頂きました。

起業する時に『まず商品を作って』⇒『そこからHPで宣伝して』みたいな話を聞くことがありますが、今回の件は、この形式ではありません。

「だいちゃんにやってほしい」という、いうなれば、人柄を信頼して下さり、仕事に繋がりました。

もちろん、商品をしっかり作っておくことも大切ですが、一方で、人柄を磨き、交流をする。そうする中で、思いがけない仕事の依頼も来るなあ。そんなことを感じています。

緑さんに喜んでもらえるよう、今日は尼崎市役所で張り切って仕事をしてきます。