今夜、死ぬとしたらどんな1日を過ごしたいだろうか

今夜、死ぬとしたら、どんな1日を過ごしたいだろうか。

そう考えたときに『栄町かせう』で勝負の一歩に出る大将・奥谷さんの『今日』を撮影して発信したい。

そう思ったので、昨日は2回目のしなやんドキュメンタリーの撮影をしに栄に行ってきた。3日前に関係者のLINEグループに『リフォーム前の内覧会をする』というメッセージが入っていた。

当日まで行こうかどうか迷っていた。

だから、行ってきたというよりも、飛び込んだ、という感覚だ。将来のことなど考えていない。この一歩がどこに向かっているかなど、全く想像も出来ない。

リフォーム前のお店をこの目で観ておきたい。名古屋に行ったのはシンプルにその一点。

しかし、お金と時間を使って行って良かったなと思った。第二話の核になる映像を撮ることに成功したし、しなやんの共同経営者・村井さんは感謝して下さった。奥谷さんには「だいすけ〜、申し訳ない(ありがとう)」と言われた。

こんな嬉しいことはない。

そもそも、人が人生をかけてやろうとしている。ぼくはリスク無しで関わろうとするなんてダサい。

というわけで、今からしなやんドキュメンタリー・栄町かせう編・第二話の編集を始める。

編集開始1日目。

まずは動画を作るに辺り、撮影した映像を全て見返す。そして『ここだ』と思う場面を取捨選択する作業に進む。

今回の素材は合計約60分。この程度なら一息で全てを観られると思った。動画を創る基礎体力が少しずつ上昇している。

さあ、始めよう。

今夜、死ぬとしたら、どんな1日を過ごしたいだろうか。