いざ!三回目の龍穴神社参拝へ

おはようございます。今日は5:30に目が覚めました。

本日、三回目の室生 龍穴神社(奈良県宇陀市)へ向かいます。

一回目は4月4日(水)

screenshot_20180405-062938896935383.pngscreenshot_20180405-0630121709766655.png

平日でも自由に動けて(=暇をしている)、仲の良い二人に声をかけたところ、ウェブデザイナーのよしくんこと水野嘉彦さんが参加表明。

二人で初めて龍穴神社へ向かいました。

IMG_20180406_172515.jpg

思えば、もし一回目にスコップも一緒に来ていたら、YouTubeに公開した第一話理系人間を連れて龍神に会い行ってみた結果…』は生まれなかったと感じます。

動画を撮る際、ぼくもよしくんも「こんな風に喋ろう」という打ち合わせは一切していません。

でも、撮り終えた動画を次の日に見返したところ、<理系><科学的根拠>みたいのが、自然と浮かびあげって見えました。

それを軸にして編集をして、タイトルにも<理系人間>を書いて発信したところ、

『妻に龍が付きまして』『日本一役に立つ!龍の授業』のベストセラー作家・小野寺S一貴さんが『実にウィットに富んだ、秀逸な作品』とブログで紹介してくれました。

.JPG

これは嬉しい!ありがたい!

ということで、急遽、一週間後の4月11日(水)に再び、龍穴神社にお礼参り。

これも不思議で、最初はよしくんに「奇跡起きたんで、鶴橋ぐらいでお昼を奢ってくださいよ。4/11でお願いしますね!」みたいなノリだったと思います。

でも、それが「どうせなら龍穴に行こう・・・」みたいに膨らんで行って、結果、二回目の参拝決行になりました。

そして、そのタイミングでパーソナルスタイリストの前田スコップ智章くんが合流。

30739556_825290654346566_7069445370975092736_n

さらには、この日、龍遣いのえしまなおこさんと繋がったのでした。

(サッキー、重ね重ね感謝)

第二話ありえる!?龍神からメッセージがきた』を編集して、公開前に秋田へ行き、その日、秋田キャッスルホテルでお話会を開催していた、えしまなおこさんに初めてご対面。

スコップには「なおこさんは奈良県の生駒に住んでいるんだから、別に秋田に行かなくても・・・」と言われました。

しかし、複数のサインがぼくのところにやってきていて、それらのサインが「行け!行け!」と言っているような気がして・・・・そのサインに従いました。

そのサインは、まだブログに書くのは辞めておきます。トークショーとかする日が来たら、そこで喋りますね!

Daz8PkpVQAA78qy
秋田へ
o1080079514155614343
龍遣い・えしまなおこさん

4/16(月)に動画を公開。

そこから先は、小さな幸運から信じられない強烈な出来事(まだ公表していません)まで、大小様々な奇跡が起こっています。

謎の頭痛・腰痛・関節痛で二日ほど動けず寝込んだり、

dsc_0011103189351.jpg
えしまなおこさんに「青龍」と言われたり、
DSC_0006
息子に「ミニ龍がついてる」と言われたり、
received_7716672963657021328478650.jpeg
スピリチュアルカウンセラーしおりさんと出会ったり、
dsc_00051868557737.jpg
スコップにスピの兆しが出始めたり

そんなこんなで、ついに本日、三回目の龍穴神社参拝日がやってきました。

メンバーは、暇人三人組のぼく、スコップ、よしくん。

ここに、龍遣いのえしまなおこさん、

1006_main_pc

神様写真家のみやけみきさん

28575896_1714796048599655_8276223157913702839_n.jpg

龍の見えない龍遣いChieさん

20604320_872769032872616_2188101089841237783_n

この合計6人で参拝します。最初は二人だったのに!いやはや。

龍神さんが好きというお酒も用意しました。

何かが起きるのでしょうか。あるいは、普通の参拝に終わるのでしょうか。

全く予想出来ません。

これ以降のシナリオもありません。というか元々、シナリオなんてありません。

ただただ、「面白そう」「(ふと)行きたい」「やりたい」に従った結果、ここまでやってきました。

今回ももちろん撮影します。

龍神三部作第一章・最終話。

ぼく自身が一番、楽しみです!

では、行ってきます。

p.s.

dsc_0001920753651.jpg

今朝、引いた龍神カードは無限大の形を持つ『源龍』。

歴史に名が残るような大きな冒険の始まり。大役ではありますが、怖気づかず今スタートしよう!

というカードだそうです。

・・・

・・・怖気づいています(笑)