錆びついた心に火を灯そう!

おはようございます。今朝は7:30に起きました。

昨日はボイトレの仕事でした。

女性の方で、お申込時のメールには「自分本来の声を出したい」と書かれていました。

ぼくのボイトレに決まったメニューはありません。

橋爪事務所でお会いして、最初に数分間、ヒアリングをします。

そこで語られる内容や、その御方の雰囲気を汲み取って、その場でトレーニングのメニューを構築していきます。

昨日の方の場合は「楽しいこと・好きなこと」に意識が向いている、というよりも「不安なこと・嫌なこと」のほうに気持ちが傾いているように感じました。

人間生きていれば、良いことも嫌なことも目の前にやってきます。

しかし、人生を豊かに過ごしていきたいと思うのであれば、自分が見たい世界を意識的にコントロールする必要もあります。

心配事の9割は起こらない、と言います。

今の環境が嫌なのであれば「そこから離れる」という選択肢もあります。

自分で自分の世界を決める。

ということで、

「10代の頃、20代の頃、好きだった歌はなんですか?」と問いかけました。

そこで、中森明菜や松田聖子、松任谷由実などの曲を4曲程度歌ってもらいました。

歌い終わったあと、生徒さんは「来る前より落ち着いた」とおっしゃっていました。

自分の意識が「好きなこと」の回路に繋がった瞬間です。

実は、この4曲を歌ってもらうまでに、結構な時間がかかりました。

自分が何の曲を好きだったか、思い出すのに時間がかかったわけです。

「好きなこと」に繋がる回路が錆びついていまし

昨日のトレーニングの中で「腹から声を出す」ワークなど、身体的なメニューにも取り組みました。

しかし、今回の生徒さんの場合の核心は、「自分本来の声を出したい」=「自分本来の生き方をしたい」とも言えます。

好きだった歌を歌ってもらうことで「楽しい」「ワクワク」を思い出してもらう。そういうトレーニングになりました。

もちろん、単発のトレーニングでは、すぐに日常の感覚に戻ってしまうこともあります。

そのために、ボイトレを受けられた生徒さんのアフターフォローの場として【自己表現ワークショップ】の開催もしています(笑)

よかったら、月に一回、自分の心と体を調律しにやって来てくださいね!

錆びついた「好き」に、もう一度、「楽しい」「ワクワク」のエネルギーを注入しよう!

そして、錆びついた心に火を灯して行きましょう。

今日は以上です。