多くの人は『焦点が外れている』とか『自意識過剰か』とか『ちょっと空回りしているな』などの感想を持つかもしれない

求められたら嬉しい。

遡ること、2週間前。

ふとYouTubeを見ると、知らない人からコメントが入っていていました。

登録者数100人のぼくが、登録者数50人の人にYouTubeを教える!?という、まさに五十歩百歩のような笑い話ですが、

しかし、こうやって、ストレートにメッセージをくれたこと、そしてぼくのことを『兄貴』と呼んでくれることがとっても嬉しかったので、

その後、メッセンジャーでやりとりをして、昨日、大阪駅で会いました。

彼のYouTubeチャンネルにアップされている動画を2,3見てもらうと、多くの人は『焦点が外れている』とか『自意識過剰か』とか『ちょっと空回りしているな』などの感想を持つかもしれません。

しかし、ぼくが思うに、彼・大輔君は、それを素でやっているところが良いな、と思います。社会が何を良しとしていて、何をイマイチとしているかなんて気にしない。

・・・いや、気にできないのかも(笑)

そして、素直で直接的な表現が出来るところが素敵やな、と思います。

彼に贈り物をしました。

彼は今までスマホで撮影(ノーカット)して、それをそのまま直でYouTubeにアップしています。なので、ぼくにメッセージをくれたお礼に『複数の映像のカットを繋げる』『テロップを入れる』ことをした動画を贈りました。

大輔君、頑張ってね!

ぼくも「自慢の兄貴」と言ってもらえるように、大輔君を見習ってますます羽目を外していこうと思います(笑)

撮影:スコップ
編集:橋爪大輔(スコップのiphone)
出演:愛の大輔屋