立春・宇宙元旦の2月4日の今日、橋爪大輔という男に起きた奇跡

奇跡が起きました。

数少ない大切な友人達、そして、毎日このブログを楽しみに読みに来て下さっている読者の皆様へ。

今日、ぼくに起きた不思議な出来事を伝えたいと思い、今、文章を書いています。

長い話になると思います。

じっくりゆっくり丁寧に書きますので、どうぞ最後までお付き合いください。

まずは『どれぐらいの奇跡が起きたか』をお伝えします。これぐらいの奇跡です。

どん!

dsc_000479425110.jpg

日付が2月4日になっていますよね?

ね?

奇跡だと思いませんか(笑)

ぼく、2月3日から2月4日にかけて「就職しよう」と行動したんです。この行動がどれぐらい奇跡かを今から書いていきます。

昨日、2月3日。

現実世界のぼくのもとには、お金の催促が押し寄せました。

クレジットカードの未払い分、年金の未払い分、そして、妻からの売上金の催促(橋爪家では一ヶ月のぼくの売上はそのまま妻に渡す約束)。

あ、困ったな

とぼくは思いました。

今、こうして冷静に書いてますが、橋爪家内は妻と結構揉めました。それで、ぼくは2月3日のお昼ぐらいに決めました。

就職する。年収1,000万円を稼げるような会社に雇用されるわ

そして、業種を問わず、片っ端から求人情報に載っているメールに応募しました。早速、一件の面接が2月4日に決まりました。

2月4日の朝、妻が作ってくれたチーズトーストを食べながら、ぼくは妻にこう言いました。

いっちゃん(妻の名前)、選択肢が2つある。

一つは、ぼくは正社員になって年収1,000万円を目指す。月曜日から土曜日は全力で仕事をして、週に一回だけ、家族や合唱団を大切にしたいから、日曜日だけ休みを取る。とにかく稼ぐことを一番に考える。経済的に安定した生活を手に入れるために。

もう一つは、今の生活のような生き方。仕事だろうが遊びだろうが、お金が貰えようが貰えまいが、ワクワクしたことに自分らしく全力で取り組む。もしかしたら自分らしく豊かになる可能性もあるけど、そうでない可能性もある。

そして、ぼくは前者を選びました。数年以内に、家族に経済的な豊かさを贈りたい、と思ったからです。それは履歴書にも書きました。

dsc_0005224591240.jpg

そして、2月4日の19時に面接に行ってきました。

dsc_000479425110.jpg

本当に久しぶりにスーツを着たので、ネクタイの結び方を忘れていることに驚きました。そもそも、ぼくは未だかつて一度も綺麗にネクタイを結べたことがない。

それで、面接先の会社に行き、部長のような人から「あなたが出来る人間かどうかは研修期間を見ないことにはわからない」と言われました。

その瞬間、ぼくは「じゃあ辞めましょう」と言いました。

あまりの一瞬の切り返しに、面接官は思わず「もっと忍耐・我慢をしたほうが良い」とぼくに告げました。

面接を終えて自宅に戻りました。

ぼく「いっちゃん、やっぱり人から査定されるのは無理やったわ

妻「・・・だから最初からあんたにはその生き方は無理って言ったじゃろ!!

こんなことが2月3日から2月4日にかけて起こったのですが、話はこれで終わりません。ここからが本題です。

面接を終えて、自宅に帰る間、Facebookのタイムラインを見ていると、武庫之荘のお寿司屋さん・うを治(はる)の土井利佳さんがこんな記事をシェアしていました。

全文はこちら(ワタナベ薫さん)

今日から新しい日がはじまるんだ。

もし、昨年の負に関する何かを
未だに握りしめていて、
モヤモヤイライラして
まだそこに意識をむけてるなら、

ここから数年間は負の影響が及ぶほど
大変になってしまうんだ。
ボクにはそれがわかる。
それくらい今日は大切な日。

いらんものはもう忘れて、
新しい気持ちで今日から過ごすことを
ボクからも勧める。

今日から新しい日が始まる・・・。

負に関する何か(今回のぼくの場合、お金)に意識を向けているなら、大変になる・・・。要らないものはもう忘れる・・・。新しい気持ちで過ごすことを勧める・・・。

実は、立春の今日、2月4日はスピリチュアルの世界では宇宙元旦と呼ばれる日だったのです。

ぼくはそんなハッピーニューイヤーの日に、対極にある生き方を2つ提示して、頭の中で考えて悩んで終わる・・・だけでなく、一つの極(お金のために働く)に向かって『面接を受ける』というところまで突っ走ったのです。

わずかこの2日間で、求人応募する→履歴書書く→スーツ着る→面接する、という行動をしました。そして、行動した結果、全然自分に合っていないことが心から納得しました。

これは行動せず頭の中で考えているだけでは、到達できなかった境地です。

そして!

引き寄せの法則で有名なHappyちゃんの今日のLINEライブ配信に、スピリチュアルの世界で有名な穴口恵子さんがゲスト出演して、こんな言葉を語られたのです。

screenshot_20180204-2328301146779673.png

左が穴口さん

2018年の本格的なエネルギーが今日から始まり、本当に大転換の時代(もうとうの前から入っているのだけれど)に入ってきます。

分岐点です。

分岐点の時にどっちを選ぶか、という時に、必ず自分の喜びを選択して下さい。それは自分にとって心地良いか、ということ。

そして、あなたが選んだ道は必ず祝福されている道であることを、あなたが確信を持てるポイントに到達します。

そして同時に、未知なる世界があったとしても、あなたがそこにワクワクと少しのドキドキを感じていたら、そのワクワクのエネルギーで踏み入って下さい。

今、この2018年はあなたが見たことのない世界を体験するときがやってきているのです。そしてそれは、あなただからこそ出来る、という世界に入っていって、現実化が起こるのです。

あなたが主役の人生が今まさに起こる、ということを信頼して進んでいきましょう。

・・・

・・・

奇跡だと思いませんか?(汗)

2月4日に、ぼくは<不安定のワクワクを生きるか>と<安定のお金を稼ぐ生活を生きるか>の二つの分岐点が現れました。

そして、片方の極にとてつもないスピードで突っ込み(応募→面接)、その結果、自分から「違う」と言って、その極を辞めました。

ぼくは2月4日に自分らしくワクワクに従って生きることを選びました。そして、その2月4日は偶然にも宇宙元旦。今日が新しい日の始まりです。

・・・こんなことが人生の中で起きるのですね。

まとめます。

もう誰が何を言おうが言いまいが、現実世界からの警鐘(クレジットの支払とか)が鳴ろうが鳴らまいが、ぼくはワクワクのエネルギーで踏み入っていく道を歩みます。

そして、ぼくの数少ない友人、読者の皆様も、自分らしく豊かになることを決めてもらえたら嬉しいです。これが、今日、ぼくに起きた奇跡の1日でした。

要らないものはもう忘れて、新しい気持ちで今日から過ごそう。