歌をもっと歌いたい

今日は合唱団の練習で京都・五条に行きました。

歌うことが、改めて楽しい、とつくづく感じました。

うわー、楽しいねー、わーい!みたいな軽い『楽しさ』ではなく。

心震えるような、ふつふつと奥底から湧き出てくるような、マグマのような『楽しさ』です。

『楽しい』を実感できたことが嬉しい。動画を編集する楽しさとは、また違う、別の種類の楽しさです。

今回はアカペラでバリトン(テナーとベースの間)を独りで歌いました。

大合唱のように、一つの声部(パート)を複数人数で歌うのではなくて、一人で一つのパートを歌う。

大合唱は歌い入るのを忘れていても、同じパートの誰かがそれをカバーしてくれることが多い。だから、安心感がある一方で、緩みに繋がりやすい。

一方で、少人数のアンサンブルは、ミスした瞬間に、それが全体へ影響するという緊張感がありますが、同時に自分の歌が全体に伝わりやすい。

その気持ち良さを、今日、感じました。

歌をもっと歌いたい、と思いました。龍神さんのお告げでしょうか。