「なんとなく」を発信しよう

徳島県三好市からおはようございます。今朝は6:30に起きました。

DSC_0001.JPG
ゲストハウスから見える風景

ぼくは神様からのメッセージが聞こえることもなければ、龍神さんのエネルギーが見ることもありません。

ただの一般人です。

しかし、小野寺S一貴さんは「訓練すれば誰でも感じる力は身につけることが出来る」と言います。

その力は共感覚と言います。

  • 共感覚とは表情や声の感覚、仕草などから本能的に感じ取れる感覚のこと
  • 共感覚は、相手の感覚を自分の感覚としてとらえるという感覚
  • 人間がみんな持っているもので後天的にも鍛えられる
  • 五感が鍛えられているほど共感覚に優れている
  • 龍神や神様との対話は「共感覚」で可能になる
  • 「虫の知らせ」は明確に言葉として聞こえなくても、神様からのメッセージを薄っすらと感じている

小野寺S一貴さんのアメブロ
それ、霊感ではないそうです…
芸術と共感覚』より引用

_20181022_232749~2.JPG
小野寺S一貴さん(右)

他人と話していると「この人、鋭いなあ」と感じる瞬間があります。

上手く言葉に出来ないのだけれど、なんとなく「こうじゃないか」と思う。

確かな理由はないのだけれど、少し「違和感」を感じる。

こういう瞬間は共感覚が働いていて、本能的に今後の兆しや、あるいは不自然さを受け取っているのかもしれません。

DSC_0005.JPG
そういう意味では人狼ゲームも感覚を鍛える良いトレーニングですね

この、なんとなく、を信頼しませんか。

なんとなく辛い。なんとなく違う。なんとなく惹かれる。なんとなくやりたい。

感覚的に行動してしまうと、予定も計画もないので、確かに行く先は不安かもしれません。

でも、当初に立てた計画を変えまい!として、心の中にある『しっくりこない感じ』を無視し続ける。

すると、後々、しんどさが根深くなる可能性は大きいです。

そしてさらに、その、なんとなく、を発信してほしい。

友達と一緒に過ごしていて、ふとなんとなく思った「それ」を、周囲に伝えてほしいです。

あるいは、自分のブログやSNSで、そのなんとなくを表現してほしい。

なぜなら、そのなんとなくを見るのが、聞くのが、ぼくは好きだからです(笑)

「全然、理由はないんだけど、なんとなく〜〜という感じがする!」という話って、語り始めるとむっちゃ面白いですよ。

自分の五感を信じよう!そして、なんとなく感じたことを発信しよう。

すると、神様や龍神さんとも、どんどん繋がっていきますね!

今日は以上です。

それでは、橋爪大輔によるランチ会&お話会 in 徳島を全力で開催してきます!