すべてはタイミングなのだなあ

おはようございます。今朝は5:30に起きました。

次男・豊君の誕生で沢山の方々からお祝いのコメントを頂きました。

とても嬉しかったです!ありがとうございました。

そんな今日は今から仙台へ。伊丹空港へ向かう電車内でこの文章を書いています。

昨日、『妻に龍が付きまして』などの著者・小野寺S一貴さんが、アメブロで、

すべてはタイミングなのだよ

という記事を書かれていました。

その通りで、今回の仙台行きも完璧としか言いようがないベストタイミングでした。

ホロスコープで「ぼくの誕生日の9月22日から一ヶ月間の10月21日までは制限の月」と言われていたとおり、

昨日までの1ヶ月間は基本的には自宅に居ながら、妻の陣痛を待つ、という生活が続きました。

それまでの数カ月に比べると、動きの少ない期間でした。

そしてホロスコープで「10月22日からの1ヶ月間は行動の月」と言われたとおり、10月21日に豊君が誕生。

翌日の10月22日に仙台へ出発、という完璧な流れです。

もしも、妻の陣痛があと少しでも遅れて発生していたら、もしかすると仙台行きは厳しかったかもしれません。

神の采配。龍神さんのお計らい。

ということで、妻の出産を見届け、無事に今から飛行機に乗ります。

どんな仙台の旅になるでしょうか。

きっと、ぼくの人生にとって、大きな『きっかけ』になることは間違いないと思います。

その様子は動画にも撮って、近日中にYouTubeでも発信します。

では、行ってきます!