所有していた90%以上の本を捨てた

あと一週間で引っ越しです。

妻はいつ荷造りを始めるか、まったくそのそぶりはありませんが、ぼくは、すでに一通りはダンボールに収まりました。

今のアパートに住んで約2年。

今は桃谷駅の近くに住んでいますが、その前は巽西のアパートにいました。そこには本棚があったので、沢山の本が並んでいました。

今のアパートには本棚が無いので、ずっとダンボールの中に閉まっていました。

引っ越しが控えているので、そのダンボールを開けると、2年ぶりぐらいに持っていた本と対面しました。

谷川俊太郎や井上ひさし。平田オリザや手塚治虫。内田樹や佐藤可士和。演劇や映画、ワークショップデザインについての本。

それらの本を見て、2年ほど忘れていた感覚を思い出しました。

「よし、次の家では本棚に並べよう」と荷造りをしていましたが、ふと、思い立ち、その殆どを古紙回収に出しました。残ったのは村上春樹ぐらいです。

100冊あったとしたら、90冊以上は断捨離しました。ちょっと迷いましたが、広辞苑やフランス語辞書も捨てました。もうネットがあるから必要ないな、と感じたからです。ぼくは、の話です。

新生活をするにあたって、出来る限り余白を持ちたい。そこに何が入ってくるのかを感じたい。そう思ったので、昔の本とはお別れました。

去年の12月から始まったリフォーム。来週の日曜日にいよいよ引っ越しです。