兆しをキャッチする。毎日を楽しむ。

おはようございます。今朝は7時に起きました。

昨日は二人の人から「何してるの?」という質問を受けました。

一日に複数の方から同じ質問をされると、「お、シンクロニシティ。何か意味があるのかな?」と深読みします。

自分は一体、何をしている人なのだろうか。

「いや、見た通りこのままなんですけどね」というのが正直な感想なのですが。

例えば昨日は、息子を保育園に送り、イラストレーター華鼓さんのドキュメンタリーを作り、作曲家の田中裕子さんと打ち合わせをして、

夕方になったら息子を迎えに行き、夜ご飯を作り、地域の一斉防犯パトロールに参加し、ウォーキングをして、息子を寝かせる。

それ以上でもそれ以下でもない一日を過ごしました。

DSC_0001
昨日は大学の後輩が送ってくれた丹波の黒豆ご飯と、息子が保育園の遠足で掘ってきた薩摩芋入りの鍋

じゃあ、動画を作っている人?と聞かれても、その言葉で自分を網羅出来るとは思えない。

主夫と言うにも何だか違う。

そんな内容をツイッターに発信したら、前田スコップ智章くんから

「職業=橋爪大輔」という返信が返ってきて「そうそう、それそれ」と思ったんですけど。

「こんにちは!橋爪大輔です!ぼくは橋爪大輔という仕事をしています!」

なんて言っても伝わるわけもなく。

ただ流れに乗っているだけなんですけどね。

「面白そうだな」と思ったら、行動に移す。行動すると、何らかの結果が生まれる。

時には次の予定がスケジュールに入ることもある。じゃあ、その入ったスケジュールを、当日、全力で楽しむ。

すると、また新たな流れがやってくる。

その日の予定を毎日楽しみ、新たな兆しをキャッチする。キャッチした兆しを次の予定に入れて、その日の予定を楽しむ。

これだけなんですけどね。

この感じを相手に説明するのは、実は難しいなあ、と思った昨日でした。

流れに乗っていたら、来週は仙台出張!

これは確実に今までにない新しい流れで、これから何が起こるのか?自分は更にどこに流れて行くのか?今からドキドキワクワクしています。

どうなっていくのか予測不可能!

開拓者として、こういう生き方を、これからも発信して行きます。