【空き家】 コンクリート塀を解体

今日は橋爪家のリフォームでした。コンクリート塀が無くなりました。

BEFORE

dsc_0002.jpg

AFTER

dsc_0009.jpg

そもそも

橋爪家は現在、アパートに住んでいます。息子はあと数年で小学生になるだろうし、どうせ暮らすなら地域の中で育てていきたい。

ぼくもフリーランスとして、お客さんに自宅に来てもらう時、今は完全にプライベートなアパートにあがってもらっています。洗濯物も干してあるので、ちょっと微妙ですよね。

なので、住宅の一部分を個人事務所兼、住み開き(ミーティングしたり勉強会をしたりワークショップをしたり)として活用したい。

そんなことを去年の春過ぎにボンヤリと考えていました。すると、たまたま居合わせた会議の議題が生野区の空き家問題について。

「どうせなら橋爪家を実験台に使ってください」

と言って、始まったのが生野区空き家活用プロジェクトです。プロジェクトとして一歩を踏み出すことで、生野区の空き家問題も一緒に前に進めていくことが出来れば、という気持ちです。

工務店さんや大工さんにまるまる委託するのではなく(まあ、大半はお願いしているのですが)、素人でもDIY出来る所は積極的に関わって行く。

手間をかければかけるほど、住宅に愛着が湧いてきます。丁寧に暮らしていきたいな、と自然と思えます。経緯はこんな感じです。

それで

今日は長屋の東側部分。コンクリート塀の解体をしました。

16709704_1391557014208180_151574659_o.jpg

といっても、ぼくは素人。

どうしようかな、と思っていると、たまたま偶然、生野区でプロの解体屋さんと出会いました。現代の生きる戦国武将のような方です。

おかげさまで、わずか2時間ほどで綺麗にコンクリートブロックがなくなりました。ありがとうございました!ちなみに、この無くなったスペースには、庭師さんによる小さな庭園と、大工さんによる木の格子が設置される予定です。

あとは、残った株をどう取り除こうか、という宿題があります。武将が帰った後に2時間ほどスコップで掘り続けましたが、まったく取れる気配はなかったです。。

16667563_1391557027541512_258625440_o.jpg

みなさま、いつもありがとうございます。完成は少し伸びて、4月末になりそうです。

夕食作りはまだ続く

保育園に子どもを送った後、日中は自宅で仕事をしたり、四ツ橋で合唱やボイトレの仕事をしたり、区役所でまちづくりの仕事をする。

夜ご飯を作って、お風呂に入れて寝る。そんな一日を過ごせたら幸せです。

というわけで、夕食作りはまだまだ真面目に続いています。

C2heac0UUAEukES.jpg
1/19 ガーリックライスとほうれん草
C27PG0wUkAEJZzs.jpg
1/24 カレー
C3KvVBEUYAIzGb7.jpg
1/27 麻婆豆腐・豚汁
C3aNHSRVMAALoTg.jpg
1/30 大根のとろり煮
C3fStMhUMAAk_Rf.jpg
1/31 鮭と大根のスープ
C3-5kpRVMAEQm3P.jpg
2/6 煮物と春巻き
C4DXDfnVYAAKKtx.jpg
2/7 お好み焼き
C4Nu4Y1UEAA3_AS.jpg
2/9 お好み焼き

うを治でお寿司を頂く

尼崎市の武庫之荘にある【うを治】のお店カードと名刺のデザイン依頼を頂きました。ありがとうございます!

dsc_0004.jpg

土井金吾と土井利佳さんの柔らかな人柄に触れながら大好きなお寿司を頂く、至福の一時でした!お寿司を食べる時はうを治に通います。

dsc_0003.jpg

がんばって、名刺作ります!

うを治

毎日新聞にワンフェスの取り組みが掲載

カンテレ扇町スクエアで取り組んだワンフェス合唱団の活動が、2月5日の毎日新聞・朝刊に掲載されました。

Minamiこども教室との連絡調整をして下さった関西国際交流団体協議会の荒井さん、繋いで下さった木村和弘さんのおかげです。ありがとうございました!

ワンフェス合唱団として、また一緒にプロジェクトが出来れば嬉しいです。

dsc_0016

dsc_0023

世界につながる国際交流のお祭り「第24回ワン・ワールド・フェスティバル」が4日、大阪市北区のカンテレ扇町スクエアや北区民センター、扇町公園の一帯で始まった。市民団体などが出展する展示ブースや交流イベントは、大勢の人でにぎわっていた。5日まで。入場無料。【中尾卓司】

スクエア1階のステージには、「歌でつながる! ワンフェス合唱団」が登場。フィリピン、タイ、ブラジル、中国など外国にルーツを持ち「Minamiこども教室」(大阪市中央区)に通う小学生から高校生まで13人が「数え歌」を歌った。英語、ポルトガル語、フィリピン語、タイ語、中国語で「1、2、3……」と数字を数えて「世界中にある数を一緒に歌えたらいいね♪」と歌声を響かせると、大きな拍手に包まれた。Minamiこども教室では毎週1回、子どもたちがボランティアに支えられながら学習している。

記事全文はこちら

img_20170206_0001_new

お知らせ

今日はお知らせです。『SNSでの発信』について30分ぐらい話をする機会を頂きました。来週の日曜日に吹田市で開催。主催は松本 優子さんなどです。ありがとうございます。来て下さった方々のお役に立てるように、何でもさらけ出していきたいと思います。

詳細はこちら

ワンフェス合唱団

外国にルーツを持つ子ども達の居場所「Minami子ども教室」(大阪市中央区)の子どもたちと、ワン・ワールド・フェスティバルで『数え歌』を演奏しました。

来て下さった方々、繋げて下さったキムラーさん、ありがとうございました!ワンフェス合唱団として、また一緒に歌えたら嬉しいです。

DSC_0023.JPG

DSC_0003.JPG

生野はコナモンの町。ピザもコナモン。生野に根づいたピザを作っていきたい

最近、関西テレビ『よ~いドン!』の【隣の人間国宝さん】さんにも認定された、桃谷商店街のピザ屋さん・カサディエッロの店長・塚本敬次さんを紹介します!

11960161_996658810379834_530445574383174409_n

塚本敬次さん(42)
大阪の寺田町出身

dsc_0007.jpg
取材日 2017.02.03

橋爪 

Facebookを見ていて、2014年4月にパン屋さんで修行を開始されていますよね。修行する中で、ピザに興味を持たれていったのかな?という印象なのですが、、

塚本

美容室を50年以上している母親は、パンが好きなんです。知り合いに美容室でパン屋をされているところがあって、そこのパン屋さんの話を聞いて、「うちも美容室とパン屋をやりたい」となったんです。母親から「パン屋をやらんか?」と言われたのがきっかけで、学校の教員(美術)で夏休みもボーナスもあったんですけど、40歳前になって辞めます(笑)

まあ、後々良く考えれば、自分のお店でライフワークとしてアートと関われてやっていけたら良いな、ということで、店内に作品を展示したりしています。そういう場が欲しいな、とも思っていたところでもあったんです。

例えば、この商店街の奥に青木さんという方の絵画教室があるんですけど、そこの生徒さんの作品を飾ったりしています。あとは、人間国宝にも選ばれたガンチャンの紙芝居なんかも展示していけたら、と思ってます。

15078676_1813793348861805_2126275266002765630_n
2016年11月に店内で作品展を開催
16265927_1063524993774348_6748048948719048706_n.jpg
紙芝居のガンチャン (写真:金康裕)

それで、パン屋さんで勉強し始めたんですけど、パン屋さんの先生が言うには、「パン屋さんは季節ごとに、手を換え品を換え色々しないといけない」。そんな時、ピザを調べていくと、ピザの耳の部分が『額縁』(コルニチョーネ)という。つまり、ピザはアートなんですよね。それを知って面白いな、と思って。だんだんと「ピザがやりたい」という気持ちが膨らんできんです。

塚本さんは2014年9月にイタリアへ。ジュゼッペ師匠のもとで、ピザ作りの修行をします。

fb_img_1486110702753.jpg
修行中の塚本さん
fb_img_1486097485282.jpg
ジュゼッペ師匠と

日本に帰国後、2015年5月に桃谷商店街にてピザ専門店・カサディエッロをオープンしました。

dsc_0004.jpg

dsc_0005.jpg

ぼくは新婚旅行でアフリカに行ったんですけど、そこにもピザはあるんですよ。だから、「ナポリの~」「イタリアの~」っていう地方食じゃなくて、世界食やと思うんです。そして、地域ごとのピザがある。

生野ってコナモンのまちじゃないですか?生野には生野のコナモン文化がある。そこにあったピザがあるだろうな、と思ってるんです。生野の方々に合ったピザは何だろうな、と考えながら、日々、自分が美味しいと思った小麦粉をブレンドして作ってます。

橋爪

和ヌードル鈴七さんと話が合いそうなぐらい、こだわってはるんですね(笑)

塚本

生野のイカ焼きとかたこ焼きとかと一緒に、ピザを受け入れてもらえたら嬉しいな、と思うんです。ただ、正直な話、まだまだなかなか掴めてないんですよ。自分は良いと思ってやっているけれど、それを街の方々に知ってもらえたら嬉しいです。

dsc_0008.jpg

橋爪

「生野はコナモンの町。ピザもコナモン。生野に根づいたピザを作っていきたい」という言葉は、すごく響きました。その塚本さんの言葉を生野区の人に伝えたいな、と思いました。

おすすめメニュー

マルゲリータ(600円)にモッツラレラチーズ(200円)をトッピング。となりの人間国宝さんでも取り上げられた商品です!

dsc_0010.jpg

薪窯・焼き野菜ピッツァ
カサディエッロ

住所:生野区勝山北1-5-1
桃谷駅前商店街内
電話:06-6717-9999
営業時間:11:00~20:00
定休日:毎週火曜日
第二・第三水曜日

Facebookページはこちら
twitterはこちら

2017年02月02日(木)

保育園に息子を預けて、吹田市千里丘へ。

img_20170202_192433.jpg

午前中は【親子で合唱サークル】でした。

子育て中のママでも子連れで歌おう!という想いで去年から活動。月2回程のペース(木曜 11:00〜)で『アンパンマンのマーチ』や『You raise me up』を練習します。

敷地内は緑が多いので、暖かくなったらピクニックしたいです。

img_20170202_192501.jpg

13時過ぎ。

生野区・桃谷に戻り、税理士・島田明さんのプロフィール写真撮影に顔を出す。撮影は佐藤豊浩君。ぼくもエキストラとして少しだけ参加しました。島田さん、ランチとコーヒーごちそうさまです。

img_20170202_193752.jpg

15時。

生野区・田島に移動して、井上ピアノ教室のやすよさんとお会いする。音楽物語『吉四六(きっちょむ)さん』のナレーション&お侍さんのオファーを頂く。ありがとうございます!

独立するまでは、役者として舞台に立つことが多かったですが、個人事業主になってからは、『歌ってもらう側』(指揮者)、『演じてもらう側』(演出)が多かったので、一人のプレーヤーとして演じられるのは嬉しいです。とっても楽しみ。

また、詳細が決まったら告知します。

screenshot_20170202-191541.png

16時。

東住吉区でボイトレ。『天体観測』と『栄光の架け橋』を練習しました。声でるようになってきて良かったね!

img_20170202_193806.jpg

17時過ぎ。

生野区に戻り、橋爪長屋へ。玄関・階段のあたりも床が張られました!

dsc_0046.jpg

保育園に息子を迎えに行き、スーパーへ。

img_20170202_193816.jpg

夜ご飯は白菜鍋とアボカドサーモン。と言う感じで、今日は結構なハードスケジュールでした。今から息子をお風呂に入れて寝かせます。

スコップの名刺が完成

スコップこと前田智章くんの名刺が完成。

印刷通販プリントパックを初めて使いましたが、初回割引もあって、なんと印刷費は100枚で550円。衝撃のワンコインでした。デザインする時間は幸せで、1mm単位の作業を何時間でも出来ました。スコップ、楽しい時間をありがとう。

この名刺でガンガン活躍してね!

dsc_0002

そんな今夜はカレーを作りました。午前中に、区役所で生野区まちづくりセンターの仕事。昼過ぎからスコップに名刺を渡して、夕食を作り、保育園に迎えに行く。理想的な一日の過ごし方でした。

dsc_0003