まさみんこと吉川真実さんのトークショーを撮影しました

今日は朝から神戸へ。

滋賀県草津市の主婦(という肩書が正しいのか・・・?)まさみんこと吉川真実さんから、

ドキュメンタリーを撮って欲しい』というコメントをFacebookでもらったので、元町で開催されたトークショーの撮影に行ってきました。

京都でいろは出版という会社をしている、詩人・きむさんと草津の主婦(まさみん)がコラボでトークする、という企画でした。

ぼくは三重県出身ですが、2004年に京都の佛教大学に入学して、ちょうどその頃、きむさんのポストカードは京都で有名だった思い出があります。

しかし、きむさん本人にはトークショー当日までそんなに興味はなく、むしろ同じ1985年生まれのまさみんが、天真爛漫に行動している姿を撮りたいな、と思ったので、二つ返事で撮りに行きました。

まさみんに誘ってもらって、きむさんの話というか、生き方というか、きむさん本人に触れることが出来て良かったと実感しています。

どう良かったか、は、今から家に帰って動画の編集作業をしてYouTubeに公開するので、その作品を通じてお伝えしますが、一言だけ。

きむさんは身近な友達などに向けて詩を書いて路上で販売し始めました。それが多くの人々の心を打ち、気づけば社員80人を抱える会社になったそうです。

でも、原点は個人的なきむさんというたった一人のピュアな気持ち。ワクワク。喜び。これがどんどん拡がっていき、社会的な取り組みへと進化していった。

そんな、ピュアなきむさんをこの2018年の始まりの一月に見ることが出来て、本当に良かったと思います。

ぼくも『〜〜のために〜〜する』という目的のために行動する、という二段構えを辞めて、

ワクワクすることをワクワクするからする、というピュアさで日々を過ごしたいな、と思いました。

さあ!家に帰って編集します。まさみん、誘ってくれてありがとう!とっても良い刺激になりました。