歌が好き

おはようございます。今朝は4時40分に起きました。

2015年の11月から、このブログで記事を書き始めて、今回で記念すべき888本目になりました。

昨日は合唱団の練習もあったので、音楽について書きたいと思います。

小学校の卒業式に歌った唄は『マイバラード』でした。歌っていて涙が出ました。

中学校の入学式の時、赤い色の譜面隠しでビシッと揃えた吹奏楽部が演奏していて「かっこいいなあ」と思いました。

運動することも好きだったので、部活はバレーボール部に入りました。

一方で、19(ジューク)が好きになり、中学2年生頃からアコースティックギターを弾き始めました。

その後、ゆずも好きになり、そのまま、高校3年生までアコギを弾いていました。

何のために弾いていたか、と思い返すと、ただただシンプルに歌うことやギターを弾くことが好きだったんだと思います。

大学は京都の佛教大学に入学しました。

部活動の一覧を見ると、フォークソング部という文字があったので、迷わずここに入部しようと思っていました。

しかし、新歓活動の時期にフォークソング部のブースに行くと、なんか、上回生の人達はチャラそうで、しかも、皆、ほとんどエレキギターを弾いていました。

その光景を見たときに「あ、これは違う」と直感的に思ったのだと思います。

アコースティック。

デジタルではなく、楽器本来の響きを生かした生の音が好きだったのだと思います。

それで、あてもなくキャンパスを歩いていると、声をかけられたのが、佛教大学混声合唱団。

これも今考えると、偶然のようで必然の出会いだったのかもしれません。

大学合唱団で妻と出会い、合唱と出会い、卒団した今でも、京都で合唱団を立ち上げて、今年で活動は9年目になります。

dsc_00021824251952.jpg
昨日の練習の様子

9年も活動をしていると、その年数とともに『(が)』のようなものはだいぶアク抜きされていったように感じます。

動画編集のように、最初から最後まで【独り】で完結する作業は、自分のタイミングで自由に制作することが出来ます。

一方で、合唱団は集団なので、活動するには、

  • どの場所でするか?
  • いつ練習するか?
  • どのぐらいの頻度で練習するか?
  • どこを目指して練習するのか?
  • 何を大切にして活動をするのか?
  • 人数は揃うのか?

などなど、活動するにあたっての、その前段階で調整するべき項目が多くあります。それは合唱に限らず、すべての集団行動で同じですよね。

創設当初は、自分が望んでいない現象が合唱団に起こると、その出来事に一喜一憂していました。

それが、9年目を迎えた今は、「まあ、いっか」「しゃあない」「それもタイミング」というように思えるようになりました。

パートが揃わない!?

まあ、いっか。

企画したイベントが出来ない!?

しゃあない

メンバーが辞める!?

それもタイミング

一見すると諦めているようにもとれますが、諦めるとは明らめる。

自分にとって何が些細なことなのか。何を大切にしているのかを明らかにする。

その団体が9年目だろうが1年目だろうが、その団体の「今」にとって「過去」は関係ない、という気もします。

常に「今」。

今、集まっているメンバーで、今、出来ることをする。今を楽しむ。

自力でコントロールできることなんて、たかが知れている。

自分でどうこうするのではなくて、大きな他力という流れに身を任せる。そして、人が集まって練習が出来ること。それでもう充分ありがたい。

そんなことを感じ始めるようになってきました。

すると、不思議なもので、メンバー一人一人の才能や向上心に気付き始めました。

ナイスなタイミングで新しいメンバーがやってきたり、休団していたメンバーが復帰してくれるようになりました。

ぼくより圧倒的に耳が良くて、団の技術をブラッシュアップしてくれる有能な人間も現れた(笑)

今後、どうなっていくかはわからないですけど、どうなっていっても「まあ、いっか」です。

立ち行かなくなって、解散しても「まあ、いっか」。

急に人数が増えて30人を超える団体になっても「まあ、いっか」。

歌が好き。

そして、合唱の指揮が出来る喜び。

こんな幸せなことはない!

ただ、それだけです(^^)

p.s.

来週が京都合唱祭です。

ぼくはワークショップを一つ担当させてもらうことになりました!

押しコン(連盟一押し指揮者)による)ワークショップ 5月27日11:00~ 2階プロムナード

橋爪大輔(混声)ブラジル民謡「Sambalele」(編曲 Will Lopes)

指揮者からのメッセージ:

楽しくないわけがない!

こんにちは!アンサンブルエバンという若い世代の混声合唱団で指揮をしている橋爪大輔です。今回、Sambaleleというブラジル民謡で皆さんと楽しみたいと思っています。練習する、というよりは一緒に楽しみましょう!ぜひご参加下さい(^o^)

ほんまそうやね!人生何が起こるかわからん(笑)