ぼくたちは誰もが天才性を内側に秘めている

ブログをいつもご覧になっている皆さん、お待たせしました。

先週の木曜日(9/14)にヒッチハイクで大阪から東京に向かい、

wp-image-1674520061
ヒッチハイクは改めてまとめます

金曜日(9/15)は友達のDJ東京デビューを撮影し、そのまま朝一で、大阪に戻り、土曜日(9/16)は合唱団でデイサービスに訪問演奏。翌日から二日間(9/17.18)、合唱団の合宿で滋賀県大津市の三井寺へ。

wp-image-1490757229
デイサービスで訪問演奏
21752749_725445970997702_7203104656520118041_o.jpg
大津市の三井寺で合宿

そして、火・水(9/19.20)で、撮影したDJイベントの編集をして、昨日、完成しました。公開したドキュメンタリーはこちらです。

【38歳の挑戦・DJ初心者が東京でデビュー】(【DJわいざん】DJダイノジのジャイアンナイトに出演)

DJダイノジに憧れて、DJを始めた横山文洋(38・広島)。大阪での初イベント終了後、なんと、憧れのDJダイノジからオファーが入る。緊張しながらも、東京でのステージに、わいざんは立った。

嬉しい感想も沢山頂けました。

そして、本人からも

この動画、わいざんが泣けば成功、と思って作ったので、本人に泣いてもらうことが出来でよかったです。

全ては自分の内側から

前回のみっちゃん女将(お店にお客さんが来ない!?一人店長の苦闘)の編集の時、撮影した素材をパソコンで見ながら、まず、ぼく自身が泣きました。

その後、動画をご覧になったみっちゃんも、グショグショに泣いたそうです(笑)

同じように、わいざんの素材を見ながら、まず、ぼく自身が涙を出すことが出来ました。

自分が泣きながら作ったものは、他者も泣いてくれる可能性がある。自分が笑ったものは、相手も笑ってくれる可能性がある。だから、始まりは、すべて、自分の感性。

感性に正解も不正解もないです。自分が感じたもの、心が震えたことは、自分にとって絶対的に正解。だから、そのセンスを信じる。

そんなことを、動画を作り終えて思いました。

DKKU0UFVwAAU0SX

わいざんのDJも、ぼくのドキュメンタリーも、独学です。

でも、おそらく、二人とも「こうしたら面白いんじゃないか、こうしたら驚かれるんじゃないか」と問いかけながら、パフォーマンスをしているはずです。

キャプチャキャプチャ2

スキルを高めることも重要。訓練を積み重ねることも必須。

でも、まずは、やっぱり、自分の内側から出てくる『ワクワク』を大切にすること。その、内なる声に従えば、自然と自分の中にある天才性を発揮することができるんじゃないか。

結論、みんな、天才!どんどんやりたいことやっていきましょー!応援します!・・・と、わいざんの動画を作り終えて、気分の良い、今日でした。

ご覧になった皆さん、コメントをくれた皆さん、そして、作業中、フォローしてくれた妻。ありがとうございました。