「いつかは好きなことを諦めなければいけない」という罪悪感 | ドキュメンタリー映画『リビング ザ ゲーム』(合津貴雄監督)

両親に初めて買ってもらったゲーム機はスーパーファミコンだった。

小学生の時は『クロノ・トリガー』に熱中して、中学生の時はプレイステーションの『Final FantasyⅧ』(FF8)にハマり、高校生の時はWindowsで『オンラインボンバーマン』を毎晩のようにしていた。

しかし、ファミリーコンピューターのゲームは『親から怒られるもの』『いつかは中断しなければいけないもの』の代表であり、一方で『夢中になっていつまでもやり続けるもの』の象徴だったのではないか。

実際、ぼくもゲームをし過ぎてお父さんに何度も機械を隠された。でも、だいたい隠している場所は知っていたので、また取り出して夜な夜な遅くまで遊んでいた。

FF8の壮大なドラマに感動して、フェイ・オンの歌う『Eyes on me』に涙を流した。そういえば、妻も『Eyes on me』が好きで、その共通の嗜好も手伝って大学生の時に仲良くなった・・・はずだ。

それぐらい、ぼくたちの世代にとってゲームは熱中の対象であり、ある種の背徳感を伴う行為だったのだろう。

しかし、今の子ども達はどうだろうか。

『好きなことで生きていく』と謳いながら、ゲームの実況中継をしているYouTuberの姿を、手元のスマートフォンで簡単に視聴することが出来る。

今、子ども達は好きなことを熱中してやり続けた先には、精神的にも経済的にも豊かになれるチャンスがあることを、ぼくたちの世代よりは感じ取っているのではないだろうか。

時代の変化。

そんな価値観の変わり目である、2012〜2014年頃の『プロ・ゲーマー』に密着したドキュメンタリー映画『リビング ザ ゲーム』を、昨夜、渋谷のシアター・イメージフォーラムで鑑賞した。

img_wpwzjp1007202160.jpg
ドキュメンタリー映画を上映する劇場・イメージフォーラムにて

6人ほどの登場人物に焦点が当てられていたが、ノンフィクションとは思えないほど、それぞれの人物の『物語』が描かれていた。

たとえゲームに興味がなかったとしても、この人物の誰かには感情移入するのではないだろうか。それぐらい普遍的なテーマが表現されている。

YouTuberのなかったこの時代でしか生まれることがないだろう『感情』を記録した映像としても貴重だ。

Screenshot 2018-03-09 at 09.33.44
ドキュメンタリー映画『リビング ザ ゲーム』(合津貴雄監督 / 2016 / 日本・台湾合作 / 88分)

ぼくは半年前から見よう見まねでドキュメンタリー映像を作り始めた。

最初はスマホ一台で撮影と編集をした。今はsonyのハンディカムで撮影をして、adobeのpremire elementsで編集をしている。

その自分からすると、撮影に1年以上もかけて、しかも、ここまで骨太なドラマを生み出す合津貴雄監督(34歳)の創造する体力に、尊敬の念を抱きます。

ぼくなんかはたった5時間の映像素材を見直すだけでもヒーヒー言っているのに。

しかも、監督は立命館大学卒業の34歳。佛教大学卒業の32歳のぼくと過ごされただろう環境的には、ほぼほぼ同じです(笑)

自分もドキュメンタリーを作り続けた先に、監督ぐらいの気骨な物語を編み出したい。そんな気持ちにさせてくれた作品でした。

ありがとうございました。

15205616687941154780466.jpg
合津貴雄さん(右)

リビング・ザ・ゲーム 公式HP

p.s.

東京最終日の今日は、今回の旅の目的であるダンサー・さんぽこさんのドキュメンタリーを撮ります。